口に入ってビックリ!?半身浴の汗ってすごくしょっぱい!?

人間関係

半身浴を行っていて、額から流れた汗が口に入り「しょっぱい!!」なんて言う経験はありませんか。
そんなしょっぱい汗は「わるい汗」をかいている証拠です。
「わるい汗」は、塩分などのミネラル濃度が高いため、しょっぱい汗になります。
さらに「わるい汗」は、粘度が強くベタベタ汗が特徴です。
このような「わるい汗」をかいてしまう原因は、運動不足やエアコンによって温度調節され、普段から汗をかかない生活に原因があります。
一方「いい汗」は、水のようにサラリとしていてほとんど臭いを感じません。
また、水分とわずかな塩分が排出されるため、しょっぱくないのが特徴です。
「わるい汗は、太る汗」、「いい汗は、やせる汗」とも言われており、かく汗の種類は大切になります。
半身浴で、たっぷりの「いい汗」をかいて痩せ体質を身につけてみませんか。

代謝も良くなる?半身浴で汗かく方法ってどんなやり方がある?

汗をかくことは、デトックス効果があるのはご存知でしたか。
体内の老廃物や余計な水分を排出することで新陳代謝が上がり、免疫力・美肌効果が期待できます。
汗をかくことを習慣にすると、身体だけではなく、気持ちもリフレッシュし、ストレス解消にもなって良いこと尽くしです。
今日から、あなたも半身浴で、たっぷりの汗かく方法を試してみてください。

半身浴を行う30分前に水分をとる。

汗をかくためには、身体の中に水分が必要になります。
飲み物は、常温の水、もしくは白湯がオススメです。

浴室は暖める。

浴室の温度が低いと身体が冷えてしまい、汗がかけません。
浴室暖房器具がないお家もありますよね。
そういう方は、湯船のふたを開けて、湯気で浴室が温かくしてみましょう。

お湯の温度は38~40度が理想。

お湯が熱すぎると身体の表面しか温まってないのにお気づきですか。
実は、ややぬるめのお湯の方が身体の芯から温まるのです。
理想は38度、上げても40度くらいにしましょう。

湯量はみぞおちの辺りまでにする。

肩まで浸かるとのぼせやすくなるので、湯量は、みぞおち辺りまでにしてください。
上半身を濡らしてしまうと身体は冷えやすくなります。
両腕も濡らさないように気をつけましょう。
また、湯に浸かる前は、必ずかけ湯を行ってください。
身体が冷えている状態で湯船に浸かるのは血圧が急上昇する危険があります。
心臓から遠い足先から順にお湯をかけ、みぞおちまでかけていきますが、上半身は濡らしてはいけません。

半身浴の目安は20~30分にする。

その人の体質やその時の体調にもよりますので、じんわりと汗をかけば、それは身体が温まっている証拠です。
なので、必ず20分以上入る必要はありません。
半身浴は、長く行えば効果が高いと言う訳ではないので、無理のない時間で行いましょう。
長い時間湯船に浸かってしまうと、かえって肌がふやけて乾燥肌の方には負担になることだってありえます。

上半身はタオルをかけて、身体を冷やさない。

長い時間浸かっていると上半身、特に肩が冷えてきます。
乾いたタオルを肩にかけたりして、冷えないようにしてください。
湯船のふたを閉めて、首から上だけ出しておくのも身体を冷やさないポイントです。

入浴中でも水分補給をする。

入浴中も喉が渇いたら水分補給ができるように、飲み物を用意しておきましょう。
汗をたくさんかけば、脱水症状を引き起こすことがあります。
水分補給は必ず行ってください。
半身浴のやり方によっては、大して汗をかかないことがあります。
しかし、今回お話した内容の通りに行えば、たっぷりの汗がかけるはずです。
自分の体調と相談しながら、無理せず行ってみましょう。

ここに気を付けよう!半身浴で汗が出ない原因ってこれだった?

ダイエットと美容のために始めた半身浴。
しかし、全くと言っていいほど汗が出ない人もいらっしゃるのではないでしょうか。
あなたの汗が出ない原因について考えられることをご紹介します。
自分に当てはまるものが、あれば次の入浴から気をつけてみてくださいね。

お湯の温度が低い。

あなたの冷えた身体で、お湯の温度を下げてしまってはいませんか。
半身浴を行うときの温度38~40度が理想であるとお話しました。
お風呂のふたで身体が出るところ以外を覆う、追い炊きをするなどして、理想の温度を維持する対策が必要です。
外側からぬるい温度で身体を温めても、全身の血液が温まるまで相当な時間がかかります。
そのような状態が続くと、かえって冷えの原因にもなりかねません。
身体の芯から温まるように、お湯の温度が下がらないように気をつけてください。

浴室が下がっている。

特に冬になりますが、外気が下がっていると、お湯の温度は思った以上に早く下がります。
先述した内容で対策を行って、浴室をよく温めておきましょう。

上半身が冷えている。

お湯に浸からない上半身が冷えてしまうと、汗が出ないだけでなく風邪をひく可能性もあります。
体温が逃げない為にも、上半身にタオルをかけるなどの対策を行ってください。

水分補給が冷たい飲み物にしている。

半身浴を行うときは水分補給をするようにお話ししました。
しかし、冷たい飲み物を取ってしまうと、身体を冷やす原因になります。
身体が少しでも温かくなるよう飲み物にも気を使って、半身浴を行いましょう。
水分補給の飲み物は、常温のもの、もしくは温かい飲み物にしてください。
水以外にほうじ茶、生姜湯、ルイボスティーなどの身体を温める効果のある飲み物の方が、より汗をかきやすくなるかもしれません。

水分をとっていない。

全く水分を取っていない場合です。
半身浴を行う前、行っている最中は必ず水分を取るようにしましょう。
水分を口に含むと、水分が身体に入るので脳がその水分を排出しようとするため、汗がかきやすくなります。
水分が体内になければ、出せる水分がないので汗もかきませんよね。

冷え性がひどい。

体質によりますが、冷え性の症状がひどい人は、はじめのうちは汗がかきにくいはずです。
半身浴は、冷え性が改善されることもありますので、とりあえず、効果が現れるまで少し続けてみるのはいかがですか。
また、半身浴中にストレッチで身体を動かすのも効果的です。

入浴剤を使ってみる。

これは、注意することではありませんが、ご紹介します。
ドラッグストアなどで販売している、発汗効果のある「入浴剤」を使ってみるのも一つの方法です。
特に、トウガラシエキスが含まれる入浴剤は入れるだけで、大量に汗が出る可能性があります。
ただし、肌が弱い人は、トウガラシエキスが肌の刺激になるので、ショウガエキスの含まれた入浴剤を選びましょう。
ショウガエキスも体を芯から温めてくれる効果が期待できます。
以上のようなことに注意して、半身浴を行ってみてください。
また、寒い冬場であるならば夏よりやや温かくしてみるのもいいかもしせん。
少しの注意と工夫が、汗を出すことに繋がることになるでしょう。

さいごに

半身浴は、ダイエットや美容にメリットがあります。
それでも、一番のメリットは1日の疲れをとってゆっくりすることかもしれません。
日々、時間に追われているとお風呂でゆっくりするのも「もったいない」と思ってはいませんか。
そんな方にこそ、リラックスする時間として半身浴を行っていただきたいものです。
リラックス出来るようになれば、毎日のお風呂が楽しみになるはずです。