自転車操業はこんなにヤバイ!会社が火の車状態になってしまったら

人間関係

会社の経営が自転車操業…これからどうしていくべきなのか悩んでしまいます。
ここでは自転車操業になってしまう原因をいつくか紹介します。
自分の会社に当てはまる項目がないか考えてみましょう。
原因をしっかり認識することで改善の可能性が出てきます。

自転車操業から脱出するための方法も紹介します。全ての会社が紹介した方法で脱出できる訳ではありませんが、何かの手掛かりになると思います。
自分1人で悩んでしまうとなかなかいいアイデアが出ない場合、どんどん悩んでしまいます…
誰かのアドレスを聞くことで楽になったり、誰かに話すことでも楽になると思います。

自転車操業からの脱出はできるのか!?会社の資金繰り改善方法

会社を経営している人は自転車操業という言葉を知っている人は多いと思います。
これは資金の借り入れと返済を繰り返しながら行っている経営のことを言います。
この状態をなぜ自転車に例えるのかと言うと自転車は漕ぎ続ける前へ進むことができ、そうしなければ倒れてしまいます。
借り入れと返済を繰り返さないと会社が倒産してしまう状態と似ているためこのような表現を使います。

会社経営をしていて自転車操業状態の場合、その状況から脱出したいと誰もが思います。
中には自転車操業から本当に脱出できた会社もあります。そのためには原因をしっかり理解することが大切です。
自転車操業になってしまっている原因はいくつかあります。

①売掛金の回収時期と支払いの時期がことなっている

今月の売掛金を今月回収するのではなく来月回収するという会社がとても多いです。
しかし支払いは今月きてしまうと売掛金は入っていないため、支払うお金がなく資金を借り入れなくてはいけない状況になってしまうのです。

②そもそも資金不足になっている

そもそも会社の資金が不足してしまう状況になってしまう理由はいくつかあります。
1、会社の売上が少ない
2、商品を値下げし過ぎている
3、過剰な設備投資にお金を使っている
4、借り入れ金が多すぎる
5、原材料が高くなってしまった
6、取引相手が倒産してしまった

自分の会社がどの原因で自転車操業になってしまっているかを見極め、それを改善し回収できる金額の中で支払いを行えるように変えていくことが大切になります。
そのためにはどのくらいの金額が回収出来て、どのくらい支払いがあるのかを表などを作り一目でわかる方法で把握することが大切になります。
他にも在庫の管理も重要なのでこれも分かりやすくしましょう!
設備投資も必要な時は行うべきですが、その前にしっかりとした計画を行うことが重要になります。
このような方法で会社の資金繰りを改善していきましょう!

自転車操業からの脱出をするために必要な3つのこと

自転車操業から脱出するために必要なことを紹介します。
脱出するためには行動することがとても大切です。
悩んでいるだけでは解決しないので、出来ることからはじめていきましょう!
自分だけではどうにもならない事もあるので、家族にも協力してもらい会社を立て直していきましょう!

①支払いを最小限にする

おさえることが出来る支払いを見つけることはとても大切なことです。
支払いを減らすことで会社の経営は楽になってくると思います。
まずは無駄な支払いがあるかを徹底的に調べることから始めましょう。それを見つけることが出来たら、改善していきます!
会社の支払いをこのようにおさえることも大切ですが、家族に協力してもらい会社のために節約してもらうのも大切なことになります。
家族にも今の状況を理解してもらい一緒に頑張ってもらいましょう!
家庭で節約できることもたくさんあると思います。
家族みんなで取り組むことで大きな節約に繋がってくると思います。

②支払いはなるべくその場で行う

少しずつでもいいので、購入したときに現金で払えるものは払っていくようにしましょう。
すべてまとめて請求にすると請求額も大きくなってしまい、支払うときにお金がないという状況になってしまいます。
それを少しでも少なくすることで楽になってくると思います。
少ないことで把握も簡単になるのでどのくらい請求がくるのか分かるようになり、支払いの見通しを立てることが出来ます。

③原因をしっかり理解する

先ほども少し紹介しましたが、自転車操業になってしまっている原因はいくつかあります。
自分の原因は何なのかしっかり把握することで、ようやく改善することが出来ます!
原因を間違えてしまっていてはいつまでたっても脱出することは出来ません。
原因がいくつもある場合があります。
いっきに改善出来ればそれが1番いいですが、それが難しいのであれば原因の順位をつけることも大切です。
順位が高いものから解決していきましょう!

まとめ

会社の資金繰り改善するためには、このような状況になってしまっている原因を知る事がとても大切になってきます。原因はいくつかあり、それは以下の通りです。

①売掛金の回収時期と支払いの時期がことなっている
②そもそも資金不足になっている
資金不足になっている原因は以下のようなものがあります。
1、会社の売上が少ない
2、商品を値下げし過ぎている
3、過剰な設備投資にお金を使っている
4、借り入れ金が多すぎる
5、原材料が高くなってしまった
6、取引相手が倒産してしまった

自転車操業からの脱出をするために必要な3つのことは以下の通りです。
①支払いを最小限にする
②支払いはなるべくその場で行う
③原因をしっかり理解する

会社の問題を改善していきましょう!