偉人たちの健康診断(7月18日)ペリー酒と痛風!渡邊あゆみ

2019年7月18日(木) 20: 00~21: 00にBSプレミアムで放送予定の
『偉人たちの健康診断「ペリー来航 酒と痛風の日米交渉」』について調べました

テレビ番組『偉人たちの健康診断』とは?

2017年2月に放送された歴史特番「歴史×健康バラエティ 偉人たちの健康診断」が好評を得
て、同年 10月からレギュラー放送がスタートしました。
“健康のヒントは歴史にあり”をモットーに、歴史上の偉人が送って来た日常生活・病歴・健康スタ
イルを取り上げます。

一度は聞いた事がある様な歴史的人物が“どんな病気を患っていたか?”
という観点から掘り下げていき、彼等が生活の中で実践してきた方法を知り、自分達が“元気に
長生きしていく”為の秘訣を模索していきます。今までの例を取り上げますと、戦国の武将・武田
信玄は温泉好きで、戦での刀傷を温泉で癒やした事が伝えられました。

出演は先ず関根勤さんで、過去に大病を患い“健康の大切さ”を痛い程に実感されたそうです。
もう1人は、バラエティーや情報番組でお馴染みのカンニング竹山さんで、実は普段からとても
健康に気を遣われているそうです。そんな出演者の方々の“健康”トークも見逃せません!

巧みな“接待合戦”が行われた、歴史的瞬間

嘉永6年(1853年)、米海軍提督マシュー・ペリーが米国の艦船4隻を率いて日本に来た出来事が『黒船来航』です。
更に、大砲で威嚇した事からの『砲艦外交』により、「日米和親条約」を結んだと言われています。
しかしその背景には、日米双方による“接待”が行われていた様です。
相手の意見や考えを変えてしまう“接待”の仕組みとは…⁉
この時代から、激論・討論がなされていたのでしょうか?この出来事から「明治維新」まで、日本では『幕末』と呼ばれるまでになったので、よほど時代が変わるかの瀬戸際だった事が伺えます。

今でいう国のトップの意見が変わるぐらいだったので、かなり巧みな話術だったのかもしれません。

現代人とも共通がある病気や悩み…

黒船を率いた“歴史的事件”の裏でペリーは、“痛風”という持病を抱えていました。
彼は帰国後、その長年患っていた痛風により、命を落とした可能性が浮上しています。
今回明かされた、ペリーの持病からピックアップする焦点を広げていきます。
すると、“(ビール等の)プリン体のあるものを避ければOK”というのは“間違い⁉”といった、これまでの痛風に関する常識が覆されていきます…。
時代やこそ全く違うものの、歴史上の人物も同じ人間ですので、健康に気を遣った事に変わりはないと思います。
そのうえ、彼等の病歴や“健康法”を知る事によって、時代が繰り返されてきているのかなと思います。
(昔から行われたやり方が、現代に至っていると)

「歴史秘話ヒストリア」(NHK総合)もそうですが、同番組の司会を務めておられる、アナウンサー
の渡邊あゆみさんの落ち着いた口調がスッと耳に入りますね。
騒がしくない内容で、テンポ良く番組が進んでいく様に思えました。

番組への評価(過去の放送からの評価を掲載させて頂きました。)

Twitter①

Twitter②

Twitter③

Twitter④

Twitter⑤

Twitter⑥