プロしか知らない豆知識 外壁塗装にはこんな種類があります

仕事

外壁塗装をすると決めたとき、何を基準に選んだらいいのかわからない方が多いと思います。
外壁塗装に使われる塗料には、いくつか種類があります。

そのため、塗料の知識を持っていなければ、業者が薦めてきた内容で外壁塗装をお願いすることになるでしょう。

しかし、その業者が本当に信頼出来るのであれば心配いりませんが、そうでない場合、その塗料が本当にあなたの求めていた塗料なのか、判断が出来なくないですか。

塗料にはいくつか種類があります。

その特徴や価格を理解することで失敗のない外壁塗装を可能にしてはいかがですか。

しかし、どんなに質の良い塗料で外壁塗装を行っても、業者選びを間違えてしまえば、塗料の持つ性質が発揮されません。
ですから、業者選びも注意することは必要ではあります。

プロに習う外壁塗装その1

種類ごとにこんな特徴があります

外壁塗装に使われる塗料には、種類があります。
その塗料の特徴を押さえて、外壁塗装を行うときの参考にしてみてください。

①アクリル系塗料

【オススメしたい人】
・小まめに塗り替えをしたい。
・費用を抑えたい。
【耐久年数】
・3年~5年
【特徴】
・低価格ではありますが、耐久性が低い。
・艶、発色が良い。
・浸透性が高く、湿気を通しやすい。

②ウレタン系塗料

【オススメしたい人】
・予算があまりない。
・塗料のはがれが部分的にある。
【耐久年数】
・5年~7年
【特徴】
・密着性に優れており、塗装の剥がれが気になる箇所に使える。
・光沢感がある。

③シリコン系塗料

【オススメしたい人】
・安い塗料は使いたくないが、高すぎる塗料は予算的に厳しい人。
・費用対効果の高い塗料を選びたい。
【耐久年数】
・7年~10年
【特徴】
・現在の主流になっている塗料。
・単価の割には耐久年数が長い。
・汚れにくく、高耐熱性に優れている。

④フッ素系塗料

【オススメしたい人】
・足場が必要になるような屋根。
・足場をかける面積が多くなるような大きな家。
【耐久年数】
・15年~
【特徴】
・価格は高いが耐久年数が長い。
・長期間で考えた場合、1年あたりの価格が安く抑えられている。
・外壁素材に密着しやすく、剥がれにくい性質。
・紫外線等の熱を遮断する。

⑤遮熱塗料

【オススメしたい人】
・環境に優しい塗料を選びたい。
・光熱費を抑えられる。
【耐久年数】
・15年以上
【特徴】
・太陽熱を跳ね除き、外壁・屋根の表面温度を下げる性質を持つため、室内の温度を下げる効果がある。
・ヒートアイランド現象を抑制する。
・補助金の給付がある場合がある。

⑥光触媒塗料

【オススメしたい人】
・環境問題を考えている人。
・最先端の塗料を使いたい。
【耐久年数】
・15年~20年
【特徴】
・認定施工店でなければ取り扱えない。
・太陽光で汚れを浮かせ、雨で洗い流すため汚れがつきにくい。
・遮熱効果があり、空気を浄化する効果もある。

余談ではありますが、外壁塗装を行うならば、屋根も併せて塗装をすることをオススメします。
なぜならば、外壁と同じタイミングで屋根を塗装する方が、費用が抑えられるからです。
その理由は、足場の費用が関係してきます。
外壁塗装するにしても、屋根を塗装するにしても、足場は必要です。
そして、その足場に大きく違いはなく、その足場代は、塗装工事費の約20%を占めてきます。
1回の塗装費用で考えると、外壁だけを塗装した方が安いように感じるかもしれません。
長い目でみれば、外壁と屋根は同時に塗装する方が間違いなくお得です。

プロに習う外壁塗装その2

種類ごとにこんなに価格違います

※1缶あたりの価格表示

①アクリル系塗料

【価格】
・5,000~15,000円

②ウレタン系塗料

【価格】
・5,000~20,000円

③シリコン系塗料

【価格】
・15,000~40,000円

④フッ素系塗料

・40,000~100,000円

⑤遮熱塗料

【価格】
・5,000~20,000円

⑥光触媒塗料

・50,000~100,000円

※上記の金額はあくまでも参考価格です。
詳細な耐久年数や費用相場は、業者によって異なりますのでご理解ください。

基本的には、耐久年数の長い塗料ほど価格が高くなりますが「塗料の価格が安い=お得」ということではありません。
ご紹介したアクリル塗料やウレタン塗料は、パッ見るとお得であるように考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実はそうとは限らないのです。
アクリル塗料やウレタン塗料は1回の外壁塗装にかかる塗料代は抑えられるのは間違いありません。
しかし、耐久年数が短いため、結果、外壁塗装を行う頻度が多くなってしまいがちです。
そのため、その都度工事代がかかることになりますので、かえって費用がかかってしまいます。
外壁塗装に使う塗料選びは、種類が豊富なので悩んでしまうかもしれません。
選ぶコツは、料金だけでなく耐久年数も含めて考えることが重要になります。

最後に

塗料の特徴を押さえていただけましたか。
これらを理解した上で、あなたの家の外壁には、どの塗料がベストなのか業者と相談して決めていきましょう。
また、外壁塗装の塗料にこだわりがなければ、無難にシリコン塗料を選んでみてはいかがでしょうか。