自転車保険の義務化って全国なの?入るならどれ?

人間関係

近年自転車の事故が問題に上がることが増えましたよね。

自転車で相手に怪我を負わせてしまったり、最悪の場合死亡事故に

なることもあります。

事故を起こして、相手を傷つけてしまった場合、賠償金を支払う

ことになります。

その金額が多額だった場合、支払いに頭を抱えてしまいますよね。

そんなとき、必要になるのが自転車保険です。

「自転車保険の義務化」なんていうニュースは耳にしたことあるでしょうか。

え?自転車保険って全国どこでも義務化になったの?と焦りますよね。

まだ、全国義務化ではありませんが、地域によっては義務化のところも

あるんです。

それに、自転車保険ってどんな会社でやってるの?

どんな保険があるの?

保険についての疑問もありますよね。

そこで今回は、自転車保険の義務化についてと、色々ある自転車保険を

わかりやすく表でまとめてみました。

安い掛け金で加入できる自転車保険も紹介しているので、自転車通勤の方

自転車を乗るお子様を抱える方は必見です。


一目でわかる自転車保険比較表

自転車保険の義務化とは、各地域が定めた「自転車の安全利用に関する条例」の

中にある取り組み項目の一部です。


 自転車事故による被害者の救済と、加害者の経済的負担を軽減することを

目的として、自転車保険に加入するように条例で義務づけたものなんです。

自転車事故で相手にケガをさせてしまった場合、加害者にとっては

治療費や休業損害などを相手方に賠償できるように、また被害者にとっては

十分なケガの治療や日常生活を送るための補償を受けられるように、保険に

加入することを目的としています。

2020年4月現在加入を「義務化」している自治体は、北海道、東京都、埼玉県、神奈川県、京都府、大阪府など、16の自治体です。

他にも、加入を「努力義務」としている自治体は、茨城県、千葉県、富山県、

熊本県など、10の自治体です。

自分が住んでる自治体がどのように取り組んでいるか確認してみましょう。

では、「義務化」されている場合どうしたらいいのかですが、自転車に乗っている

時の事故で「相手への賠償ができる保険」に加入してあれば条例に対応ができます。


 今「自転車保険」として販売されているものはこの「相手への賠償」に加え、

「自分のケガ」も補償されているものが多いですが、大切なのは「相手への賠償」

です。

自転車保険とは、自転車に乗っているときの事故の「自分のケガ」と「相手への賠償」を補償する保険です。


「自分のケガ」は、通院・入院をしたときにその日数分の保険金が受け取れ、

手術をしたとき、また後遺障害・死亡の場合には一定額の保険金を受け取れる

ものが一般的です。


「相手への賠償」は、相手にケガさせてしまったときの治療費や慰謝料、

相手のモノを壊してしまったときの修理費用など、賠償金額が支払われます。

上記2つの補償を合わせた自転車保険が一般的ですが、自分のケガの補償範囲を

絞ったもの、ケガの補償がついていないものなど、補償を少なくして保険料を

抑えたものもあります。

色々あってどんな補償が必要かわからない方のために、自転車保険選びのポイント

4つ紹介します。

1. 賠償責任の金額

賠償責任の保険金額は必ずチェックしましょう。

1億円近い賠償責任を負う事例もあります。保険金額は1億円以上あると安心です。

2. 自分のケガへの補償

自分がケガをして入院・手術・通院をしたとき、また後遺障害や死亡したときの補償がついているタイプと、ついていないタイプがあります。

3. 自転車事故以外も対象はあるか

自分のケガへの補償は、自転車以外の交通事故も対象になるものが一般的です。

相手への賠償も自転車以外の日常の事故を対象としている物が一般的です。


自分のケガや相手への賠償を「自転車事故のみ対象」として、保険料を割安にしたものもあります。

  • その他オプション

