家でもクリスマスイルミネーションを楽しみたい!準備の仕方は?

クリスマス

クリスマスといえばイルミネーションですよね!

夜の暗闇にイルミネーションがあると、とてもきれいで見ると心が温まると思います。

それに自宅にイルミネーションをすることで子どもが喜んでくれること間違いなしです。

ここでは家でクリスマスイルミネーションを行う場合に何を準備すればいいかなど詳しく説明します。

これを読んでから準備を行いましょう。

準備さえ行えば飾りつけは子どもも一緒に楽しみながらワイワイと行うことが出来ます。

そして心配なのがイルミネーションを行うためには必要不可欠な電源です。

家でクリスマスイルミネーションを行う際の電源は外になければ室内のコンセントを使うことが出来ます。

またソーラーパネルの付いた電飾も発売されているので検討してみて下さい。

クリスマスイルミネーションを家でするときに準備するもの

ではクリスマスイルミネーションを行う際に必要なものを紹介します。

まずはどこに電飾を飾るかを決めましょう。

室内の場合はコンセントの近くだと楽に進めることが出来ます。

屋外の場合は屋外用の防水型のコンセントが近くにあれば言う事ありません。
しかしない場合はエアコン用の穴などから電線を通すことで室内のコンセントを使うことが出来ます。

電飾を飾る場所が決まったらそこのサイズを測りましょう。

次は電飾選びです。
飾る予定の場所に合う電飾を選ぶのがポイントになります。

今は花の形になっている電飾やいろいろな色になる電飾などたくさんの種類があります。

主に使われる電飾のタイプはストレート、チューブ、ネット、ナイアガラタイプになります。

組み合わせて使うことでとても可愛くなります。

LEDタイプの電飾を購入することで電気代の節約にるのでおすすめです。

他にもコンセントのつなぎ目に巻くことで水の侵入を防いでくれる融着テープも必要です。
ホームセンターなどで購入可能です。

結束バンドも電飾を固定するのに使います。

高い場所の飾りつけには脚立が必要になります。

イルミネーションはキラキラ光るところを見て感動するものですが
それだけでなく飾っている時も光を付けた瞬間のことを想像し楽しくなります。

イルミネーション初心者の方はいきなりたくさんの飾りをするのではなく
無理ない程度の範囲で始めるのがおすすめです。

そして毎年少しずつ増やして、毎年イルミネーションを楽しみましょう。

来年はどうしようか考えるのが楽しくなり
クリスマスイルミネーションを毎年の行事にすることが出来ます。

クリスマスイルミネーションを家でするとき電源はどうする?

クリスマスイルミネーションを楽しむには電源が必ず必要です。

外にコンセントがある場合はそれを使いましょう。
しかし外にコンセントがない家庭は多くあると思います。

その場合は室内のコンセントを使えば大丈夫です。

室内まで延長コードを使って延ばす必要があります。
その延長コードはエアコン用の穴や換気口を利用して室内に入れしょう。

窓などを使って室内に入れると隙間があくので危ないですが
エアコン用の穴や換気口を利用することで防犯上も安全です。

延長コードは外で使って雨に濡れても大丈夫なようにされていますが
接続部分に水が入ってしまわないようにする必要があります。

漏電や感電してしまう可能性があるからです。

その時に役立つのが融着テープになります。
接続部分にしっかりとまいておきましょう。

さらに防雨対策用のコンセントカバーをつけておくと安心です。

電気をいつもよりたくさん使うのでブレーカーがおちてしまう可能性があります。
それを防ぐために使うコンセントを分散するといいでしょう。

これは自宅のブレーカーを見てあらかじめ確認しておきましょう。

電気を多く使う時間をさけてイルミネーションを付けるのもおすすめです。
夕飯を作る時間などがこの時間帯に当てはまります。

コンセントを確保するのが難しかったり、ブレーカーがおちてしまう場合は
ソーラーパネルが付いた電飾があります。

それを使えばコンセントは必要なくなり、
ブレーカーの心配もいりません。

電気代の節約にも繋がります。

まとめ

自宅でもクリスマスイルミネーションを楽しむことが出来ます。

そのためには準備するものがあり、それは以下の通りです。

①コンセントの確保
②飾る場所に合った電飾
③融着テープ
④結束バンド
⑤脚立

さらに飾る予定の場所のサイズは必ずはかっておきましょう。

次はクリスマスイルミネーションを行うのに大切な電源について説明します。

外にコンセントがない場合はエアコン用の穴や換気口を利用し
室内にあるコンセントを使いましょう。

延長コードの接続部分には融着テープをまき
防雨対策用のコンセントカバーを付けましょう。

また自宅のブレーカーを確認しブレーカーがおちないように
ソーラーパネル付きの電飾をつかったり、使うコンセントを分散させたり
電気をたくさん使う時間帯はイルミネーションの点灯を避けるのもいいでしょう。

今年は自宅で素敵なクリスマスイルミネーションを楽しみましょう!