敬老の日の由来と2018年はいつになるの

家族

9月は5月のゴールデンウィークに並び、シルバーウィークと称される連休期間があるほど祝日が多い月です。

今回特に注目したいのが「敬老の日」。日本には様々な祝日がありますが、父の日や母の日などのように、身近な人に感謝する日が多いように思えます。敬老の日もその一つであり、日本国外にはない独自の祝日となっています。

ではその敬老の日の由来や2018年の敬老の日はいつなのか、お祝いは何歳くらいから行うのがベストなのかということをご紹介したいと思います。

敬老の日の由来

それでは早速敬老の日の由来についてご紹介します。
その始まりは兵庫県の小さな村・多可郡野間谷村から始まった「としよりの日」という慣習に由来されているといいます。

老人を大切にし、彼らの豊かな知恵を村づくりに役立てていこうという考えのもと、農作業に比較的余裕ができる9月15日を「としよりの日」に定めて敬老会などを地域で行っていたそうです。

それから1950年頃からはこの慣習が兵庫県全土へと広まり、さらには全国的に広まっていきました。
しかしその後、「としより」という表現はいかがなものかということで1964年には「老人の日」に呼称を改めて祝われるようになりました。

全国的にこの慣習が親しまれるようになってからは、成人の日や子供の日があるのに老人を敬う日が無いという声から呼称を改めた翌年の1965年には「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」として国の正式な祝日となりました。

また、この「敬老の日」のルーツにはもう一つ説があり、かの聖徳太子が身寄りのない老人や病人のために設立した「悲田院(ひでんいん)」と呼ばれる現在の老人ホームのような施設を作った日が9月15日であったということからこの日を「老人の日」にしたという内容の説もあるそうです。

由来については諸説あるものの、どちらも年配者に対する敬愛の気持ちを持つことを目的とした日であることに変わりはありません。

この「老人の日」がもとになり、現在では9月の第3月曜日に「敬老の日」として祝日が定められています。
老人の日自体は今も変わらず9月15日として残っているものの、こちらは祝日ではなくなっています。9月15日~21日までの1週間は「老人週間」に定められており、老人の日と老人週間は老人福祉法、敬老の日は祝日法としてそれぞれ分類が異なります。

2018年の敬老の日はいつ?

そんなルーツを持つ敬老の日、2003年からは9月の第3月曜日に定められているため、毎年同じ日になるわけではありません。
2018年の敬老の日はいつかというと、9月17日の月曜日です。

第3月曜日に定められた理由は、2001年に祝日法改正が行われたことによるものです。
いわゆる「ハッピーマンデー」と呼ばれるものですね。

ちなみに2009年と2015年には5連休のシルバーウィークがありましたが、今年2018年は秋分の日も日曜日ということで、振替休日で普通の3連休になります。やはりゴールデンウィークのように毎年同じような並びになることはめったにないようですね。

お祝いは何歳ぐらい?

しかし「老人」と一口に言っても、実際には何歳から老人なのでしょうか?
近頃は年齢に反して見た目が若い年配者が多いように思えます。
また、女性の場合は「美魔女」と呼ばれ、実年齢と見た目の年齢差がある方も増えてきました。

見た目だけで判断できない世の中になってきたこともあり、老人と呼べる年齢も人それぞれになってその境界線は非常にあいまいです。

老人福祉法によれば、老人と呼ばれる年齢は65歳以上と定められているようです。
また、国連のWHO(世界保健機関)でも世界的に65歳以上を高齢者に該当すると定めています。

しかし近頃では自分の孫にすら「おじいちゃんおばあちゃん」と呼ばせず、名前で呼ばせる人などもいるようですから、65歳以上だからといって老人扱いをされることを嫌う人も増えてきています。

外国では日本の敬老の日に近い「祖父母の日」というものが存在するそうで、その名の通り自分の祖父母に対して感謝を告げる日となっています。
あくまで祖父母に感謝を伝える日として心から「ありがとう」と言うのであれば、老人として扱われているという考えもなくなるのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。
母の日などは外国から伝承してきたものが現在の祝日になっていますが、敬老の日は諸説ありつつも日本独自の由来を持ってできた国民の祝日です。

さいごに

近頃では老人の境界線もあいまいになり、老人に該当するかどうかはその本人次第にもなってきています。
世界的に定められた65歳以上という基準も参考にしつつ、お互いに嫌な気持ちにならないようによく話し合いながら楽しくお祝いできるといいですよね。

そしてきちんと敬老の日を意識することで、普段忘れがちな祖父母に対する感謝の気持ちを改めて見つめ直してみる機会にもなると思いますので、例年あまりお祝いしてこなかったという方は今年はぜひお祝いしてみてはいかがでしょうか。