事故を起こしてしまったとき、相手方と保険会社が交渉してくれる

示談交渉サービスや、事故や故障で自転車が自走できないときに

利用できるロードサービスがついているものもあります。

以上の4つを参考に自転車保険を選んでみてくださいね。

では、いくつかある自転車保険を表にして紹介します。

保険会社 保険名 特色
損保ジャパン日本興亜 サイクル安心保険     家族全員をサポート 損害賠償責任1億円の充実な補償 安心の「示談交渉サービス(日本国内のみ)」 加入の年齢制限なし  
楽天損害保険 サイクルアシスト(傷害総合保険) 保険料は年間2,670円から 月々わずか約223円 賠償責任を1億円1億円まで補償 交通事故によるケガを補償 自転車事故以外によるケガも補償 保険料は楽天ポイントでも支払い可能  
au損害保険 自転車向け保険 Bycle(スタンダード傷害保険)掛捨て型   保険料は月々340円~のお手頃価格 自転車を無料搬送(50kmまで無料搬送)
自転車ロードサービスが付いてくる 突然のトラブル等で自力で走行できなくなった時も安心   24時間365日対応 自転車事故は保険金が2倍に! 交通事故によるケガを補償
さらに自転車事故の場合、自身のケガの保険金を 2倍お支払い 「個人賠償責任補償」は全てのコースで 保険金額2億円以上!  
三井住友海上 自転車向け保険「ネットde保険@さいくる」(自転車保険(交通傷害))   事故の相手への賠償保障最大3億円まで 保険会社による示談交渉サービス付き 自転車・交通事故の怪我の補償つき  
ジャパン少額短期保険株式会社 自転車あんしん保険「ちゃりぽ」スタンダードプラン   月額260円~ 入院保障 通院補償 個人賠償責任 1000万円  

自転車を乗る年齢や乗る頻度によって、最適な保険を選んでくださいね。

 自転車保険に少しでも安い掛け金で入りたいならこちら  

自転車は乗るけれど、頻度は少ない。

または、自動車保険や医療保険などでお金がかかる分、自転車保険は

安く抑えたいという方も多いですよね。

そんな方のために、安い掛け金の自転車保険をまとめました。

①全日本交通安全協会・自転車保険制度「サイクル安心保険」(プランB) 

保険料はひと月あたり221円です。

1億円の個人賠償補償と入院保険日額2,000円、死亡後遺障害補償1,000万円の

プランです。

自転車事故限定しているため保険料を抑えられています。

入院保険と死亡後遺障害補償は本人のみですが、個人賠償補償は家族も対象です。

②楽天損保「サイクルアシスト」(基本タイプ) 

保険料はひと月あたり223円です。

相手にケガをさせた場合の個人賠償補償が1億円、自身がケガをした場合の

入院補償が日額2,500円ついた補償です。

 

個人賠償補償は同居家族も対象となるため、自転車保険の義務化に家族で費用を

抑えて対応されたい場合におすすめです。

 

③モンベル「モンベルの自転車保険」(スタンダードプラン)

個人賠償補償1億円、死亡後遺障害補償100万円に事故の日から365日以内の

費用が100万円程度補償される傷害医療費用保険金がついています。

個人賠償補償は家族も対象です。

 

④ちゃりぽ「自転車あんしん保険」(あんしんプラン)

個人賠償補償1,000万円(示談代行サービスなし)、入院保険日額6,000円、

死亡後遺障害補償300万円と、個人賠償補償の金額をおさえて、ケガの保険を

しっかりつけたい方にはおすすめです。

⑤JCB「JCBトッピング保険自転車プラン」

JCBカードの自転車保険「JCBトッピング保険」の自転車プランです。

保険料は月あたり280円です。家族全員が補償されるのが特長です。

まとめ

車の保険は加入が当たり前のイメージですが、これからは自転車保険も

当たり前になっていきます。

自転車事故はするのもされるのも避けたいですが、もしもの時に備えて、

自転車保険の加入をおすすめします。