米酢とはどんな物?こんなに効果があるなんて!?

家事

米酢は体にいい!
というイメージをもっている人は多いと思います。

そんな米酢の詳しい栄養素を紹介します。
栄養素を知ることで体にどんないい効果があるかもわかっています。

効果を知る事で、米酢の大切さが分かり続けることが出来るでしょう。

米酢の力をかりて健康な体つくりを行っていきましょう。

米酢と穀物酢でもこんなに違う?その栄養の違いを検証してみた

米酢とはその名の通り米を原料につくられた酢になります。

火を使わない料理に使われることが多いのが特徴です。
例えばお寿司、酢の物、ドレッシング、マリネなどになります。

味はまろやかでこくのある味です。

穀物酢は米、小麦、酒粕、コーンから作られているのでそもそも原料が大きく違います。

さっぱりとした酸味でさわやかな味が特徴なので
クセが少なく様々な料理に幅広く使われています。

よく家庭でも使われる酢はこの穀物酢になります。
なのでスーパーでも必ず売られているでしょう。

値段も安いので料理はもちろん掃除などにも手軽に使うことができます。

米酢と穀物酢にはこのような違いがありますが、次は栄養の違いを検証してみます。

まずは米酢の栄養についてです。
たくさんの種類のアミノ酸や有機酸が含まれています。またクエン酸も多く含まれています。

クエン酸には抗酸化作用があり、細胞の酸化を防いでくれます。
他にも血流を促進してくれます。

次は穀物酢の栄養についてです。
米酢に比べてアミノ酸の量は少ないですが、そのかわりカリウムが豊富です。

カリウムは血圧を抑制します。
他にもむくみを解消するという働きをしてくれるでしょう。

同じ酢でもこのように栄養やその効果も違うことが分かります。

自分が期待したい効果が出る方を選択し、意識して使ってみるといいでしょう。
米酢と穀物酢は味に違いもあるので2つを上手く使うことで飽きることなく
続けていくことが可能になります。

体にどんな効果が?米酢と穀物酢だとどっちが良い?

先ほど説明したように米酢と穀物酢には味の違いもあります。
なので食べ比べてみることで、自分の好みが分かるでしょう。

米酢によって体にどんな効果があるか詳しく説明します。

①ダイエット効果
米酢に含まれるアミノ酸とクエン酸が脂肪を燃焼する効果があります。
この効果は米酢だけではなく酢であれば期待出来る効果になります。

②疲労回復効果
体に乳酸が蓄積されることで疲労を感じます。
クエン酸が乳酸を分解してくれるので疲労回復に繋がります。

③血流が良くなる
血液がきれいになり血流がよくなります。
血流が良くなることで、肩こりが良くなるのはもちろん血流が原因の病気の予防も可能です。

④血圧を下げる効果
酢を摂取し続けることで高血圧の体質を改善してくれるでしょう。

次は穀物酢によって体にどんな効果があるか詳しく説明します。

①美容効果
ビタミンCの破壊を防ぐ効果があるので、ビタミンCを効率的に摂取することが出来ます。
ビタミンCを破壊してしまう野菜は想像以上に多いです。
例えばにんじん、きゅうり、かぼちゃなどです。

②便秘改善
殺菌作用があるので腸内の悪玉菌を少なくし腸内環境を整えてくれます。
また胃液や唾液の分泌も増えるので、腸の動きが活発になります。

③免疫力アップ
アミノ酸は免疫力アップに繋がります。
適切な量を摂取することで強い体を作る事が出来ます。
花粉症で苦しんでいる人はこの免疫力アップにより対策することが可能です。

このように米酢や穀物酢にはそれぞれ効果があります。
しかしどの効果も即効性というよりは長く続けることで効果が期待できます。

米酢と穀物酢はいろいろな食べ物に使うことができるので
飽きることなく食べ続けることが出来るでしょう。

効果を理解することで、自分にはどっちがいいかが分かります。

さいごに

米酢とはその名の通り米を原料につくられた酢です。
穀物酢は米、小麦、酒粕、コーンから作られているのでそもそも原料が大きく違います。

なので値段も違い米酢は高いですが穀物酢はお手頃価格で手に入ります。
味も違い、栄養素にも違いがあります。

米酢はアミノ酸や有機酸、クエン酸が多く含まれています。
穀物酢はカリウムが豊富に含まれています。

このように栄養素に違いがあるので体に及ぼす効果にも違いが出てきます。

米酢に期待できる効果は以下の通りです。

①ダイエット効果
②疲労回復効果
③血流が良くなる
④血圧を下げる効果

穀物酢に期待できる効果は以下の通りです。

①美容効果
②便秘改善
③免疫力アップ

このような効果の違いを理解しておくことでどちらが必要なのか判断することが出来ます。
今自分にどの効果が必要なのかをまず考えましょう。

米酢と穀物酢は味も違います。
またいろいろな食べ物に混ぜで使うことが出来るので
飽きることなく続けることが出来るでしょう。

続けていることで効果が期待できるので是非続けてみて下さい。