血圧を下げるにはどうしたらいい?まずは食事を見直してみよう

料理

健康診断を受けてみたら…高血が高いと言われてしまった場合、自分の食事を見直してみることがとても大切です。
しっかりと食事を見直すことで血圧を下げることも出来ます。

食事は塩分をへらし、ミネラル類をたくさん摂取することを心掛けましょう!
塩分は自分が思っている以上に摂取してしまっている場合がとても多いです。
最初は目分量ではなくしっかり量を測ってから味付けを行いましょう。

薄味にもだんだん慣れてくると思います。

高血圧のガイドラインは成人(75歳未満)の高血圧の基準は140/90で、降圧目標は130/80未満です。
降圧目標は以前より低く設定されました。
早くから対策に取り組むことがとても大切になってきます。

高血圧の人は自分の毎日の食事をチェック!

高血圧の人は自分の毎日の食事を見直すことがとても大切になってきます。

重症になってしまう前にしっかりと食事を見直すことで血圧を正常な値に戻すことも出来ます。
しかし食事を見直すことなくずっとそのままの食事を続けていると、高血圧の病状はどんどん悪化してしまいます。

高血圧の人はどのような食事が良いかを知らずにいると、気付かないうちに血圧を上げてしまうような食事をしているケースも多々あります。

食事のどのような点に気を付ければいいのかをここで説明していきます。

①塩分を減らしましょう。

日本人の食事はどうしても塩分をとり過ぎてしまう傾向があります。
そのため料理するときは目分量で味つけするのではなくしっかり分量をはかることが大切です。
日本高血圧学会のガイドラインでは1日あたりの塩分摂取量を6g未満と設定していますが、これより少なくするのが理想とも書かれています。

いつもの食事を減塩させるためのコツを紹介します。

1、醤油やソースは使わないようにして酢やレモン、こしょうなどで味付けを行う
2、昆布やにぼし、かつお節、しいたけなどから出汁をとり、それを使うようにする
3、ラーメン、うんどなどの汁は飲まないようにする
4、最初は薄味に物足りなさを感じるかもしれませんが、薄味には必ず慣れてきます。それまで薄味を続けるようにする

②ミネラル類をしっかり摂取する

ミネラル類は塩分の排出を助けてくれるとても大切な成分です。
ミネラル類の中にはカルシウムやカリウム、マグネシウムなどがあります。
ミネラル類がたくさん含まれる食材を紹介します。

1、カリウムをたくさん含んだ食材は野菜、果物、海藻類、豆類です。
2、マグネシウムをたくさん含んだ食材は海藻類、ナッツ類、豆類です。
3、カルシウムをたくさん含んだ食材は牛乳、にぼしなどです。

カルシウム不足になってしまうと心臓や血管を収縮させてしまい、それが血圧を上昇させてしまう原因になってしまうので注意が必要です。

間食や夜食もよくないので毎日同じ時間に3食きちんと食べることを心掛けましょう。

高血圧症治療ガイドラインには何て書かれているの?

高血圧の人の中でも食事療法をしている人や血圧を下げるための薬を飲んでいる人もいます。
そのガイドラインについて詳しく説明していきます。

高血圧治療のガイドラインが5年ぶりに改訂されました。
成人(75歳未満)の高血圧の基準は今まで通り140/90で変わりはありませんが、降圧目標は130/80未満と以前より低く設定されました。
高血圧症になってしまう前に、早期から自分の生活習慣をみなおし予防するためにこのようなガイドラインになりました。

日本には高血圧の患者が4300万人いると言われていますが、そのうちきちんと通院し治療している人は約1200万人ほどと言われています。

高血圧はただ血圧が高いだけと重症な病気だと認識してない人もいるようです…
そのためきちんと通院し治療をする人が少ないのです。

しかし高血圧が原因慢性腎臓病脳血管障害心不全認知症などの病気に繋がってしまう可能性があります。
高血圧だからといい忙しいとついつい病院へ行かなくなってしまうかもしれませんがきちんと治療を受けましょう!

そして高血圧症になってしまう前に食事や生活習慣を見直すことで改善されるケースもあります。
その取り組みを早く行うことがとても大切です。

まとめ

高血圧の人は自分の食事をきちんと見直すことがとても大切です。食事を改善することで血圧が下がってくることがあります。食事で注意すべき点は以下の通りです。

①塩分を減らす
1、醤油やソースは使わないようにして酢やレモン、こしょうなどで味付けを行う
2、昆布やにぼし、かつお節、しいたけなどから出汁をとり、それを使うようにする
3、ラーメン、うんどなどの汁は飲まないようにする
4、最初は薄味に物足りなさを感じるかもしれませんが、薄味には必ず慣れてきます。それまで薄味を続けるようにする

②ミネラル類をしっかり摂取する
ミネラル類は塩分の排出を助けてくれる働きがあるので積極的に摂取しましょう。

高血圧治療のガイドラインは以下の通りです。
成人(75歳未満)の高血圧の基準は今まで通り140/90
降圧目標は130/80未満

早く食事や生活習慣を見直すことで血圧を下げることも出来ます。