突然の子供の嘔吐~熱なしなのに頻繁に吐き気?チェック項目と注意点

人間関係

子どもの突然の嘔吐…他に熱や下痢などの症状はないのになぜ吐いたの!?

幼稚園に通って集団生活をしている子どもが、そのような症状すごく心配ですよね。
嘔吐にも原因があるはずなのに、それがわからないとなおさら心配。
頻繁に吐いている子どももすごく辛そう…
風邪?胃腸炎?他の病気?ママの落ち着かない気持ちを少しでも解消できるように、嘔吐だけの症状をしっかり探っていきましょう。

嘔吐とはどんな状態でしょうか?

嘔吐の状況は、胃の内容物が逆流している状態です。
胃になにか刺激が加わった際に嘔吐します。
また、胃よりも下の腸などに刺激が加わった場合も同じです。
他には脳からの指令で嘔吐することもあるのです。
では子どもの嘔吐を詳しく見ていきましょう。
子どもの嘔吐は、感染症が原因であることがほとんどです。
感染性の胃腸炎は嘔吐の他に下痢や発熱を伴う場合があります。
ロタウイルス、ノロウイルスは冬場によく聞く感染症ですね。
これらも下痢や嘔吐を伴う物です。
嘔吐の他に、症状はないですか?よく観察してみましょう。

熱を伴わない嘔吐

一つ目の原因として、咳が止まらずに、その反射で嘔吐することがあります。
二つ目に、頭を強く何かにぶつけてしまった場合です。
三つ目に、嘔吐中枢を刺激する原因として脳腫瘍の可能性があります。これは本当に稀ですが、頭痛を伴う場合には疑います。
このように頭をぶつけてしまったり頭痛を伴う場合は、すぐに受診しましょう。
嘔吐だけの症状の場合、時に緊急性の高い状態である事があります。
このような状態を、大人が冷静になって判断し受診するべきか様子をみて良いのかを判断できるようになるといいですね。

子供が吐き気ひどく嘔吐が続いてるが熱がなくぐったりしている状態。なぜ?チェックすべき項目をひとつずつ確認し原因を追求

ではここで、緊急性のある嘔吐なのかその状態や他の症状の有無を確認しながらチェックしていきましょう。

熱はありますか?

熱がある場合、胃腸炎や風邪が原因である場合があります。
緊急性は低いですが、受診して適切なお薬などを飲めば治癒します。

便の状態はどうですか?

下痢をしている場合は胃腸炎の可能性があります。整腸剤を内服し経過を追いますが、下痢が治まれば治癒傾向です。
白色の下痢状の便であればロタウイルスに感染している可能性があります。
受診する前にもし、白色の下痢状の便が確認したら受診する医療機関へ一報してから受診しましょう。

お腹が痛くありませんか?

お腹が痛い原因には様々あります。胃腸炎でも痛くなりますが、腸重積や腸閉塞などの治療を必要とする病気が潜んでいる場合があります。

お腹が大きく膨れていませんか?

このような状態だと腹痛が継続して、意識状態も悪い状態になっている場合があります。
腹部臓器の損傷や腸閉塞などが原因で腹部が膨れてくる場合があり、すぐに受診する必要があります。

頭や耳が痛いと言っていませんか?

頭痛が伴う場合、頭の病気が原因である事があります。
また、呂律が回らない、手足に力が入らないといった症状が出現する場合があります。
この場合、すぐに受診しましょう。夜間や休日であっても、救急外来がある病院へ受診してください。
子どもには稀ですが、耳の痛みやめまいを伴っている場合、メニエール病の可能性があります。
その場合は耳鼻科を受診します。

子供の吐き気が止まらないときの食事~嘔吐が続くときに消化の良い食べ物一覧|レシピ有り

緊急性がない嘔吐の場合、自宅でお薬を飲みながらゆっくり過ごしましょう。
でも、嘔吐が続いている時は何を食べさせればよいのか悩みますよね。
嘔吐が止まらないようであれば、食事は無理に食べさせない方がいいです。
ただ、嘔吐が続くと脱水になりやすい為、嘔吐して30分様子を見てから少量ずつの水かお茶を与えましょう。
その後、嘔吐が落ち着き、子どもが少し何か食べたいなと思ったら消化に良い食べ物を与えます。
消化によい食事とは、食物繊維や脂肪分がない食事で、柔らかく温かい物が理想です。
また、胃酸の分泌を高めるような味付けの濃い物は避けるようにしましょう。
例えば、こしょう、とうがらし、煮豆、漬物、酢物など。
食事中はゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。
また、食後は、ゆっくり休むようにしましょう。
では、実際消化に良い食べ物をご紹介したいと思います。
・卵粥・煮込みうどん・煮魚・しゃぶしゃぶ・湯豆腐・鍋料理(水炊きなどの味が薄い物)
・ポタージュスープ・プリン・温めた牛乳・茶碗蒸し・柔らかい煮浸し(羽生の野菜)

参照レシピ:AJINOMOTO Park
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/corner/health/syouka/

まとめ

嘔吐の症状があった場合は、冷静に他の症状がないかしっかり観察をすることが大切です。
お子さんがお話しできればまだ良いのですが、お話が出来ないほどの嘔吐の場合はお熱を測定し、お腹の状態をみます。
嘔吐には必ず原因がありますが、ママの判断だけでは不安だと思います。
嘔吐を繰り返している場合は様子を見ずに必ず受診をしましょう。