血圧ってどれくらいからが低いの?低いとどうなる?

人間関係

血圧が低いと体調が崩れやすいときがあるとどこか体に不具合があるのか気になりますよね!?
そんなときは今までの食生活を見直したり、貧血の症状がないか確認する、血圧についてまとめてみました。

貧血の代表的な症状の一つは「めまい」

貧血とは?

酸素を運ぶ働きがある赤血球や血液の中に入っているヘモグロビンが少なくなると、体が酸素不足になると貧血になります。
血中のヘモグロビンの数値が男性は13.0g/dl以下、女性は12.0g/dl以下になると、貧血になります。
体の中にある酸素が足りなくなると、めまい、動悸、息切れ、倦怠感、頭痛など、体の調子が悪くなり女性は男性よりも貧血になる人が10人に1人がかかる病気です。

めまいとは?

体がバランスを保つことを平衡感覚とよびますが、人の平衡感覚は、目、耳の奥の内耳、手足の皮膚や筋肉などから、集まった情報を脳が整理して体に指令を出すことで保たれています。
平衡感覚を維持する機能に障害が起きたらバランスがとれにくいためめまいが起こりやすくなります。
めまいが引き起こす原因として一番多いのが、耳の奥の内耳の障害です。

症状

鉄欠乏性貧血

貧血の中で最も多い病気で体に必要な鉄分が足りないと起こります。
鉄分が少ない偏った食事や胃潰瘍などの胃腸疾患の出血でも起こりやすくなります。
鉄欠乏性貧血は女性に多い病気ですが、無理なダイエット、生理が関係しています。
症状は全身のだるさ、頭痛、めまいや息切れなどが体調不良として出ます。
唇や爪が青白くなり、爪が反りかえってスプーンのようになる人もいるようです。

巨赤芽球性貧血

正常な血液をつくるために必要なビタミンB12や葉酸が足りないと起こる貧血です。
胃の切除手術をしている、胃炎が進行して胃が縮んでいると栄養を吸収できなくなる可能性があり、妊娠中やアルコール中毒、末期がんなどもビタミンがたくさん使われて起きる病気です。
症状は全身のだるさ、めまいなど貧血の他に足のしびれ、知覚麻痺、食欲がない、下痢などが出るようです。

再生不良性貧血

骨髄にある血液をつくるための細胞が故障して、赤血球や白血球、血小板が足りなくなる難病です。
症状は動悸、息切れ、倦怠感などの貧血症状や白血球が少なくなると体の免役力が下がる、気管支炎や肺炎などの感染症にかかりやすくなる、血小板が少なくなると血液が固まりにくくなる、出血が止まらないなどが起こります。

子宮筋腫

子宮にできるいい腫瘍が30~40歳代の女性5人に1人は筋腫があるようです。
初期の自覚症状はほとんどなく筋腫が大きくなると生理痛の痛みが強くなり、経血が増える、期間の長くなる貧血やめまい、立ちくらみなどが起きます。
筋腫による周囲の臓器の圧迫で、頻尿、排尿や排便時の痛み、腰痛などを起こす可能性があり、不妊や流産の原因にもなるようです。

など貧血になると様々な病気にかかりやすくなるので、食事やサプリメントなどで栄養を補う必要があります。

予防方法

鉄欠乏性貧血を予防や改善するために、鉄を食事やサプリメントなどからとることが大切です。
ダイエットのために食事を減らすと鉄をとる量が少なくなるので、栄養バランスのとれた食事を心がける。

鉄を多く含む食品は?

鉄は、動物性食品(豚・鶏などのレバー、肉類、まぐろ・かつおなどの魚類)に含まれる「ヘム鉄」、植物性食品(ほうれん草、切り干し大根など)に含まれる「非ヘム鉄」があります。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて、腸での吸収がいいヘム鉄をとることをおすすめします。

・ヘム鉄だけでは栄養バランスが悪くなるので、小松菜と豚肉の炒め物やほうれん草と牛乳を組み合わせたグラタンなどがいいですよ。

・市販の薬を使ったり、かかりつけのお医者さんから貧血のお薬をもらう。

血圧の定義・基準値を知っておこう

血圧とは?

血管のなかを流れる血液が血管の壁を押し広げる力のことで、血液が血管壁を押す力が強くなるほど血圧は高くなります。

血圧は心臓が縮んで、血液を送りだしたときの血圧を「収縮期血圧(最大血圧)」といい、これを俗に上の血圧です。

一般的に上の血圧が100m/hg以下のときは低血圧とよび、血圧が低いことは病気ではないので、低血圧から治療を必要とする症状が現れると「低血圧症」という名前がつきます。

① 本態性低血圧症

低血圧を起こしている原因はわからないが自覚症状がある。

② 症候性(二次性)低血圧症

心臓疾患、自律神経失調症、降圧剤や向精神薬などの副作用が原因の低血圧。
元の疾患の治療を行い薬剤の処方を変えると低血圧を改善することができる。

③ 起立性低血圧症

急に立ち上がったとき、長い時間立っているときなどに、自律神経による血圧の調整がうまく働かず低血圧で何か症状が起こる。

④ 食事性低血圧症

食事の際、胃と腸の血流が増えて全身への血流が少なくなり、急に低血圧となり、何らかの症状が起こる。

⑤ 身体症状としては、めまい、立ちくらみ、頭痛、全身のだるさ、動惇・頻脈などがあり、ときに失神を起こすときもある。

精神症状は、朝の目覚めがよくない、起きられない、不安感、眠れない、食欲がないなどがある。

⑥ 低血圧で身体症状があるときは血圧を上げる薬やステロイド薬、精神症状は抗不安薬や自律神経を整える薬などを飲む必要があります。

普段の生活を振り返って不規則な生活や食事をしているときは、早寝早起きをすると生活を改善することができ、ストレスをためないようにリラックスすることを心がけて過ごすことが大切です。

まとめ

血圧が低いと朝起きれない、夜ぐっすり眠れないなどの人それぞれ症状が違うので、気になるときは病院に行って診察をしてもらうことをおすすめします。
毎日偏った生活をしていると鉄が足りなくなり貧血になる可能性があるので、毎日の生活で栄養を補えないときは、サプリメントで補う必要があります。