乾燥肌の子供の一番の肌トラブル!かゆみを防ぐための対策方法

人間関係

子どもの乾燥肌に悩んでいるお母さんは多いと思います。
大人に比べて肌が弱い子どもには注意が必要です。

肌が乾燥してしまうと、かゆみが出てまだ我慢できない子どもはかいてしまいます。
その行為がさらなる肌トラブルに繋がってしまいます。

ここではそこかゆみを防ぐための方法を紹介します。

子どもにとっても乾燥肌からくるかゆみはとてもつらいです。

石鹸やクリームはその子によって合う、合わなうがあります。
子どもに合った石鹸やクリームを早く見つけて乾燥肌を改善しましょう。

乾燥肌の子供のための石鹸の選び方・使い方

乾燥肌を予防するのに石鹸選びは大切です。
石鹸には固形や液体など種類があるので迷ってしまいますよね。

無添加の石鹸を選びましょう。
無添加なら安全で肌トラブルも少ないでしょう。

乾燥肌に悩んでいても保湿と書いてある石鹸よりも無添加と書いてある石鹸を
選ぶといいでしょう。
無添加の石鹸で肌トラブルをなくすことが大切です。

ゴシゴシ洗うというよりは石鹸の泡で優しくなでるように洗いましょう。
泡立ててたくさんのあわで洗うためには固形石鹸を泡立てネットで泡立てる方法が
お勧めです。
液体石鹼よりも泡立ちが良く、さらに泡立てネットを使うことでキメの細かい泡を
作ることが出来ます。
キメ細かい泡で洗うことでゴシゴシしなくても毛穴の汚れまでしっかりとれます。

洗うときは手かガーゼで洗うといいでしょう。
ナイロンタオルなどで体をゴシゴシしてしまうと乾燥肌の原因になってしまいます。
医師によっては洗いすぎは良くないと発言している人もいます。

ボディーソープがよくない理由は無添加ではなく
いろいろな成分が混ざっていることが多いからです。
ボディーソープを出す時に泡になって出てくるものもありますが泡立てネットを使った
場合と比較するとキメ細かさがたりません。

子供の乾燥肌をきちんとケア☆かゆみに効くクリーム3選

かゆみをまだ我慢できない子どもにはかゆみに効果のあるクリームを塗り
乾燥肌が悪化しないようにしてあげることが大切です。
お風呂あがり保湿クリームでしっかりケアしてあげましょう。

ここではお勧めの保湿クリームを紹介します。

保湿クリームには2種類あります。
皮膚をクリームで覆うことで水分が蒸発してしまうのを防ぎます。
自分からでた水分を逃がさないようにしてくれます。
このクリーム自体は保湿効果は少ないですが、皮膚への刺激が少ないことが特徴です。

もう1つは皮膚を保湿し潤いをあたえ、その蒸発も防ぐ保湿クリームです。
クリームに保湿する成分が多く入っているので、塗るとすぐに保湿が出来ます。
先ほど説明したクリームでは保湿しきれないほどの乾燥肌の方はこちらの
保湿クリームをお勧めします。

①サンホワイト

ワセリンの高品質バージョンがこのサンホワイトになります。
ワセリンより不純物が少なく子どもも安心して使えるのがメリットです。
この保湿クリームは皮膚をクリームで覆うことで水分が蒸発してしまうのを防ぐ種類です。
インターネット上で購入することが出来るので簡単に手に入るとこも
メリットの1つになります。

②プロペト

肌が弱い赤ちゃんでも使える保湿クリームで、皮膚科で処方してもらえます。
元は石油からできており、不純物や刺激物を取り除いた非常に純度が高いです。
眼科でも使われている保湿クリームなのでもし眼に入ってしまっても大丈夫なので
安心して顔にも塗る事が出来ます。
塗る回数は決まっていないので、取れてしまった場合何度でも塗りなおすことが可能です。

③ヒルロイド
皮膚に潤いを与える保湿クリームになります。皮膚科で処方してもらえます。
先ほど説明したサンホワイト、プロペトではなおらない酷い乾燥肌の人には
ヒルロイドがお勧めです。
眼や粘膜、傷には絶対に濡れませんが赤ちゃんにも塗る事が出来ます。

このようにたくさんの種類があるので、乾燥肌の程度で保湿クリームを選択しましょう。
肌に合う保湿クリーム見つけることも大切です。
保湿クリームにはそれぞれ特徴があるのでそれを知ることも大切になってきます。

さいごに

乾燥肌には無添加の固形石鹸が適しています。
泡立てネットを使いきめ細かい泡を作りましょう。
その泡を使い、手やガーゼで体をあらいましょう。
ゴシゴシあらう必要はまったくありません。汚れは十分おとすことが出来ます。

ゴシゴシ洗ってしまうと乾燥肌の原因になるので注意しましょう。

保湿クリームには2種類あります。
皮膚をクリームで覆うことで水分が蒸発してしまうのを防ぐものと
それではよくならない乾燥肌に使う皮膚を保湿し潤いをあたえ、その蒸発も防ぐ
保湿クリームがあります。

乾燥肌の酷さによってどちらを使うか選択しましょう。
自分では難しい場合は皮膚科にかかって医師に相談してみるのもいいでしょう。

病院へいく時間がない人は先ほど紹介したサンホワイトのように
インターネット上で購入出来る保湿クリームがお勧めです。

たくさんある保湿クリームを早く見つけることが大切です。
乾燥したままにしておくと、かゆみが出てきてかいてしまうと今よりどんどん悪化してしまいます。
そんなことにならないために、まずは明日からでも出来る洗い方を変えてみましょう。