「がまんしなくてもOKな間食」とは?ダイエット中でも大丈夫なの?

人間関係

甘美な響きの間食…特にダイエット中であれば、悪魔の誘惑です。

一度誘惑に負ければ、もうそこからはずるずると転落となります。

人はどうして間食をしてしまうのでしょうか?

そして、がまんしなくてもOKな間食などはないのでしょうか?

今回は、そんな悩みを解決出来るアドバイスをしたいと思います。

どうして間食をしてしまうのか

間食をする理由…それは「食べたいから」に決まっているのですが

人は食欲なしでは生きていけませんし、人間いつだって食べたい

お腹が空けば食べたい訳で、そんな本能的な意味ではありません。

何故その気持ちに至ったのかという、そこに至るまでの問題であり

そのように思った、またそのように感じた何かしらのきっかけや

出来事があったと考えるのが自然なのです。

ではそのきっかけや出来事をご紹介しますが、頑張らないのは当然

頑張り過ぎても間食を誘発するという、残酷な結果があるようです。

1.運動を頑張り過ぎている

まず、何故人が間食をしたくなるのか、何かを食べたくなるのか…

それは身体に栄養が足りない、カロリーが足りないのが理由です。

つまり、減った分は補おうとするのが人の身体のシステムなのです。

だからダイエットのために運動を頑張りすぎたり、ハードだったり

そのような無理をし続けてしまうと、常時身体は栄養が足りない

カロリーが足りない状態となり、それを強く欲してしまうのです。

2.高GI食品の摂取頻度が高い

これまでに、一度でも「GI」という言葉を聞いたことがありますか?

これは「Glycemic Index」のそれぞれの頭文字を取った略称であり

通称「グリセミック指数」とも言い、血糖値の上昇を示す指標です。

この指数が高い食品は、基本的に消化吸収が非常に早い傾向があり

血糖値こそすぐに上昇して、一時的に満腹感は得られるのですが

短期間で空腹になりやすいので、間食を求めるようになるのです。

3.普段から食べていない

ダイエット中にありがちな出来事、失敗と言えるものなのですが

体重を気にし過ぎるあまり、1日に必要なカロリーに全く満たない

食事量で終わることで、間食ががまん出来ない結果となります。

理由は単純で、上記と同じく身体が常にカロリー不足の状態により

栄養を、カロリーを身体が必死に求めた結果、食欲となってしまい

いつも以上の強烈な空腹感に苛まされる結果となるのです。

間食はしないががまんもしない!ダイエット中におすすめな食べ物

さて、間食ががまん出来ない理由については明らかになりましたが

結局のところどのように間食をがまんするのか、その方法について

知りたいだけなのが実のところ皆様の本音ではないでしょうか?

そもそもそれが間違いで、実は間食など我慢しなくていいのです。

「がまんをする」という思考自体が、人の生命維持に反する行為で

お腹が空いたということは身体が栄養を欲している意味ですので

むしろ積極的に食べなければならないのです。

問題なのは「食べ物」であって、間食そのものではないのです。

と言うことで、以降で「がまんをしない」で済む食材の一覧を

挙げさせていただきますので、今後のダイエットの参考にどうぞ。

なお、野菜類や海藻類、魚介類などの如何にもダイエットに良い

食材は「当たり前」であることから、割愛させていただきます。

1.肉類

いきなり「え?」と思うような食材ですが、条件付きとなるものの

場合によってはダイエットの最適解になる可能性もあるでしょう。

と言うのもこの肉類、筋肉増強代謝向上に必須のたんぱく質を

豊富に含んでいることで、非常にダイエットに向いているのです。

ただし、「脂身」は除きます。

何故肉類が太るという固定観念、常識のようなものがあるのか

それは大部分を脂質で占めている「脂身」によるものなのです。

脂身の栄養構成はほぼ脂質であることから、少量は必要ですが

過剰に摂取することで無駄なエネルギーとなり脂肪となります。

言い方を変えれば、赤身であれば脂肪のような脂質はほぼなく

上記のように、たんぱく質が主たる栄養構成となりますので

ダイエットにおすすめ出来る食材となる訳です。

2.大豆製品

これも上記のように、ダイエットの「当たり前」食材であり

あえて紹介する必要があるのかと、疑問に思われると思います。

ところが多くの方は勘違いされていて、たしかに大豆製品は

ダイエットに向いている食材となりますし、それが常識ですが

日頃の食事をこれに置き換えるとどうしても食べ過ぎるのです。

ここで、大豆製品なら食べ過ぎても大丈夫と思われましたよね?

ですがこの大豆製品、案外脂質や糖質が高い事実が知られてなく

実は白米一膳(約230kcal)と300gの冷奴(約210kcal)の比較で

カロリーが肉薄していることが明るみになるのです。

まあ冷奴を300g食べるのは、なかなか骨が折れるでしょう。

ですがダイエット中で、飢えた状態で食材を置き換えてしまえば

豆腐だからつい大丈夫と多量に食べてしまうことも考えられます。

つまり、どんな食材でも食べ過ぎはいけないと言うことです。

正しく間食できればダイエットは成功できる

基本的に、これまでの内容を鑑みて正しく間食が出来るのなら

そのダイエットは、限りなく目標に近づけるものと思われます。

ダイエットを失敗する場合と言うのは、多くは知識の誤りとか

勘違いだったり、頑張り過ぎなのが大半だと言えるのです。

例を挙げるなら、ダイエットを決意したその日からいきなり

絶食をしたりカロリーの低いものばかり食べるようにしたり…

そのためにカロリー不足を招いて、間食に対する強い欲求が

自制心では抑えきれず、道半ばとなるのがパターンでしょう。

ですが今回、あなたは正しい知識を得たものと思われますので

上記のパターンとなる確率を、著しく下げられたことでしょう。

それはつまり、ダイエットの成功率が上がったということです。

【まとめ】

ダイエットが長続きせず、結局道半ばで投げ出してしまうのは

こう言っては何ですが女性あるあると言えるでしょう。

それだけ間食の誘惑は強く、さらに上記の理由に当てはまれば

もともと強い誘惑が、さらにもっと強くなってしまう訳です。

それは耐え難いものですし、がまんをし過ぎるのも問題です。

となれば、どうせ誘惑に負けるのですから間食は受け入れて

食べても何ら問題のものを口にすればいいだけの話なのです。