子どもの名前は姓名判断で決めた!夫婦の命名術

子供

妊娠が分かって、性別が分かって、赤ちゃん元気に生まれてくることを願いながら、次に楽しみになるのが「命名」ですね。
赤ちゃんに初めてプレゼントするのが名前と言われているくらい夫婦にとっては大きな大きな子育ての第一歩ではないでしょうか?

姓名判断は、夫婦でお互いに付けたい名前や漢字、響きなどから画数や姓・名の組み合わせでその子の全体運や恋愛、仕事、健康などで占って名前を決めることです。
姓名判断が当たるという噂もありますが、個人的には名前の付けたように育ってくれると思っています。

名前候補がある人もいれば、全く思いつかず悩んでしまう方もいますよね。

私たち夫婦は全く名前の候補がなく、子育て経験の母や家族友達に聞いても最終的には二人が決めてあげればいいにでは?
と言われ、またも悩んでしまう日々でした。

そんなとき、姓名判断を元に命名することが多いと知り、名前辞典を図書館で借りて命名したのです。

何通りもある名前から一つに絞るまで大きく3段階に分けて名前を絞りました。

夫婦二人で命名するために心得ておくことを決める

姓名判断はたくさんの組み合わせをすることができ、候補を挙げればキリがありません。

まずは二人でどんな子に育ってほしいか?
お互い使いたい漢字や響きはあるか?
使いたくない漢字や名前があるか?
私たちはキラキラネームにしない、お互いの名前の漢字を引き継がないと決め、文字は3文字で完結する名前にしたいねと話しました。
このなんとなくの意向を心にとめておき、名前辞典を見ながらパッと気になった名前をお互い言い合いました。

このとき必ず出てくるのが「この名前同級生にいる」とか、「親戚のおじさんの名前」とか、「いじめてきた子の名前」などなど、その名前から他人がイメージされる場合は省きます。

お互い別々の人生を歩んでであった人の名前が上がりますよね。

名前を選ぶのも大切ですが、使いたくない漢字、名前を書き出しました。
この使いたくない名前の候補が意外に多く、この中で使われていない漢字と名前を探せばいいので、消去法はおすすめです。

この時点でかなり二人で名前辞典を見ていて名前に見慣れてきたので、この漢字いいなとか、この漢字使いたいなと希望がでてきます。

産まれる前までに一つに絞ればいいので、ちょっとでも気になった名前、漢字の組み合わせを作っていくのです。

この作業、赤ちゃんのためとは言え地味に疲れます。

生活の中でテレビのエンディングのテロップの名前を見たり、たまひよで紹介されている赤ちゃんの名前を見たり、名前が決まるまでは名前中心に世界が回っていました。

画数チェックで絞り込め!

ある程度の名前の候補を挙たら、次に画数をチェックしました。
アプリやサイトで苗字に合わせた画数から運勢を見ることができるので目についたサイトで同じ名前を入力し画数を判断していました。

日本人の苗字ランキングトップ10に入るくらい定番の苗字ですが、苗字の画数が多く、名前で使える画数が意外にも少ないと知り、漢字の組み合わせも真剣に考えはじめたのです。

この時点では20個くらい名前の候補があり、ひとつの名前から2、3個漢字の組み合わせを変えて作ったりしていたので、画数で合うものだけを残しました。

最終決定は名前の響きから

候補の名前が絞られて残り5つ程度になりました。
5つになるとお互いこの中で付けたい名前の希望が絞れます。

私は名前の響きが気に入っていたのですが、最後に漢字で悩みました。
例えば、「とうま」と決めて「斗真」とつけるのか「斗馬」とつけるのかです。

悩みましたが何度もみて、気に入った漢字が一つになったので最終決定しました。

しかし、妊娠後期になり、いつ生まれてもおかしくない状態です。

名前は決めたものの本当にこの名前でいいのかまた悩んでいました。
二人で突っ走った名前になっていないか、聞いてくれる家族、友人などに名前を聞いてもらい
(中には生まれるまで名前は楽しみにしていたいという人もいたので)、漢字で読める名前か、キラキラネームになっていないかなど、
他人に冷静な判断をしてもらいお墨付きをもらったのです。

旦那さんは気に入っていたようですが、私はほかにもいい名前があるのではなか?
気が付いていない他の漢字の組み合わせもあるのではないかと悩みました。

最終的には二人で決めたままの名前になりましたが

さいごに

姓名判断で名前の決めるのは産まれてくる赤ちゃんの生涯に影響を与えると思います。

名前を決めるのは本当に悩んでしまいますが、早く名前を決めて妊娠中にお腹に呼び掛けてあげるのも楽しみの一つです。

私たちのように最後まで悩んでしまうこともありますが、決めた名前で生まれるまであだ名をつけてあげるのもおすすめです。

もし2、3個まで絞った名前の候補で決めきれない方がいたらアドバイスとして、産まれて顔を見てから決める方法があります。

赤ちゃんの顔は4Dエコーでも鮮明に見えますが、やはり産まれてきてからの方が雰囲気や顔がはっきりわかるからです。

出産後5~7日は産院で過ごすと思います。

出生届は生後2週間なのでこの間に2、3個ある候補から赤ちゃんの名前を選んであげることができるでしょう。

わざと名前候補を残して産まれてから決める人もいます。