子供が入る自転車保険ってどれがいい?おすすめは?

マナー

子供が自転車通学をするなら自転車保険に入ることをおすすめします!
自転車保険はたくさんあるので、安いが安心したプランがあるので紹介していきたいと思います。

自転車保険ならコレがおすすめ!子供対象


子供に自転車保険は必要なのか?
最近は、自転車が歩いている人にぶつかって、相手にケガを負わせる自転車事故のニュースをよくニュースでみるようになりました。
運転者が子供であっても、事故をおこせば損害賠償責任に問われます。その賠償額は、事故の大きさによっては、数千万円に上ることもあり、一瞬の事故が家族の人生を大きく狂わせることになりかねません。

事故をおこせば、子供自身が大きなケガを負う可能性もあります。また、相手のある事故だけでなく、ひとりで自転車に乗っているときに溝に落ちてケガをすることもあるかもしれませんよ。

どんな保険を選べばいいの?

・相手への補償内容が金額、補償の範囲がある。
・運転者本人の治療費用やどこまで保障があるか死亡、入院、通院など、それぞれの補償の有無、保障額がある。
・補償の対象は本人だけ、家族もなのか。
・示談交渉サービスがついている。
・その他、独自の特約や付帯サービスがある。

① コンビニで入れる「自転車向け保険」

三井住友海上の自転車向け保険は、セブンイレブンの店頭コピー機で24時間365日手軽に加入できる保険です。

相手への補償は、自転車事故やその他日常生活でおこした事故など、相手への補償として最大3億円が支払われる。

本人の補償は、入院1日につき4000円、手術1回4万円(入院以外の手術は2万円)、本人が亡くなり後遺障害があるときは290万円。

補償には家族まで含まれるか、本人のみの1人様プランや家族が入る家族プランがあります。

示談交渉サービスはある。示談交渉サービスは、事故をおこした時に、事故をおこした本人の代わりに相手や相手の保険会社等と交渉を行うサービス。

その他は生活サポートサービスがあり、健康や介護、暮らしにまつわる電話相談が無料でできる。

② セブンイレブンで入る三井住友海上「自転車向け保険」

東京海上日動の自転車利用者向け保険「eサイクル保険」は、インターネットで加入できる。補償の手厚さはA、B、Cの3種類がある。

Bプラン
相手方への補償は自転車事故やその他日常生活でおこした事故等の相手方への補償として最大1億円が支払われる。

本人の補償は入院1日につき3000円、手術1回につき3万円(入院以外の手術は1.5万円)。本人死亡時に300万円、後遺障害では12万円~300万円が補償される。

補償には家族まで含まれるか、運転者本人のケガの補償について、本人型、夫婦型、家族型に分かれています。
相手への補償である個人賠償責任保険付きのプランは、家族の誰か一人が加入していれば、家族の誰が事故をおこしたときも相手へ補償ができる。

示談交渉サービスはある。

その他は24時間電話無料相談ができる「メディカルアシストサービス」や介護や日常生活にまつわる相談も無料で受けられる。

③ スマホで入れる「自転車向け保険 Bycle」

ロードサービスが好評のau損保の自転車保険で、auの携帯を使っている人なら申込や決済が簡単にできます。
ドコモやソフトバンクなど他の携帯を使っている人も申し込むことができるのはいいですね!
補償の手厚さは3タイプがありますが、ブロンズコースの説明をします。

相手方への補償は自転車事故だけではなく、その他日常生活でおこした事故等の相手方への補償として最大2億円が支払われます。

本人の補償は入院1日につき4000円、手術1回につき4万円(入院以外の手術は2万円)、本人が亡くなる、後遺障害があるときは250万円になります、
※本人の補償額は、自転車事故の場合、それぞれ倍額になります。

補償には家族まで含まれるか本人のみのプラン、家族が含まれる家族プラン、配偶者を含まない本人、親族プランがあります。

示談交渉サービスはあります。

その他はタイヤがパンクした、チェーンが切れたなどのトラブルに自転車を無料で運んでくれる「自転車ロードサービス」がついている。

自転車保険に少しでも安い掛け金で入りたいならこちら

1位交通安全協会(年1,000円)

交通安全協会が窓口になっている格安の自転車保険です。

住んでいる場所によって違いがありますが、滋賀のけんみん自転車保険では一番安いプランだと年間1,000円は本人だけでした。

安いが賠償責任補償は1億円までなので安心して加入ができます。

一人だけで加入するときは安いが、家族全員の補償するときは、年間3,000円になります。

2位イオンバイク(年2,000円)

自転車整備を行うときに加入できるのがTSマーク付帯保険です。

賠償責任補償は1億円で、TSマークは自転車ごとの保険です。
レンタサイクルや友だちから借りた自転車など、自分のものではない自転車を使うときは保険対象外になります。

TSマーク付帯保険の加入するときは、自転車専門店などでもできるができれば自転車整備料がお店によって違うため料金が違うので、費用が安いのはイオンバイクのTSマーク付帯保険でしたよ。
税込みで2,000円でした。

3位全労済(月1,200円の掛金に付帯)

自転車保険に加入するのではなく、既存の保険に「個人賠償責任保障」をつける方法もあります。

全労済のこくみん共済、傷害安心タイプ(けがと賠償の保障)は、月々の掛金1,200円の中にすでに損害賠償責任保障(最高1億円)が入っています。
※特約などを付加する必要がなくシンプルで分かりやすい。

4位コープ共済(年1,680円)

掛け金を安くしたい人はコープ共済を利用しましょう。

掛け金は月あたり1,000円でも医療保障をつけて、月140円プラスすれば、被保険者だけではなく家族全員をカバーできる個人賠償責任保険をつけれます。
個人賠償責任保険の年間保険料だけで考えると年間保険料は2,040円となります。
補償額は3億円までです。

5位都道府県民共済(年1,680円)

都道府県民共済にプラスして、年間1,680円で加入できる個人賠償責任保険です。
同居家族の他、別居している未婚の子どもも補償を受けられて補償金額も3億円まで。
一度加入すると翌年からは自動継続となるので、更新連絡ハガキが届きますよ。