結婚式のご祝儀の相場~年齢や関係から金額を決める方法

人間関係

二十代半ばになると、第一次結婚ブームがやってきて結婚式にお呼ばれすることも増えてきますね。
そんな時、結婚披露宴でのお祝いのご祝儀の金額の相場は気になるものです。
ここでは、友人や会社の同僚、兄弟姉妹や親族によって変わってくるご祝儀の相場や金額の決め方についてご紹介したいと思います。

結婚式のご祝儀の金額の決め方~友人の場合|共通の友達と口裏合わせもひとつの方法!

結婚式でのご祝儀の金額は、割り切れない数1、3、5など「奇数」の金額を贈る事がマナーとされています。
それは「偶数」は割り切れるので夫婦が別れることを連想させ縁起が悪いということで避けられているのです。
この他4や9といった「死」や「苦」を連想させるので避けるようにしますし、「偶数」である8でも末広がりを連想するので縁起がよいとされていますので注意してご祝儀は包むようにしましょう。

しかし渡す側の事情によりご祝儀が2万円など「偶数」になることもあるでしょう。
その場合は1万円札1枚と5千円札2枚というような包み方にし、4や9を避けた「奇数」となるように包み方を工夫することをおすすすめします。

ご祝儀を渡す側の年齢や、関係によっても金額は変わってきますが、友人に渡すご祝儀の相場としては3万円が一般的です。
なぜならゲスト1人を結婚式に招待した場合にかかる料金には「披露宴のお食事代+引き出物代」がかかっています。
その料金の相場は1万5千円から2万円ほどかかるといわれています。
ですので、それにお祝いの気持ちを上のせて最低でも2万円以上を包むのが良いのではないかと思われます。

招待されたゲストが学生だったり、社会人になりたてで金銭的に余裕のない時もあるでしょう。
その場合は共通の友人と相談し一緒にご祝儀を包むのも良いかと思います。
2人で3万~5万円を包み、ご祝儀以外にプレゼントを渡すといった工夫をするのもおすすめです。
私は結婚式当日に沢山写真を撮ってアルバムやデータにしてプレゼントしたことがあります。
プロではないので上手ではないですが、友達目線で撮った写真を喜んでもらえたのを思い出します。
相手を想い、一味違ったプレゼントを贈ることも友人ならではの楽しみかもしれませんね。

プレゼントを渡す場合は、当日渡すと荷物になったりするので大きなものであれば事前に郵便で送り、持ち帰れる物なら事前に会って渡しておくことをおすすめします。

このような場合ご祝儀袋にもマナーがあり金額によっても変わってきます。
金額に見合わない派手なご祝儀袋を選ぶと返って失礼になることもあるので気を付けましょう。

ご祝儀袋の選び方や書き方などについては、こちらのサイトをご覧くださいね。
参考
超便利!冠婚葬祭マナー
(http://www.best-manner.com/manner/wedding/shugi_naka_fukuro.html)

結婚式のご祝儀の金額の決め方~家族の場合|親に相談するのが一番確実!

家族や親せきの結婚式に出席する場合は、友人や仕事関係の相手よりも相場は少し高くなります。
基本的には20代であれば3万~5万円程度、30代以上は5万~10万円となりますが、縁起のいい7万円や末広がりを意味する8万円でもよいでしょう。
しかし30代以上で夫婦で招待された場合は5万~10万円、子どものいる世帯の場合は10万~15万円が相場となり独身の方とは異なるので気を付けるようにしましょう。

身近な兄弟姉妹である場合は、引き出物を用意されることもありませんし、披露宴にかかる食事代のみを渡し、それとは別に直接何が欲しいかなど遠慮なく聞いてみるのも良いかもしれません。
私も姉妹に炊飯器や加湿器などをプレゼントしてもらいましたが新生活に必要なものを貰えると、思い出と共に頂いた物も大切にできて喜ばれるかもしれませんね。

しかし既婚の場合は別です。あくまで1世帯としてカウントされ引き出物も用意されることも多くなりますので、ご家族分の相場である5万~15万円をご祝儀として用意するようにしましょう。

あまり会ったことのない親せきやいとこなどの場合は、ご両親に相談するのが良いでしょう。
地域により多少の違いがあるかもしれませんし、そのご家族での相場や取決めがあるかもしれません。
親せき同士で話し合い、金額を合わせて包むというのも1つの方法です。

これはあくまでも相場なので、迷ったりしたときは家族に相談し決めるようにすることをおすすめします。
家族の中で、ご祝儀が行ったり来たり...という事もあるでしょう。お互いに負担にならない金額にすることも大切ですね。

まとめ

結婚式のご祝儀の相場は、年齢や相手との関係によって大きく変わってきますし、地域やパーティの形式によっても相場は変わってきます。
どちらにしても、相手の方の結婚をお祝いする気持ちを大切にし、今後のお付き合いに響くような失礼がないよう準備をして結婚式に出席するようにしましょうね。