木綿豆腐と絹ごし豆腐を使い分ける3つのポイント!地方によって違いはあるの?

家事

皆さんこんにちは(*’ω’*)

私は最近結婚したばかりの新米主婦です(^.^)♪
新婚生活がスタートしたばかりなんですが、毎日がとても新鮮で楽しい毎日です
ですが、結婚して慣れない家事をこなすのに一苦労の毎日だったり・・・。

掃除・洗濯・食事の準備・・・などなど、今までは実家で過ごしていたので、もう大変!

今までは、仕事から帰って来て帰宅をすれば、美味しいごはんがもう出来ていて、食べ終わったらシンクに入れておけば片づけてくれたし、お風呂に入りたいと思えばもうあったかいお風呂が既に沸いていて、部屋に戻れば洗った洗濯物がキレイにたたまれておいてあり・・・と実家ならではのありがたい生活に慣れすぎてしまい、今となっては少し頑張って家事のお手伝いに挑戦していればこんなに苦労することなかったのに・・・なんてちょっぴり後悔なんてしていたり・・・(´;ω;`)

そうはいってももう過ぎてしまったこと!

これから頑張るしかない!と思いあれこれ調べながら毎日家事を頑張ってこなしている今日この頃です。

そんなある日いつものように携帯片手に今日の夕ご飯のおかずである豆腐料理を作っていると旦那に「うちのママはいつも絹ごし豆腐で料理してた」と言われたのです。

・・・え?

私の家庭ではいつも木綿のお豆腐を使っていました。

豆腐には『絹ごし』と『木綿』の二種類がありますが、使い分けるポイントはどこにあるのか。
また、地方によって『絹ごし』と『木綿』違いがあるのかちょっと気になったので調べてみました!

まずは、絹ごしと木綿豆腐の違いから調べてみました。

絹ごし豆腐と木綿豆腐は含まれる水分量が違います。

水分量により食感や味わいが異なるため、それぞれの個性を生かした使い分けをするようです。

絹ごし豆腐は豆乳とにがりを容器に入れて固めたもので、水分を多く含んでおり、なめらかな舌触りです。
一方、木綿豆腐はこの固まった豆腐を布を敷いた容器に入れ、圧力を加えて水分を抜いたもので、しっかりとした食感とより濃厚な豆腐の味わいがあります。
なので、木綿豆腐はくずれにくいのが特徴です。

その特徴を活かすことで、炒めたり焼いたりする料理に向いています。
それに比べて絹ごし豆腐は、ツルリとなめらかな口あたりが特徴です。

そのため、絹ごし豆腐は生で食べる料理におすすめです◎

使い分けるポイントとしては、煮崩したくないときは固めの木綿豆腐を使い、そのまま味わいたいときは柔らかい絹豆腐を使うこと!

また、同じ豆腐でも『絹ごし豆腐』と『木綿豆腐』ではカロリーが違います。

絹ごし豆腐と木綿豆腐の100グラムあたりのカロリーを比較してみました。

絹ごし豆腐→72キロカロリー
木綿豆腐→56キロカロリー

ちょっとではありますが、絹ごし豆腐に比べて木綿豆腐は凝縮して作られているので、木綿豆腐の方がカロリーが高め。

栄養がたっぷりと入っています。
確かに木綿豆腐は絹豆腐よりも高カロリーですが、凝縮されている分、タンパク質やカルシウム、鉄分、ビタミン、食物繊維なども豊富なようです。

ダイエットに必要な栄養素ばかりなのでむしろ積極的に食べるといい食材なのです!
このようなことも頭に入れて使い分けてみては如何でしょうか。

また、地方によって違いはあるのかを調べてみると面白いことに東北は『木綿豆腐』、関西は『絹ごし』が好まれているようです。

木綿豆腐と絹ごし豆腐では世代によって好みが変わる?使い勝手のいいのはどっち?

さて、地方によって好まれる豆腐が違うならば、世代によっても好まれる豆腐も違うのではないかと思い調べてみました。
調べてみると若い方の方が絹ごし豆腐、目上の方の方が木綿豆腐を好む傾向であることを発見。

若い人の方が時間がなかったり、急いでいたりして、食事に長く時間をかけられないから、木綿豆腐に比べて柔らかい絹ごし豆腐の方がすぐ噛んで飲み込めるからなのかなぁ?と感じたりしました。(笑)

使い勝手がいいのは、絹ごし豆腐ではないでしょうか。

何を作るかにもよるかとは思いますが、絹ごし豆腐であれば、そのまま冷ややっことして美味しく食べるいこともできますし、水切りをしっかりとすれば木綿のような硬さにもなるので、絹ごし豆腐の方がどっちでも使えるので使い勝手はいいのではないかと思います◎

木綿豆腐と絹ごし豆腐ではたんぱく質はどちらが上!?他の栄養素も教えます!

木綿豆腐と絹ごし豆腐では、木綿豆腐の方が水分がしぼられているため、栄養分が凝縮されています。
その為、絹ごし豆腐と比べると、タンパク質・カルシウム・鉄分は1.3倍多く含まれているようです。

しかし、水分をしぼるために水に溶けやすい栄養成分が流れ出してしまうのが絹ごし豆腐のちょっと残念なとこ。

さいごに

水分を多く含む絹ごし豆腐の方が、ビタミンB群やカリウムが豊富に含まれているようです。
これまで色々と調べてきましたが、同じ豆腐でもこんなに使い方や違いがあるのですね!
いい勉強になりました♪皆さんも料理にあったお豆腐を使ってみては如何でしょうか?