冠水・浸水の違いとは?それぞれの特徴をわかりやすく解説

人間関係

近年、大雨による災害が増えていますよね。

テレビのニュースでも多く取り上げられています。

その中で、「冠水」と「浸水」という言葉が出てきますが、みなさんこの

二つの違いって知っていますか?

違いは?と聞かれると、意外と「えっ・・・」となる人多いのではないで

しょうか。

そこで、今回は「冠水」と「浸水」の違いを紹介します。

また、冠水してしまった時、やってはいけないことなどもまとめましたので

災害対策として参考にしてみてください。

 冠水と浸水の違いはココ!

 

「冠水」とは、「洪水などによって、田畑や作物が水をかぶること」

という意味の言葉です。

「冠水」の「冠」という字は、「かんむり」の意味のほかに「上にかぶせる」

という意味があります。

つまり「冠水」は、「(田畑など土地の上に)水がかぶさった状態」を

指すことになります。

ですので、海や湖など最初から水に浸かっているような場所については、

「冠水」の語が使われることはありません。

具体的には、「堤防の決壊により、畑が冠水した」「大水で家の周囲が冠水した」

のように使われます。

次に「浸水」についてです。「浸水」とは、「水が入ってくること」という

意味の言葉です。

洪水や大雨などによって、建物などの中に水が侵入してくることを指します。

 「浸水」の「浸」という字は、「ひたる」「水につける」といった意味があります。具体的には、「洪水で床下まで浸水した」「大雨によって多くの家が浸水被害にあった」のように使われます。

「浸水」も、何かが水をかぶるという意味では、「冠水」と違いはありません。

違いを挙げるならば、「どこが水に浸かるか」という点になります。

浸かるのが「田畑や道路などの土地」であれば、「冠水」の語が使われ、

「家屋など建物」であれば、「浸水」の語が使われるようになっています。

 冠水したらやってはいけないこととは

 

・増水した川や用水路等を見に行く

・田んぼや畑を見に行く

・橋のそばに行く

この3つは絶対にやってはいけません。

様子を見に行きたくなる気持ちがあっても絶対に近寄ることはやめましょう。

大雨によって隠れている側溝に足をとられたり、橋が壊れて流される危険があります。

不用意な外出は避け、安全第一で行動する判断をしてください。

冠水した道路を歩くときは、普段見慣れた道でも油断せず、細心の注意を

払う必要があります。

長い棒や傘などを持ち、道を探りながら一歩一歩ゆっくりと歩くようにしましょう。

大人も子どもも水深が膝より高い位置に達するとと水に流される危険が高まります。そのため深が膝よりも高くなる前に避難することが重要です。

また、避難の際はできる限り複数人で行動しましょう。


冠水した道路では、普段見えているマンホールの蓋や用水路、側溝が

見えなくなってしまっているため、足を滑らせたり用水路などに落ちてしまう

可能性があり、大変危険です注意しながら歩きましょう。

冠水した道を運転していた場合、車のエンジンが停止し、水圧で扉を開ける

ことができず立ち往生してしまうケースも想定されます。

アンダーパスや、道路がえぐられている電車ガード下の道路といった、

いわゆるスリバチ状の道路に水たまりが発生している場合は、絶対に入らず、

引き返しましょう。

また、自分の車が水に浸かった時の対処方法を知っておくことも大切です。

最近では、車で避難中に車が水に浸かってしまったという事故も起きています。

車は水没してしまうとマフラーが塞がれ、排気も空気の取り込みもできません。

こうなると次第にエンジンの調子は悪くなり、最終的にはエンストしてしまいます。

さらに怖いのが、エンジンに吸気を行うエアクリーナーへ水が入り込むことです。

大量の水分を含んだ空気は、エンジンがガソリンと空気を圧縮できず、

燃焼が起こりません。

そのため突然車が停止してしまいます。こうなってしまうと、再びエンジンを

かける事は不可能になります。

≪車に閉じ込められたら≫

運転中に冠水して車内に閉じ込められた場合どのように対処するのが

いいでしょうか。

1:エンジンを必ず停止させる

 感電を防ぐためにまずは必ずエンジンを停止させましょう。

 車はすぐには沈まず、4~5分ほどかけて徐々に水が入ってきます。

 慌てずに落ち着いて行動することが大切です。

2:シートベルトを外す

 次にシートベルトを外して脱出の準備をしましょう。車内に老人、子供、

 ペットなどがいる場合は素早く前の座席へ移動させて抱きかかえ、

 先に脱出させられるようにしましょう。

3:脱出する

 ドアの半分くらい(約60センチ)が水に浸かってしまうと、水圧の影響で

 通常の5倍の力でないとドアが開かなくなります。

このような場合は、窓からの脱出を試みます。浸水の度合いによっては

パワーウィンドウが動く場合もありますが、水による電気系統のトラブルで

開かなくなる場合がほとんどで、こうなると窓ガラスを壊すしかなくなります。

窓ガラスを壊す際は、必ず両サイドか後方の窓を壊しましょう。

フロントガラスは合わせガラスでできているのでひびが入る程度で割ることが

できません。

そして車のガラスは割れにくくできていますが、窓ガラス破壊用のハンマーが

あればすぐにガラスを割って脱出することができます。

万が一のために常備しておくようにしましょう。

もしハンマーもなく取り残された場合も、外の水位との差が小さくなった

時を狙って窓を開けることができます。

かなり車内に水が入った状態の水没する寸前に息を吸い込んで

ドアを押し開けることになるので、これは最後の手段になります。


脱出する際は、子供、老人、ペットを優先して車外へ出します。

窓からの脱出は仰向けになり、背中側から外へ出るようにすると脱出しやすいです。

JAF(日本自動車連盟)が水没車両脱出の疑似体験動画を公開していますので、いざという時のために観ておくのもいいでしょう。

まとめ

「冠水」と「浸水」の違いは分りましたか?

どちらにしても、水の被害が出ている時には、「冠水した時やってはいけないこと」

で紹介したような行動は絶対にしないようにしましょう。

避難するときも安全を確認しながら、早めの行動が命を守るために

大切です。