香りでリラックスできるのはなぜ?その仕組みを5分で解説します

人間関係

アロマ等の香りの効果により、人はリラックスに誘われます。

ですが、一体どうして匂いを感じるだけでリラックスが出来るのか

匂いを感じた人に何が起こっているのか、とても疑問になります。

今回はその辺りの疑問を、どうして香りによりリラックスするのか

具体的に解説して行きますので、香りの理解に繋げてみましょう。

香りを嗅いでリラックス!その仕組みとは

まず、香りというのは鼻で覚知するものであり、そこは常識です。

もっとも、どうして香りを覚知出来るのか、またリラックスするのか

その仕組みが疑問となりますし、知りたいところになるでしょう。

実は香りというのは「成分」であり、まずはそれが鼻粘膜に付着

電気信号となり、脳に伝達されて香りとして覚知される…までが

かなりざっくりではありますが、香りを覚知する流れとなります。

その香りが伝達される際、視床下部を通ることになるのですが

この視床下部は交感神経、副交感神経並びに内分泌の調節を行う

言わば人間の欲求全般を司る、極めて重要な部位となります。

そこへ香りの成分の作用により、調節機能を整えることに繋がり

交感神経を落ち着かせ、相対的に副交感神経を優位にしますので

それに伴い、気持ちが鎮まり緊張もほぐれる結果となる…つまり

「リラックス」の状態に移行、保持する結果となるのです。

しかし、まだ疑問が残ります。

なぜ香りの成分が調節機能を整えるのか、なぜ人の身体に対して

ポジティブな効果を示すのか、その根拠が分からないと思います。

それについてですが、「視覚情報」が鍵を握ると言うべきでしょう。

というのも、そもそも香りというのは人によって認識が様々です。

ある人は良い香りと思っても、別の人はそうでないかもしれません。

中にはアロマ全般の香りを、ひどく嫌う人も居るかもしれません。

そういう場合、アロマによる香りの効果は期待出来ないのです。

何故なら、アロマ全般を「嫌な臭い」として認識していることから

目にした時から、視覚情報としてネガティブな印象がある訳です。

それで嫌な臭いを覚知してしまうと、本能的に回避行動をする…

要するに、副交感神経がさほど優位にならないのです。

もっとも、いくら嫌いな臭いであったとしても、その香りそのものに

効果があるので、あくまで効果が「薄い」という考え方になります。

これは好き嫌いの問題でなく「香りの作用」として考えて下さい。

では逆に、アロマ全般を良い香りと認識しているのであれば

視覚情報を得た時点でポジティブな印象を得ているのですから

それを受け入れた際は、脳は快感を得ることになりますので

結果良い効果を示しやすい…理屈としてはこのような感じです。

以上が、香りを嗅いだことによるリラックスの仕組みとなります。

実は香り成分というのは、人の脳を揺り動かす強い力を持つのです。

香りのリラックス効果は脳波に現れる

リラックスというのは、「何となく」とか「気のせい」ではなく

実はきちんと脳波として示される、根拠のあるものとなります。

実際自分にとって好ましい、ポジティブな香りを嗅いだ場合は

アルファ波を示すようで、これがリラックスの証拠となるのです。

もっとも、リラックス=アルファ波がもはや定説になっていますが

そもそもアルファ波とは何なのか、一体何を意味するのかが謎で

そこから理解を得たい方も居ると思います。

それについてですが、まずアルファ波(α波)とは人等の動物が示す

脳の電気信号となる脳波、且つ8~13Hz帯のものとなります。

この脳波は、その人が安静時にその割合が多くなる傾向があり

運動時や興奮時は、逆に減少傾向となるようです。

安静時にアルファ波多くなる、運動時や興奮してに少なくなる…

この事からアルファ波という脳波は、リラックスと深い関わりがある

密接な繋がりがあることが明白であると、断定してもいいでしょう。

だからそれを促す香りは、イコールでリラックスとなるのです。

どんな香りがおすすめ?

よく香りでのリラックスを求める際、どんな商品がおすすめであるか

探そうとする方は少なくありませんが、これまでの内容を鑑みると

当人にポジティブな印象のある香りであれば基本何でもOKであり

「リラックスには◯◯が適している」という縛りはありません。

つまり、自分の好きな香りであればどんなものでも有効な訳です。

だから前提として、特定の香りに拘らないことが重要となります。

極端な話その香りがスルメでもクサヤでも、自分の好きな香りなら

脳は快感を得ることになりますので、アルファ波を示すのです。

もちろん、「香りの作用」を優先して一般的にリラックス作用のある

コーヒーや花、オイル、お香などのアロマでも構わないでしょう。

ただし、それらは好き嫌いが分かれてしまうことが少なくなく

好きではない香りを、無理に嗅いだところで効果は少なめです。

だから基本的には「好きな香り」を側において、楽しみながら

リラックスをするのが最も効果的であると言えるでしょう。

なおアロマでよく使われる香りとしては…

ジャスミン

ラベンダー

ベルガモット

レモンバーム

イランイラン

カモミール

マジョラム

ローズ

クラリセージ

ゼラニウム

ベンジャミンガム

サンダルウッド

サイプレス

スイートオレンジ

グレープフルーツ

カルダモン

コリアンダー

シナモン

ジンジャー

などなど、極めて数多くありますので、選ぶ際の参考にして下さい。

さらに、シトラス系が好きなのか、樹々等のウッディ系が好きなのか

それともフローラル系なのか、ハーバル系なのかスパイス系なのか

その辺りを絞ってから選ぶと、香りを決めやすくなると思われます。

アロマが初めての方には、取っ付きにくく難しいかもしれませんが

数品試してみると、ある程度香りの系統が分かるようになりますので

後は慣れで感覚が掴めますので、とりあえずでも試してみましょう。

【まとめ】

どうして香りでリラックスを得られるのか、その仕組みについては

十分にご理解いただけたと思いますし、それが流行る理由なのです。

ちょっとオシャレ、且つセンスの良さが見えるものであることから

好きな方々は、ただの目新しいものに飛び付いたように見えますが

その背景は世の中に疲れ、癒しを求めているからなのかもしれません。