初めての引っ越し!夢の一人暮らしの前に知っておくべき8つのこと

家事

初めて家族から離れて一人暮らしをするときは不安があるとおもいます。
一人暮らしをする前に事前に準備することはどんなことがあるのか紹介したいと思います。

引っ越し業者の一人暮らし用パックの費用目安

近い距離で引っ越したときの相場は?

「一人暮らしの引越し料金は?」

忙しくない時期(5月~1月)

標準・・・同じ県内は45,149円で県外は67,178円です。

5月・・・同じ県内は55,940円で県外は72,321円です。

6月・・・同じ県内は42,480円で県外は66,357円です。

7月・・・同じ県内は41,080円で県外は80,896円です。

8月・・・同じ県内は42,718円で県外は61,904円です。

9月・・・同じ県内は51,327円で県外は61,473円です。

10月・・・同じ県内は47,865円で県外は66,959円です。

11月・・・同じ県内は54,537円で県外は57,385円です。

12月・・・同じ県内は34,315円で県外は63,807円です。

1月・・・同じ県内は36,082円で県外は73,500円です。

忙しい時期(2月~4月)」

標準・・・同じ県内は53,526円で県外は69,449円です。

2月・・・同じ県内は36,736円で県外は52,354円です。

3月・・・同じ県内は63,047円で県外は80,844円です。

4月・・・同じ県内は60,796円で県外は75,149円です。

※引っ越し会社によって料金が違うので見積もりをしてから安い料金で引っ越しができる会社を選びましょう。

引っ越し前後は忙しい!一人暮らしの最初にやることリスト

1.「一人暮らしをする家を探す。」

① 新しく住む部屋を不動産会社、ネットで検索できる会社を探して住みたい部屋を探す。
② 住む部屋が決まったら入居申込書を不動産会社に出します。
③ 引越しをする日を決めます。
④ 家賃や最初に住む費用を大家さんに払います。
⑤ 住民票などの必要な書類を出します。

※「入居申込書」は連帯保証人の記入が必要です。

住む部屋が決まったら不動産会社に入居申込書を提出する前に、住所や氏名、働いている場所だけではなく親や信頼できる人に記入してもらいましょう。

※部屋を借りている人が病気や職を失ってしまい家賃が払えなかったときに、代わりに家賃を払ってもらうためです。

2.「部屋に入るときは引っ越しする日に入る。」

・部屋に入る日は引っ越しが住んでから部屋に入るようにしましょう。
・早めに入居するとまだ住んでいない部屋の家賃を支払うことになるので注意が必要です。
・入居日までの日数が短いと引越しする希望日までに新しい部屋に引越しができない可能性があるので、引っ越しが済んでから入居手続きをしましょう。

3.「賃貸物件の初期費用は工夫をすれば安くなる。」

賃貸物件と契約するときは敷金、礼金や仲介手数料、火災保険料など初期費用があります。
部屋をかりるときに敷金、礼金がついていない物件があります。
初めて一人暮らしする人は敷金、礼金を払わなくていい部屋もあり、スマホやタブレットを使う人はインターネットが部屋についている物件もあるので、自分のライフスタイルに合った部屋をみつかると費用がかかりませんよ。

4.「引越しする方法を決める。」

① 引越し業者に頼む。
② レンタカー、家族に手伝ってもらいお金をかけずに引っ越す。
③ 宅配便で荷物を新しい部屋に送る。

5.「いらないものを捨てて引っ越しの準備をする。」

エコノバ

引っ越しするときは荷物が多いと料金が高くなるので、使わないものは引越しする前に捨てることが大切です。

① リサイクルショップや中古店に売る。
② フリマアプリやネットオークションで売る。
③ 家族や友達に譲る。
④ 売れないときは燃えるゴミで出す。
などがあります。
最近はいらないものを出品できるアプリがあるので引っ越し業者を決める前にすべて売ってから、引っ越し会社を決まるようにしましょう。

6.「一人暮らしで必要なものを揃える。」

 

一人暮らしに必要な家電や家具をそろえましょう。
・ベッド、布団、カーテン、照明、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、テーブル。
洗顔クリーム、歯ブラシセット、トイレットペーパー、ドライヤー、ゴミ袋、ゴミ箱、洗濯物を干す物干しさお、アイロン、カーテンなどを用意しましょう。
※生活していく中で足りないものがあったら買い足していきましょう。

7.「単身用インターネットの契約手続きをします。」

So-netコミュファ光
インターネットを部屋で使えるようにするには申し込みをしてから、工事をするまで2~4週間かかるので事前に申し込み手続きをする必要があります。
引越しをするときに契約しているプランを見直して月額料金を安くすることができます。

8.「市区役所で引っ越し前の手続きをする。」

引っ越しする前に市区役所で転居手続き、転居手続きをする必要があります。

・転出届・転居届の引越し手続きは?

① 引っ越しをするときは、住民票を移動するために転出届、転居届を市区役所でする必要があります。

転出届…他の市区町村へ引っ越しするとき。
転居届…同じ市区町村内へ引っ越しするとき。

※今住んでいる住所と違う時は市区町村で生活する期間が1年未満のとき、今住んでいる場所で1年以上住んでいても実家から会社や学校に通っているときは転居届を出さない人もいるようです。

※新しい部屋で生活をする人は必ず転居届や転出届を市役所で手続きをする必要があります。

・国民健康保険の引越し手続きは?

国民健康保険は引越し先が今住んでいる場所と同じ市区町村なのか確認して住所が違う時は、市区町村で必要な手続きが違うので詳しいことは市役所でたずねてみてください。

※住民票を移動しないときは手続きしなくても大丈夫です。

さいごに

初めて一人暮らしをするときは色々な手続きが必要です。
引っ越しする前に荷物を整理してメルカリやフリマアプリを使っていらない洋服を売り、リサイクルショップなどで処分してもらうことで使わないものを新しい部屋にもっていく量が少なくなります。
荷物を整理したら新しく住む部屋を探してあまり費用がかからない場所をさがしましょう。
引っ越し業者に頼むときは忙しくないときに引っ越すか、荷物の量を少なくして引っ越しすることをおすすめします。
初めての一人暮らしはドキドキワクワクしますが楽しく新しい生活ができるようにトラブルがなく手続きをしましょう。