健康サンダルだけじゃない!こんな健康グッズはいかが?

人間関係

健康になりたいならサンダルを履くだけではなくて、体の中から健康になりませんか!?
自分の体にあったお茶やオイルを使うだけで体が健康になりますよ。
健康にいいオイルやお茶について紹介したいと思います。

健康にいいオイルいろいろ

① エゴマ油

一年草のシソ科植物で名前は似ていますがゴマではありません。オメガ3脂肪酸が約60%入っています。

② アマニ油

亜麻科植物の種子(仁)のことで、オメガ3脂肪酸が約60%入っています。
熱に弱く、酸化しやすい油なので、サラダのドレッシングにかけてあけたあとは、冷蔵庫で保存して早めに使いましょう。

③ココナッツ

飽和脂肪酸の中でも、体に脂肪がつきにくい「中鎖脂肪酸」、代表的な油がココナッツオイルです。
「中鎖脂肪酸」は体内で約4~5倍早く分解や燃焼されてすぐにエネルギーとして使われています。
中鎖脂肪酸は燃焼するときにケトン体をつくりますが、これは脳のエネルギーになる物質で、アルツハイマー病予防にもその効果が期待されています。

④アボカド

アボカドの果実の実を搾って作られているので、アボカドの栄養価がしっかり入っているオイルです。
オリーブオイルと同じ一価不飽和脂肪酸のオメガ9系脂肪酸で、ビタミンEはオリーブオイルの2.5倍多く含まれており、高い抗酸化効果が期待できます。

⑤アルガン

モロッコ南西部にしか育たないアカテツ科・広葉常緑樹は、アルガンの種子からとり出されるオメガ9系の油です。
肌や髪などに使う美容オイルで人気があり、ビタミンEが豊富で抗酸化力が高いため食用として使われています。
ローストタイプとノンローストタイプがあるので、香りを楽しみたい人には、ローストがおすすめです。

⑥椿油(カメリアオイル)

ヘアオイルとして日本で昔から愛されてきた椿油は、成分の80%以上がオメガ9系のオレイン酸で、LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果があるので、油を使う料理におすすめですよ。
椿油で天ぷらや揚げ物をあげると胃もたれしにくくなります。

健康にいいお茶ってどんなお茶?

①プーアル茶は中国雲南省を原産地とした中国茶です。

「黒茶」とも呼ばれて、緑茶を発酵させて作られています。コウジカビで発酵させたものは「熟茶」、年月によって発酵させたものは「生茶」に分けられています。
茶葉を堆積して発酵させるプーアール茶特有の方法で、カルシウム、鉄、マンガン、マグネシウムなどのミネラル分がたくさん入っていますよ。

プーアル茶には脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させる作用があり、余分な脂肪を分解して排出させる効果があり、高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の予防にも効果があります。

※副作用はありませんが、カフェインが入っているのでカフェインを控えたい人は飲み過ぎに注意しましょう。
カフェインの量が減っているため、緑茶に比べるとカフェインの量は少ないですよ。

②マテ茶は、モチノキ科のマテから作られているお茶です。

南米では古くから伝統的に飲まれてきており、茶葉は主にパラグアイ・ウルグアイなどで栽培されています。
マテ茶はウーロン茶に比べてカルシウムが約29倍、マグネシウムが約12倍、亜鉛が約30倍も入っています。
※アルコール・医薬品を長い間飲み続けた人は、がんになる確率を高める可能性があるので注意が必要です。

③ べにふうき茶は紅茶、半発酵茶として開発されたお茶の品種です。

三重県産の紅茶品種「べにほまれ」とインド産の紅茶品種「枕Cd8」を交配して作りました。緑茶として加工されているので、色・味・香りは普通の緑茶とあまり変わりません。
花粉症に効果があるとわかり有名になったお茶です。

べにふうき茶の最大の特徴は「メチル化カテキン」の含有量が入っています。
「メチル化カテキン」とは茶特有の成分「茶カテキン」の一種で、その中でも抗アレルギー作用や脂肪蓄積を抑制する効果があるので、花粉症などのアレルギー症状におすすめです。

緑茶のように普段用のお茶として利用できるお茶です。ただし、べにふうき茶には煎茶や番茶と同じくらいのカフェインが入っています。

④タンポポ茶にはビタミンやミネラルが入っていて、肝臓を強化する作用があるため、コレステロールを抑えます。

血糖値を下げる効果も期待できます。
※食欲を増進をさせたり、胆嚢や肝臓の機能を高めたりする作用もあります。
胃腸の弱い人が飲み過ぎると「胃酸過多」を起こす可能性があります。

⑤杜仲茶(とちゅうちゃ)は、中国西南部からベトナムにかけて育つ杜仲の木の葉を煎じてお茶にしました。

杜仲は、古代中国人が健康維持に欠かせない生薬で使われていました。
杜仲茶は健康的に痩せることができるとして話題になりましたが、それは基礎代謝を上げて脂肪を燃焼して、アスぺルロシドいう成分が入っているので、古くなった胆汁酸の排泄を老廃物として出します。
古い胆汁酸が排泄されると新しい胆汁酸が出て、脂肪の熱産生を誘導し、基礎代謝を高める働きがあります。
※ミネラルが豊富なので、カリウムが含まれており、腎臓が弱い人は控えめに飲みましょう。

まとめ

健康な体を手に入れたいなら今までの食事や生活を見直して、規則正しい生活や栄養バランスがいい食事や適度な運動をする必要があります。
ただオイルやお茶を飲むだけでは、健康な体に改善することはできないので、毎日継続して健康な体にしていきましょう。