今日は風邪で仕事休む!でも会社への電話は何て話せばいい?

人間関係

日頃から体調の管理に気を付けていても、体調不良でやむを得ず仕事を休まなければいけない事もありますね。
大事な仕事を控えているときに限って体調が悪くなるなんて人も。

昨日から体調が悪かった、朝起きたら熱っぽい。多少無理をすれば会社に行けるけど休みたい・・・。
そういう時は勇気をもって会社を休みましょう。
円満に会社に欠勤を伝えられるように、マナーを守って会社に連絡をする事が大切です。
そこで今回は体調不良で会社を休むときの正しいマナーと連絡の方法などについてご紹介します。

体調不良で休む時は必ず電話で連絡する!

現代はLINEなどのツールが普及して欠勤の連絡までLINEで済ませてしまう新社会人が増えてきているようです。
メールひとつで欠勤連絡を済ませてしまうなんて、ひと昔前では考えもしなかったですね。
風邪は悪化させる前に早めの療養で治す方が結果的に会社に迷惑をかけずに済みますので、休む決意ができたらスマートに会社へ連絡をして体調の回復に専念しましょう。

直属の上司へ連絡

欠勤の連絡をするのは気が重いかもしれませんが、どんなに体調が悪かろうと無断欠勤だけはしてはいけません。
信用を一気に失いかねませんので、ちゃんと直属の上司に電話をして、仕事を休むことを口頭で伝えましょう。

連絡をするのはいつ?

仕事を休むときは遅くても始業時間の15~30分前には連絡しましょう。
始業時間になっても何も連絡もなく会社にいない場合は遅刻や無断欠勤だと思われてしまいます。

風邪でも今日は大事な仕事で休めない時にそれでも休むには

大事な仕事が入っていてどうしても体調が悪くて休まなければいけないときもあると思います。
そんなとき自分が居なきゃダメだと思って休みにくい事もありますよね。
でも大丈夫、あなたが休んでもその大事な仕事を誰かが埋めてくれます。
(大事な商談などの話は別で)
会社で仕事をするという事はチームや組織の中で働くという事です。
それはチームのメンバーが休んだとき穴埋めが出来るようにするためということにもなります。
なので、あなたが休んでもチームメンバーがフォローしてくれるのです。

あまり深刻になりすぎず、体調を考えて自分のタイミングで休暇を
取りましょう。

とはいっても、休み明けにはきちんとお礼やお詫びの気持ちを伝える方が良いですね。
自分をフォローしてくれた先輩や同僚に感謝の言葉を伝えるようにしましょう。
そして休み明けから仕事に打ち込んで成果を上げて挽回しましょう。

普段から仕事に一所懸命の人が大事な時に休んでしまっても、まず「体調悪いなら仕方ないな」で済みますよね。
普段から仕事に対して不真面目な態度でいると休んだ時の目は厳しいかもしれません。
普段から職場での印象は良くしておいた方が良いという事になります。

風邪で仕事を休むのは何日くらいなら大丈夫?

個人的な意見ですが、風邪で休んで良いのは2日でしょうか。
3日休むとなると少し肩身が狭くなりますね。
基本的に微熱くらいまでなら2日休んだら出勤します。
それでもめまいや頭痛がある場合は出勤を諦めますが・・・。
接客業や電話対応のお仕事の方は声がガラガラの状態だと仕事になりませんので、そのときは会社の判断に任せると良いですね。

電話するときなんて言ったら良いの?

参考までにご紹介します。

『おはようございます。△△です。急なことで申し訳ないのですが、昨晩から体調が悪く今朝になっても症状が良くならず高熱が出ていて立ち上がれない状態なので、本日通院も兼ねて、お休みを頂いてもよろしいでしょうか?

(最後に)
業務の方で急ぎの件があればご連絡していただければと思いますので、大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。』

このように休むお伺いをたてて、仕事へのフォローする気持ちを一言付け加えて話すと良いでしょう。
話し方はそれぞれちがうと思もいますので、自分の言葉で話をまとめてから電話をしましょう。

さいごに

・連絡の優先順位は電話→メール
・始業の15~30分前までに連絡をする
・休む連絡をするときは内容をしっかり話す(休みたいです、だけでは不十分)
・休み明けのお礼と謝罪はしっかりする
・普段から仕事にまじめに取り組む

会社を休むときは、必ず上司に連絡をしなければいけません。
その時に気を付けること、電話でなんて話したら良いかを簡単にご紹介しました。
なるべく体調を崩さないようにと気を付けていたとしても、いきなり会社を休まないといけないような事になることはあります。
そんな時に自分の仕事がまとまっていないと同僚に仕事を頼むことも難しくなってしまうでしょう。

フォローに入った同僚に余計な仕事を増やすことになってしまいます。

そうならないように、毎日帰宅する前には書類などを綺麗に整理整頓しておくようにしましょう。
そして、日頃から良好な人間関係を作っておくことも大事です。
会社を休んだとしても何かを頼めるような環境の方が良いですし、長く勤めるには人間関係がとても大事です。
気持ちよく働くことができるように、健康管理や仕事を怠らずにやっていきましょう。