ちゃんと説明できる?自転車操業の意味とは

人間関係

会社で働いているときなどに「自転車操業」という言葉を聞いたことがある人もいると思います。
なんとなく意味は分かっていても詳しく説明出来ない人も多いと思います。
自転車操業とは会社の経営がなかなか上手くいかない状況です。
日々の資金繰りに苦労しており、お金を借りては返して、また借りてという方法でお金を用意し会社を運営してる状況です。

自転車はペダルをこぐのを辞めてしまうと倒れてしまいます。
その状況をお金を借りて返してを繰り返している状況と同じなのでそのような言い方をするようになりました。
自転車操業の会社はつまり倒産をかろうじてまのがれている状態です。

自転車操業は会社の経営状態だけでなく、家計の状況をあらわすときにも使われる言葉です。
毎月お金がギリギリで借金をしてしまい…返してもまた借りなくては生活していくことが出来ない状況のことを言います。

このような状態をあらわす言葉が自転車操業以外にもあります。
例えば経済苦や金銭難などです。どれもお金がなくてその状況に苦しんでいる様子をあらわしています。

自転車操業の類語や言い換え

お金がなく借金してしまったことで、借りては返してを繰り返しながら会社を経営したり家計をまわしている状態のことを言います。
辛い状態ですが…1度このような状態になってしまうとなかなか抜け出すことが出来なくなってしまいます。
このような状態をあらわす言葉が自転車操業以外にもあるので紹介します。

①経営苦

会社の経営が苦しい状態をあらわしています。
仕事がなくて困っているというより、資金面で苦労しているという意味が強いです!

②金銭難

必要となるお金が足りず苦労している様子をあらわしています。
会社の経営もですが家計の様子もあらわすことが出来ます。

③四苦八苦しながら

なんとか都合をつけながら、無理を重ねながらお金を集めて会社を経営している状態をあらわしています。

自転車操業のトリビア情報いろいろ

自転車操業はとても怖いことです。会社を経営していないから大丈夫というわけではありません!
個人が生活の資金繰りに困って自転車操業になってしまう可能性もあります。
どうしてもお金が必要…しかし今準備出来るお金がないと借金をしてしまうことは実際珍しいことではありません。
しかし1度借りてしまうと利子がついてしまったり、また借りればいいやと思ってしまうとさらに状況が悪化してしまいます。

借り続けている状況が続いてしまうと毎月利子分の支払いだけ行い、また借りるという最悪な状況になってしまいます。
返しているのでいいと思ってしまうかもしれませんが…借りている金額は減っておらず、さらにまた借りているのでどんどん増えていきます。

なんとか会社を経営出来ていても、なんとか生活出来ていてもこの自転車操業をやめることが出来ない状況を作り出してしまいます。
自転車操業をやめると借金だけが残ってしまいどうして良いか分からなくなってしまうのです。

会社をやめるタイミングはしっかり見極めることが大切になります。
「親の大切な会社だから」「昔はかなり儲かっていたからまたそうなる時がくる」「従業員が困ってしまうから」などの考えることはたくさんありますが自転車操業になる前に判断しましょう!

自転車操業になってしまった場合はまず毎月利子だけでなく、借金そのものを返済していくことがとても大切になります。
自転車操業から抜け出すにはその方法しかありません。
その後の自分の人生や家族の人生、従業員の人生などを考えることで正しい判断が出来るかもしれません。

家計のやりくりで困っている主婦もたくさんいると思います。
働きたくても子どもが小さくて働くことが出来ない時期もあるので旦那の収入に頼ることになってしまいます。
全然貯金ができなくて毎月赤字になってしまいどうしていいか悩んでいるときは夫婦で話し合うことが大切になります。
同じ財布を使ういじょう2人で出来る節約をしていくことが大切です。
1人で節約!節約!と思っていても…なかなか思うように出来ないとストレスになってしまいますよね。

夫婦で話し合ったときに明確な目標を立てることが大切です。
10年で500万円など金額を決めることで毎月の目標が出来ます。
達成するために2人の出来ることをかき出し実践してみましょう!

まとめ

自転車操業とは。日々の資金繰りに苦労しており、お金を借りては返して、また借りてという方法でお金を用意し会社を運営してる状況です。
自転車操業は会社の経営状態だけでなく、家計の状況をあらわすときにも使われる言葉です。

自転車操業の類語は以下の通りです。

①経営苦
②金銭難
③四苦八苦しながら

自転車操業はとても怖いことです。
借り続けている状況が続いてしまうと毎月利子分の支払いだけ行い、また借りるという最悪な状況になってしまいます。
借金そのものを返済していくことがとても大切になります。
自転車操業から抜け出すにはその方法しかありません。

家計の自転車操業に悩んでいる場合は夫婦で話し合い、抜け出すために2人で頑張りましょう!
明確な目標を決めて取り組むことが大切です。