自分で選べる⁉墓石の文字は、こんなにある

未分類

最近は終活のために活動をしている人がいますが、墓石を作る前に知っておくべき
ことや墓石に使ってはいけない字体など、墓石について紹介します。

墓石の文字は、字体が豊富

① 通常彫り

彫り込みとも呼ばれている一般的な彫り方で、墓石の正面に
文字を彫るときに掘ります。

手彫り仕上げはサンドブラスターなどの機材を使って、墓石を
彫っているようです。

文字の底部分は少し凸凹していて、とめ、はね部分など、力が入る
場所は深く彫ることできれいな字になるのはすごいですね。

②淵彫り

文字の淵を細い線で囲むように彫る方法で、店によって呼び名が違います。

文字部分は浅めに彫ると、周りを縁取るように深く掘り込みます。
淵彫りは最近増えている洋風の墓石に使われていて、文字やイラストなどの
模様を描くことができます。

墓石の文字書体は自分で選べる。


昔の墓石は縦型だったので、刻む文字も縦書き、毛筆書体が
一般的だったため、文字にバリエーションがあまりなかったようです。

最近は洋式の横置き墓石を選ぶ人も多いため、自分が過ぎなかった
デザインを彫ることができるようになりました。

墓石に彫る文字の種類は?


墓石に使う石材は硬質で文字を彫るときは、高い技術が
必要でした。
最近は墓石を彫る道具や技術が高まったおかげで、色々な
文字を彫ることができます。

パソコンソフトで版下を作っている。
画面上で墓石がどんなふうに、完成するのかを目で確認できます。
手書きの書やイラストなどを使えるようです。

① 楷書体


字を崩さないで丁寧にきちんと書かれた文字です。
楷とはウルシ科の落葉高木のことで、中国春秋時代の思想家
孔子の墓に植えてあったので、孔子の木・クシノキとも呼ばれています。

この木は直角に規律正しく分かれた枝葉がはえているため、
「楷書」という書体ができたと言われています。

とめ、はねなど筆使いを続き字にせず一文字一文字がはっきり
しているので、誰にでも読みやすいですね。

② 行書体


楷書を少し崩したようなやや続け字気味に書いた文字体です。
崩し字ではないが読みにくい字ではなく、毛筆を使っていた
時代で使われていました。
楷書体よりずっと古い時代に確立した書体で、水墨画などにも
よく見られます。
楷書体より曲がったような字で、温かみのある形が特徴です。

③ 草書体


行書体をさらに崩した速記文字のような形状の文字です。
中国大陸は二千年以上前に、草書体のような文字体がありました。
文字の特徴をとらえて、字を崩しながら素早く書く方法です。
草書体の「草」の字は、草案(下書き)に由来します。

④ 隷書体


やや平たい形をした読みやすい文字です。
歴史は古く紀元前3世紀頃の中国大陸で、書簡などで隷書体が
使われていたようです、
今は使われることがない文字ですが、1文字が読みやすい形を
していたため、認印など印鑑に用いられることが多く、
今はお札の壱万円の文字などに使われていますね。

⑤ ゴシック体


パソコンプリントでよく使われている文字です。
縦横の太さが同じで、とめ・はねなどの装飾性はありませんが、
遠くから見ても読みやすく、よく看板や案内物などに使われています。

墓石に彫る内容は?

墓石の正面に「○○家」と彫られているが、決まりはないようです。
墓所の土台の上に建てる石を棹石(さおいし)と呼びます。

①家名


家名を刻んだ墓石は、
「○○家、○○家乃墓、○○家ノ墓、○○家之墓、○○家先祖代々之墓」など、
様々な書き方がありますが、先祖代々之墓と家名を入れる人もいるようです。
その家の人達が自由に決められるのはいいですね。

②題目


日蓮宗などで唱える「南無妙法蓮華経」の7字のことです。
仏教式の墓石は、宗派によって少し違うので注意が必要で、浄土宗や天台宗は
南無阿弥陀仏、真言宗は南無大師遍照金剛と刻みます。

③ 家紋


昔から家に伝わる家紋がある人は墓石に彫るようです。
棹石や花立や門柱などに家紋を入れるので、お墓参りをするときに
確認してみるといいですよ。
家紋がないときは、入れなくても大丈夫です。

好きな言葉格
横長の洋型墓石は、自由に好きな言葉や格言を入れることがあります。

愛など漢字を1文字だけ大きく彫る、ありがとう、感謝、希望などの
言葉を彫った墓石もよく見かけますね。

墓石によく刻まれている文字は?

・戒名・法号・法名
戒名は出家した人が仏教戒律を守るという意味です。
宗派によっては法号、法名という呼び名があります。
亡くなった人が無事に成仏して、極楽浄土へ行けることを
願っています。

・俗名
俗名は亡くなった人が生きていたときの氏名です。
今は戒名をつけないで、俗名でお葬式を済ませる家庭もあり、
墓石には戒名をいれずに俗名だけを刻むようです。

・没年月日
亡くなられた日のことで、墓石が縦方向だと、平成○年○月○日
と入れます。

・享年
亡くなった人が生きていた年数です。

・墓石の建立年月日
お墓を建てた日のことで、いつ亡くなったのかを確認することができます。

・墓石の建立者の名前
お墓を建てた人のことで建立年月日と一緒に刻むようです。

「墓石に使ってはいけない文字は?」
・読みづらい文字書体
墓石はご遺族やたくさん人々がみるので、文字を崩し過ぎる字は、
彫ることができない。

・墓石の色や雰囲気に合わない文字
お墓全体の雰囲気や印象に影響が出ます。
墓石に合う文字を選んだら、パソコンで墓石のシミュレーション
をする必要があります。
墓石のサンプル、同じ霊園にある墓石を参考にしましょう。

墓石の文字を決めたらシュミレーションで確認を

「墓石をつくるには?」
墓石は国内産、外国産に分かれますが、国内産は日本全国に採石場がありますが、
人気がある石材は四国にあるので、墓石は日本が一番だと思います。

外国産のものは中国産、韓国産、インド産などがあり、石材は様々な種類がある
ため国によって材質が違うようなので、慎重に選びましょう。

お墓はずっと外に置いてあるため、夏の日差し、雨や風、雪などの影響で、
ダメージを直接受けます。
自然の影響に長い間耐えることができる石材を選ぶ必要があります。
硬くて水を吸いにくくキメの細かさが揃っている石材がおすすめです。

お墓の専門家と一緒に墓地へ行って、実際に建てあるお墓を直接みる必要が
あります。
お墓をみてどんな石材を使っているのかを知ることで、自然にも負けない
墓石を作ることができます。

まとめ


お墓を作るときは彫る文字の書体や文字などが、大事なのできちんとした
知識を持って墓石に文字を入れてほしいですね。
亡くなったときに自分の名前をいれる場所なので、墓石に入れてある
文字や内容を理解することは大事なことです。
代々ご先祖様が守ってくれたお墓を大切にしましょう。