結婚式のご祝儀袋|記入方法からお金の入れ方まで必見

人間関係

結婚式に招待され、ご祝儀袋を買ってきたのはいいですが、肝心なお札の包み方や選び方に迷った経験が皆さんあるのではないでしょうか?
冠婚葬祭には色々なマナーがあって混同してしまう・・・
なんて事もありますよね。ここではそんな迷ってしまうご祝儀袋の選び方から包み方までをご紹介したいと思います。

結婚式のご祝儀のマナー~表書きの書き方、金額の決め方、包み方などをマスター!常識あるお祝いをしよう!

結婚式でのご祝儀の金額は、割り切れない数1、3、5など「奇数」の金額を贈る事がマナーとされています。
それは「偶数」は割り切れるので夫婦が別れることを連想させ縁起が悪いということで避けられているのです。
このほか4や9といった「死」や「苦」を連想させるので避けるようにしたり「偶数」であっても8は末広がりを連想するので縁起がよいとされていますので、相手の方に失礼のないように包むようにしましょう。

金額の決め方について

ご祝儀の金額については渡す側の年齢や、関係によっても金額は変わってきますが、友人に渡すご祝儀の相場としては3万円が一般的です。
なぜならゲスト1人を結婚式に招待した場合にかかる料金には「披露宴のお食事代+引き出物代」がかかっています。
その料金の相場は1万5千円から2万円ほどかかるといわれていますので、それにお祝いの気持ちを上のせた最低でも2万円以上を包むのが良いのではないかと思われます。

家族や親せきの結婚式に出席する場合は、友人や仕事関係の相手よりも相場は少し高くなります。
基本的には20代であれば3万~5万円程度、30代以上は5万~10万円となりますが、縁起のいい7万円や末広がりを意味する8万円でもよいでしょう。
その他、夫婦で招待された場合は5万~10万円、子どものいる世帯の場合は10万~15万円が相場となり独身の方とは異なるので気を付けるようにしましょう。

表書きの書き方について

祝儀袋は金額によって選ぶことが大切です。
金額が少ないのに祝儀袋が派手なものを選んではマナーがないと思われてしまいますので気を付けてください。
ご祝儀が2万~3万円の場合は金銀か紅白の水引で紅白の熨斗飾りで中袋がついた一般的なものを選びましょう。
ご祝儀が5万円以上の場合は高級感のある檀紙を使用したもので、熨斗や水引も立体感のあるものを使用するとよいでしょう。
結婚式には出席せず、お祝いを送るようなときもあるでしょう。
この場合、お祝いは1万円程度が相場となります。
1万円程度の場合は中袋のない熨斗や水引が印刷されたものでも、問題はありません。
ただし、水引は10本で、蝶結びのものは避け、あわじ結びか結び切りのものを使うようにしましょう。

ご祝儀袋にはのしや水引がついている袋を「上包み」といい、ご祝儀を入れる中の袋を「中袋」といいます。
「上包み」に書く、結婚祝いの表書きは「寿」もしくは「壽」と書くのが一般的です。
既に表書きが描かれたご祝儀袋を買う場合は「お祝い」と描かれたものではなく「寿」もしくは「壽」と描かれたものを選びましょう。
最近では「Happy wedding」と描かれたものもありますが、目上の方や格式のある式などでは避け、親しい間柄の方に限定されることをおすすめします。

上包みの表書きは水引の中央上部に大きめの文字でお祝いの名目である「寿」もしくは「壽」と書きます。
短冊がついている場合は短冊に書くようにしましょう。
事前にご祝儀を渡す場合は「御結婚御祝」と書くこともあります。

上包みの中央下部には「氏名」をフルネームで書きます。
上部お祝いの名目より少し小さ目の文字で書くようにしましょう。
連名である場合は二列で、会社名や肩書を書く場合は名前の右上に小さな文字で書き添えるとよいでしょう。
ただし、数名の名前を書く場合は三名までとし、それ以上になる場合は代表者のみの名前とし「他家族一同」「社員一同」等と明記するようにしましょう。
この場合、中袋に寿と書いた別紙にご祝儀を入れた人の名前を表記し封入することをおすすめします。

友人同士などで連名にする場合、右側から地位や年齢の高い順に個人名をかきますが、差がない場合は五十音順に書くようにするとよいでしょう。

包み方について

ご祝儀袋に入れるお金は新札を包むようにしましょう。
これは結婚式を心待ちにしていたことや、新しく始まる結婚生活をお祝いする気持ちを表すためといわれています。
余裕をもって銀行や郵便局で新札に両替するようにしましょう。

「中袋」にお札を入れる場合、肖像画のある面を表側に向け、お札を取り出す時に最初に肖像画が出てくるように入れようにします。
「中袋」の表側中央に「金 ○萬円」(也と書く必要はありません。)と表記し裏面左側には住所と名前、スペースがあれば電話番号も書くようにしましょう。

「上包み」は「たとう折り」という折り方になりますが、重要なポイントは裏側の折り方です。
必ず、下側の折り面が上に重なるようにしましょう。
上側の折り面が上になるとお悔やみの意味になってしまうので注意が必要です。
糊などで封をする必要はなく水引を通して完成です。

結婚式のご祝儀袋の書き方~中袋は筆ペンじゃなきゃダメ?金額は昔の漢数字じゃないと失礼?その疑問をまとめてみました♪

中袋は筆ペンじゃなきゃダメ?

ご祝儀袋には基本的には毛筆や筆ペンを使うのがマナーとなっています。
ボールペンや万年筆はおすすめしません。
どうしても筆で書くのは苦手という方はサインペンでもマナー違反ではないようですが、ご祝儀袋の中袋にかくのは「住所」「名前」「金額」だけです。
たくさんの文字を書くわけではないので、毛筆や筆ペンで少しでも上手に書けるように練習することをおすすめします。
丁寧に心を込めて書けば、たとえ下手な字であっても不快に思われることはないでしょう。
新郎新婦の幸せを願って心を込めて書いてみてはいかがでしょうか?

金額は昔の漢数字じゃないと失礼?

基本的にはご祝儀の金額は縦書きするので旧漢字で書くのがマナーとされています。
最近のご祝儀袋の中袋には金額を横に書くタイプのものもあり10,000円とアラビア数字で書く場合もありますが、5万円や50,000円と書くより五萬円と書いた方が少し重厚感が出ていいかもしれませんね。

参考
超便利!冠婚葬祭マナー
(http://www.best-manner.com/manner/wedding/syugi_fukuro.html)

まとめ

参考になったでしょうか?
ご祝儀を用意するためには色々なマナーがあり、その都度、迷うこともありますが、基本さえ押さえれば、後は気持ちを込めることが最も重要です。
新郎新婦の方に思いを馳せ、余裕をもってひとつひとつ丁寧に準備をすることで、結婚式当日には恥をかくことなく、ご祝儀を渡せるといいですね。