白湯にダイエット効果があるって本当?正しい飲み方は?

身体

今流行りの白湯ダイエット!…と聞いて、あなたはピンと来ますか?

正直眉唾もので、そもそもお湯を飲んだだけでダイエットなんて…

効果などある訳もないし、意味がない…と普通は考えるでしょう。

そうではないのです。

白湯自体にダイエット効果がある訳ではなく、白湯を飲むことで

身体に良い状態をもたらしそれがダイエットに繋がるのです。

詳しくは以降で記述しますので、白湯の力を理解してみましょう。

白湯ってそもそも何?お湯じゃないの?

白湯というのは、「その状態だけを言うなら」ただのお湯となります。

ですが、白湯はお湯とはまた違うアプローチで作ることになり

そしてお湯とは違うアプローチにより良い効果をもたらすのです。

白湯の原材料は、お湯と同じく何の変哲もないただの水です。

水は天然水でも水道水でもよく、それをやかん等に入れて火をかけ

煮沸をさせれば…この時点であれば、ただのお湯ですよね?

ですが白湯の場合、そこから何も干渉せず自然に冷まして行き

50℃程度になれば晴れて完成となる…のですが、まだ疑問ですよね?

結局、熱湯を冷ましただけの「お湯」でしかないと思いますよね?

それが違うのです。

何故なら、一度水を煮沸させていることから、カルキや塩素など

人体に悪影響のある物質が取り除かれた状態のお湯であることから

お湯ではなく、「白湯」となるのです。

なお、天然水であればもともとカルキや塩素は含まれていないので

煮沸も数分程度で良いのですが、水道水はそうは行きません。

水道水のカルキや塩素を完全に抜くには、諸説さまざまですが

最低でも5分以上、出来れば10分以上が望ましいと考えられます。

その後放っておけば白湯が出来上がるのですが、放置をし過ぎると

温度が下がり過ぎて、効果を得られなくなるので要注意となります。

ですが、温度が下がり過ぎるとどうして効果が得られないのか

また、そもそも白湯の効果とは何なのか、そこが疑問だと思います。

それについてですが、白湯を飲むことで…

体内の温度が上がり臓器が活発化する

循環機能が向上して脂肪を燃焼させる

体内の老廃物を排出しやすくなる

消化機能向上により基礎代謝が上がる

などの効果が得られると言われています。

要約するのであれば「身体が覚醒してダイエットに繋がる」です。

しかし疑問も残ります。

温かい飲み物を飲んで、それだけ良い効果が得られるなら

お湯を飲み続ければいい、普段から熱いお茶は飲んでる…

なんて思われるかもしれませんが、「お湯」では効果が薄いのです。

理由は、熱い冷たいはその効果よりも負担の方が大きいからです。

結局良い効果と負担が、お互いで打ち消してしまうと考えて下さい。

つまり、お湯のデメリットを捨て良いところ取りをしたのが白湯で

その白湯を飲むことで、たくさんのメリットを得られるのです。

「白湯ダイエットは効果なし」と言われているワケ

白湯ダイエットは効果抜群!と謳うサイトは昨今増加傾向ですが

同時に白湯ダイエットは効果なしと謳うサイトも少なくありません。

これは一体どういうことなのか、白湯ダイエットに嘘があるのか

特に白湯にピンとこない方からすれば、戸惑う情報となりますよね。

「効果なし」と記述するサイトには、それなりの理由があります。

とは言っても、白湯ダイエットを正しく適切に行った末ではなく

ほとんどの場合は、やり方を間違えていたり不適切な方法により

白湯ダイエット自体が成立していない、または出来なかったのが

背景としてあるようです。

まずこの白湯、はっきり言ってただの温いお湯でしかないので

味もなければ旨味もなく、美味しくないというのが否定出来ません。

だから飲み続けていられない、飲めない…これではダイエット以前に

白湯の良いところにも、気付く由はないと言えるでしょう。

2つ目は、完全に誤った飲み方をしたことが理由となります。

と言うのも、白湯には飲むタイミングというものがあって

起床時、食前、就寝前と、一応は決まったタイミングで飲んで

初めて効果が得られるのですが、逆に言えばタイミングを逃すと

効果は今ひとつ、または全くないという結果になりますので

それが直ちに、白湯ダイエットに対する評価となったのでしょう。

3つ目は、生活習慣が悪すぎる場合になるでしょう。

白湯ダイエットは、あくまで規則正しい生活の上で行うものであり

普段から暴飲暴食、夜更かしなどをしているような人の場合は

得られる効果よりも、それら悪い生活習慣の悪影響の方が上回り

結果、効果なしという印象になるだけの話なのです。

4つ目は、そもそもダイエットをする必要がない人だからです。

女性というのはこう言っては何ですが、痩せていても「痩せたい」

むしろ痩せている部類なのに、さらに痩せよとする傾向があります。

現時点で余分な脂肪がないのに、基礎代謝を上げたところで

燃える脂肪がなければ痩せないに決まっているのです。

白湯には効果的な飲み方がある!注意すべきポイントとは

前項でも少し触れていますが、白湯は確かにただのお湯であり

そして飲むだけで一定の効果を得られる、魔法のような代物…

なのですが、それは「効果的な飲み方」をした場合に限ります。

実は白湯というのは、何でもいいから飲めばokという訳ではなく

決まったタイミングで飲むことで、最大限の効果を得られるのです。

分かりやすく箇条書きにさせていただきますが…

白湯は50℃程度

時間を掛けて1日800mlを飲む

起床時、昼食前、就寝前

食事中も、食前食中食後と分ける

この飲み方により、急激に身体を覚醒させずに済みますので

これを前提とした飲み方を心掛けるようにしましょう。

なお冷え性の方や冷えやすい方の場合は、上記よりもさらに分けて

さらにゆっくり飲むことでその効果を実感出来るはずです。

ただし、飲み始めてすぐに効果が出るものではありませんので

結果を急ぐことなく、そちらも「ゆっくり」待つようにしましょう。

【まとめ】

たかがぬるま湯、されどぬるま湯…同じお湯であるにも関わらず

白湯に隠された力はすごいものであると痛感させられます。

人体の大半は水分ですが、もしかするとそういう要素も

良い効果をもたらすに際して、関わっているのかもしれませんね。

結局は「湯」なのですから、誰にだって作れるでしょう。

それだけでダイエットや健康を維持出来るなら、やらない方が損です。