キラキラネームを止めたい!改名はできるのかを調べてみた

人間関係

キラキラネームとは一般常識から大きく外れている珍しい名前のことをいいます。
このキラキラネームには通常漢字表や名乗りにない読みや当て字が多いので、漢字だけみて読めないことがあります。
名前に使う漢字は戸籍法常用漢字・人名用漢字の範囲内と決められているが、読み方については規定がなくどの漢字も自由な読み方が出来ます。
このような名前を親に付けてもらった子どもがキラキラネームに不便を感じたり自分の名前が気に入らなくて、恥ずかしいと思ってしまい改名を望む人がいます。
ここではそのために必要な手続きや実際改名できた例を紹介します。

キラキラネームの解明に必要な条件や手続き

キラキラネームは少し前にとてもはやりました。
その当時テレビなどメディアでもたくさん紹介されていました。
なのでキラキラネームに対する免疫ができたのか、読めないようなかわった名前でも驚かなくなりました。
親はおしゃれで、いなどきっぽい名前がいいという理由で付けます。
しかし、このキラキラネームのせいでいじめられていたかわいそうな子どももいます。

就職活動の時にもキラキラネームが原因で不合格になる場合もあるようです。
キラキラネームをつける親は自己中心的で協調性がないと判断され、その親の子どもなので採用しない企業があるのも現実です。
法律上不採用にした理由を本人に教える義務もないので聞くことは出来ませんが、エントリーシートの内容を見る前に名前で不採用にする作業がある企業もあります。

改名は正当な事情があれば家庭裁判所の許可をえて改名することが可能です。
正当な事情とは改名しなければ社会生活に負担をきたすと判断される事情のことです。
同じ理由であっても個々の環境なども考慮され家庭裁判所で認められたり、認められなかったりします。

認められることが多い理由は

①近くに同姓同名の人がおり生活上支障がある場合です。
②珍妙で難解な名前のため社会生活上支障がある場合です。
③人名用の漢字が追加され本来使いたかった漢字が使えるようになった場合です。
④名前が原因で差別をうけるなどの精神的苦痛がある場合です。

必ずしもこの理由なら改名が認められる訳ではありません。
このような理由を書き「名の変更許可申立書」を提出し家庭裁判所の許可を待ちます。
許可がおりたら市町村役場に届け出ます。

15歳以上であれば本人、15歳以下であれば保護者になります。

800円分の収入印紙と連絡用の切手が必要な場合もあるようです。
漢字はそのままで読み方だけ変える場合の方か簡単にできます。
なぜなら戸籍には名前の漢字のみが登録されているからです。
この場合は「住民票ふりがな修正更新書」の提出が必要になります。
スムーズに改名をするには弁護士による改名コンサルティングを活用するのもいいでしょう。
弁護士にお願いすることで確実に改名が可能になりますが、30万~50万円の出費は必要です。
許可がおりず改名できない場合は、戸籍上の名前とは異なりますが自分で決めた新たな名前を日常的に使う人もいます。
このような名前を通称名といいます。この通称名を使ってる芸能人はたくさんいます。

キラキラネームが実際に解明できた実例

ここからは改名が許可された実例を紹介します。
家族に隠して父親が子どもの名前に元カノの名前を付けたことが発覚した判例があります。
そのまま名前を維持させることは夫婦が不愉快な感情を持ったり娘にとっても穏やかではなく家庭円満を脅かすので許可がおりました。
片親の独断で名付けをしてしまった場合です。
この事例は子どもがまだ1歳だったのもあり名前が拡散されていないので混乱も少ないため改名が認められました。
「桃千代」という名前の男性はこの名前では女性を連想させてしまうため認められました。
姓名判断に従った通称名を20年以上使っていた人がその通称名に改名できた事例もあります。
名づけの段階で問題があるケースでも、片親の独断だから納得できないという理由だけでは生活に支障があるとは言えず認められませんでした。
移転した場所の近くに同名の人がいて郵便の配達が間違いがあり紛らわしいという理由でしたが同名の人の家まで数百メートルも離れた場所にあり、配達の間違いは一時的なものと判断され認められませんでした。

さいごに

家庭裁判所は個別で判断するので、過去の判例に当てはまっても必ず許可がおりるわけではないです。
なので過去に認めらていても、地域や担当した裁判官によって判決は変わります。
しかし「日常生活で明白な不便がある」と「10年以上の十分な通称名の使用期間があり」といった理由は改名が認められやすいです。
なのでこの2つが改名許可の判断基準といえそうです。
改名理由も大切ですが、通称名の使用期間も重要なポイントになっています。
キラキラネームに悩み改名申請をしている人はたくさんいます。
自分が子どもの名前を付けるときは、その子どもの将来をよく考え名前で悩むことがないような名前にしましょう。
名前は親から子どもへ最初にプレゼントする大切なものです。
自分の意見だけで決めるのではなく夫婦でよく話し合い素晴らしい名前を決めましょう。