冠水と浸水は何が違う?それぞれの意味を調べてみた

人間関係

冠水と浸水の違いは何か知っていますか?冠水と浸水の意味や水害が起きたときの対処方法などについてわかりやすく紹介します。

「冠水」と「浸水」それぞれの違いとは

冠水

洪水などで田畑や作物が水をかぶること」いう意味の言葉で、読み方は、かんすいになります。

冠水の「冠」という字は、「かんむり」の意味のほかに「上にかぶせる」という意味があり、「冠水」は、水がかぶさった状態を指すことになるため、海や湖など最初から水に浸かっているような場所は、「冠水」の語が使われることはありません。

「堤防の決壊により畑が冠水した、大水で家の周囲が冠水した」のように使われるようです。

「冠水」は、新聞などの報道や書籍中で用いられる言葉で、普段の会話において使われる機会は多くありません。

浸水

水が入ってくることという意味の言葉で、洪水や大雨などで建物などの中に水が侵入してくることを指します。読み方は「しんすい」です。

「浸水」の「浸」という字は、「ひたる、水につける」といった意味があります。

具体的に「洪水で床下まで浸水した、大雨によって多くの家が浸水被害にあった」のように使われ、何かが水をかぶるという意味は「冠水」と違いはありません。

違いを挙げるならば、どこが水に浸かるか、浸かるのが「田畑や道路などの土地」であれば、「冠水」の語が使われ家屋など建物であれば、「浸水」の語が使われます。

道路が冠水してしまう原因は?

原因は地形で地形が凹んだ形をしているため、周囲より低い場所であれば水が溜まっていまい、通常の雨でできる水溜りの例がわかりやすく水溜まりは、平坦な場所ではなく少し凹んだ場所にでき冠水はそれが拡大した物で原因は排水処理が追いつかないことです。

道路の歩道脇に排水口が走っているのは、あまりにも雨の量が多く排水口から流れていくまでに時間がかかるとそれは蓋をされているのと同じです。

流れていきますがその瞬間は水が溜まり続け、冠水状態になるため、排水しきれないほどの雨が降ることそんな規模の雨が頻繁であることも原因の一つと言えます。

冠水しやすい場所

道路の下に埋められている下水管や雨水管で溜まった雨水を出しますが、短時間でたくさんの雨が降るなど、処理能力を超える水量が流れ込んだときに、地表に溢れ出して冠水しますがその水害を都市型水害と呼びます。

都市型水害が起こるもう1つの理由は、ヒートアイランド現象や地球温暖化などがあり、原因で集中豪雨や異常気象が起こるため、下水管や雨水管の処理能力を超える雨が降ってしまうが都市型水害の増加に繋がっています。

冠水しやすい道路は舗装路、周囲よりも一段低い場所です。

冒頭のアンダーパスは真っ先に冠水しやすい場所で、周囲よりも一段低い場所として「海抜ゼロメートル地帯」という場所もあります。

開発が進んだ沿岸の地域で地面の標高が満潮時の海水面よりも低くなっている地帯のことで、場所も大雨や台風のときに水が溢れやすくなる可能性があります。

冠水している場所はどんな対応をしたらいい!?

道路が冠水していることが目で見てもわかるようなときは、近寄らないようにして道路に溜まっている水は、泥などによって濁っていることが多く、冠水したなかの様子や深さがわからないため危険がある可能性があります。

冠水した道路に侵入したときは、できる限りゆっくりと進むこと、アイドリングストップをオフにしておくことが大切です。

JAFが実際にテストした結果は冠水した道路を走るときら、速度を上げて一気に走り抜けるよりゆっくり慎重に進んでいった方がエンジン停止しにくいです。

速度を上げて進入すると跳ね上がった水が吸気口や排気管などからエンジン内部に入り、エンジンが止まる可能性があります。

水害から身を守る方法は?

長靴ははかない。

避難をするときは靴を履く必要がありますが長靴をはかないようにしましょう。

水が入って重くなると動きづらくなるため、紐がついている運動靴などで避難しましょう。

長い棒を使う。

浸水時の避難は危険だ水の中を歩かなければならない時は、長い棒を頼りに歩いて側溝やマンホールにはまらないように長い棒で確認しましょう。

持ち物はリュックに入れて両手が使えるように移動しましょう。

膝上浸水での避難は危ない。

水の中で人は思った以上に歩けないため大人でも歩くことができません。

浸水が50cmを上回る場所での避難行動は危険なため、流れがはやいときは20cm程度でも歩くことができません。

用水路などがあるときは10cm程度で、転落する可能性があるため注意が必要です。

避難ができないとき高いところに逃げる。

災害が起きそうなときは、近所の体育館や公民館に避難するだけではなく、外が真っ暗だったり、浸水が深く避難するのも危ないときは、上の階や頑丈な高い建物に避難することが大切です。

垂直避難とは土砂災害の可能性もあり、山からできるだけ離れた部屋を選び、最低限の安全を確保する。

予防的避難をする。

避難勧告や指示が出たときは落ち着いて避難することが大切です。

河川の氾濫や土砂崩れは一瞬で起こるため、避難勧告が出たときに避難が間に合わないことがあり、危険が差し迫る前に自治体が指定する避難場所に住民の避難を促す「予防的避難」もあります。

まとめ

・冠水と浸水は全く違うため意味を間違えないようにしましょう。

・冠水、浸水などが起こったときに予防できることをする。

冠水と浸水は全く違う意味なので、しっかりと言葉の違いを理解することが大切です。

水害から身を守るために自分ができること、海や山から遠い場所に逃げる、高い場所に逃げるなどをして、自分自身が被害に合わないように気をつけましょう。