ひなあられの由来を分かりやすく!子供への説明のコツとは

ひな祭り

3月3日は、ひな祭りですね。
ひな祭りは、女の子の健やかな成長と幸せを願う日本の伝統行事になります。
保育園などでもひな祭りのお祝いは、園の催しものとして行うところが多いと思います。
その時、おやつに「ひなあられ」を出していたりはしませんか。
見た目がかわいい「ひなあられ」は、食感がサクサクしていて、子どもたちも喜んで食べていることでしょう。
しかし、「ひな祭りの日にひなあられを食べるのはどうして?」と子どもたちから聞かれたらあなたは答えられますか。
大人が「当たり前」と思っていたことにも子どもは疑問を持ち、その答えを求めてきますよ。
子どもたちの探求心や好奇心を伸ばしてあげるためにも持った疑問に対して、分かりやすく教えてあげたいものです。
そのためには、先生であるあなたが、まず「ひなあられ」の由来をきちんと理解する必要があります。
ここでは、保育園児たちに分かりやすく教えるためのポイントについてお話ししていきます。

ひなあられの由来を保育園児に説明するときのコツ

ひな祭りの定番のお菓子である「ひなあられ」ですが、その由来はどこからきているのでしょうか。
しかし、ひな祭りがどんな行事なのか、それを知らなくては「ひなあられ」の由来を知ることは出来ません。
ひな祭りの由来は、二つあります。

まず一つ目は、中国の五節句の一つ「上巳(じょうし)の節句」に由来しています。

これは3月上旬、巳の日に草や藁で作った人形を川に流して厄払いしていた風習のことです。

二つ目は、平安時代の「ひいな遊び」

二つ目は、平安時代に「ひいな遊び」と呼ばれる紙の人形を使った遊びが貴族の女の子の間で流行ったことから来ていると言われています。
これら二つの風習が江戸時代の頃に合わさり、現在のひな祭りの形になりました。
しかし、江戸時代でもひな人形は飾っていましたが、現在では行われていないことがあります。
それは「ひなの国見せ」です。
「ひなの国見せ」とは、3月の上旬、桃の節句に合わせてひな人形を外に連れ出し、ひな人形に晴れた外の景色を見せてあげる行事になります。
この外出時に持ち出していたお菓子がひなあられだったのです。
これが、ひな祭りに「ひなあられ」を食べるようになった由来です。
保育園でお話するときは、ポイントを掴んで教えてあげると、子どもたちもより解出来るでしょう。
ポイントは、二つです。

・昔は、ひな人形はお家の中で飾るだけではなく、晴れた日に外に連れ出していたこと。
・その時に持って行ったお菓子がひなあられだったこと。

簡単に言えば、ひな祭りの日にひな人形を連れて遠足に行き、その時に持って行ったお菓子が「ひなあられ」だったということです。

ひなあられの色にはそれぞれこんな意味がある!

ひなあられには、3色と4色のもがあります。
それぞれの色には意味があり、すべての色が揃うと一つの願いになることを表していたのです。
3色のひなあられの色は、赤(もしくはピンク)・白・緑になります。
<赤(もしくはピンク)>
・生命の力
・厄払い
<白>
・雪の大地の力
・純潔
<緑>
・木々の芽吹く力
・長寿

3色のひなあられには「自然の力をもらって、一年健やかに成長し幸せでありますように」という願いが込められています。
この3色は、ひな祭りをお祝いするとき、ケーキやお菓子など様々なところで使われています。

4色のひなあられは、赤(もしくはピンク)・白・緑・そして黄色が追加されます。
この4色にも、もちろん意味があり親から子への願いが込められてあます。
・赤(もしくはピンク)
桜の花のイメージから春を意味する。
・緑
新緑の青さを持つ木々のイメージから夏を意味する。
・黄色
紅葉のイメージから秋を意味する。
・白
雪のイメージから冬を意味する。

4色のひなあられは、日本の四季を表しています。
そして、それには「一年を通して娘が健康で幸せでいられますように」という願いが込められていたのです。
お菓子の色で四季の移ろいを表現することは、日本人ならではの趣きのある表現方法ではないでしょうか。
ひな祭りの日に、この願いを込めてひなあられを食べてみませんか。
余談ではありますが、ひなあられの味は地域によって違いがあります。
関東では、米をポンと爆発させて作るポン菓子を甘く味付けしているの、関西では丸い形で作られています。
味は、しょう油や塩味などのしょっぱい味付けになっているので食べ比べしてみるのも楽しいですね。

最後に

いかがでしたか。
自分で理解しなければ保育園の子どもたちに分かりやすく説明するのは難しいと思います。
まずは、先生であるあなたが「ひなあられ」の意味を知ることが大切です。
ひな祭りには欠かせない大切なお菓子であるひなあられ。
見た目がかわいいだけではなく、美味しい事もあって子どもたちから人気のあるお菓子ではないでしょうか。
そのひなあられに込められた意味や願いを知って、子どもたちに日本の歴史に触れる機会にしてあげられるといいですね。
子どもたちがいずれ大人になったとき、またその子どもたちへ受け継いでもらうためにも大切な時間にしてください。