二日酔い対処法5選!ウコンの力は本当に効果あるの?

マナー

春から新社会人として働くあなた、会社の歓迎化や先輩や上司、同期との飲み会はつきものですよね。
新人の頃は、仕事を覚えることで精一杯なのに、退社後は飲み会…
20歳を過ぎてアルコールは飲めるけど、連日はさすがにキツイ…
家でゆっくりしたいのに、付き合いも大事なので新社会人となったら参加しなくちゃいけないな、と思いますよね。
筆者も新社会人になったころ、慣れないアルコールを連日飲み二日酔いで出勤することがありました…
ここでは、二日酔いに悩むあなたへその対処方法をお伝えしたいと思います。

二日酔いに効果がある5つの対策法

 1.水分補給

二日酔いは肝臓でアルコールが分解するときに発生するアセトアルデヒドという成分が発生して引き起こされます。
体が脱水傾向だとこのアセトアルデヒドが尿と一緒に排泄されないため二日酔いの症状は続きます。
アルコール摂取自体、体の水分が失われやすいです。
そのため、二日酔いを解消するためには水分を積極的に摂って、尿をしっかり出すようにしましょう。

 2.アミノ酸、ビタミンB1補給

アミノ酸やビタミンB1 にはアルコールの分解を促進してくれる効果があります。
しじみの味噌汁には、これらの栄養素が入っており、水分補給にもなるため効果的です。
手軽に摂れるサプリメントでも効果が得られます。

 3.意外にカフェインもお勧め

二日酔いによる頭痛に対してコーヒーのカフェインに効果があります。
カフェインもまた、アセトアルデヒドを分解する効果があるのです。

4.ウコンの摂取

ウコンもまた、肝臓でのアルコールの分解を促す働きがあります。

5.医療機関

上記の方法を試してもなかなか二日酔いが治らず、日常生活にも支障を来すようなら、内科を受診しましょう。

ウコンって本当に効果はあるのでしょうか?

そもそもウコンとは沖縄で昔から万能薬として重宝されていた、ショウガ科の多年生植物です。
ウコンの効果は、マウス実験でも証明されており、ウコンを摂取した30分後にはアルコールの分解が証明されています。
二日酔いを予防するためにはアルコール摂取の30分前には摂取して対策を取っておきましょう。
飲み忘れたとしても、飲み会の合間に摂取することでも効果はあります。
筆者は、通販商品のトリプルウコンEXがオススメです。
粒タイプのもので1回15粒を飲みますが、これを飲んでからは二日酔いの程度が以前よりも軽いか、翌朝に持ち越すことがありません。
粒なので苦みもなく、飲みやすいですよ。

二日酔いに困ったらこの対処法がおすすめ!ツボを押して効果があるの!?

ツボ押しは体一つでできるため、手軽に二日酔い対策がとれます。
ツボを押すことで、痛みを伴いますが症状に応じたツボ押しが二日酔いには効果があるのです。

・頭痛に効くツボ=百会(ひゃくえ)
左右の耳を頭のてっぺんで結んだ場所をぐっと押します。
・吐き気に効くツボ=内関(ないかん)
手首にあるツボです。手をグーにした時に、二本の筋が浮き上がりますが、そのちょうど間をぐっと押します。
・肝臓の働きを助けるツボ=健理三針区(けんりさんしんく)
手のひらの中央で、やや手首側よりをぐっと押します。
・肝臓の働きを助けるツボ=中渚(ちゅうしょ)
薬指と小指の付け根の骨と骨の間をぐっと押します。

 二日酔いの治し方はどうすればいい?即効性のある方法も教えます!

 

前述したとおり、二日酔いには水分摂取、アミノ酸やビタミン摂取、カフェインと紹介しました。
でも、もっと即効性がある効果的な方法はないのでしょうか。
実は水分摂取にはお水やお茶よりも、常温のスポーツドリンクのほうが即効性があります。
二日酔いの状態は、アルコールの性で体の水分も少な目…そんな時に摂取するスポーツドリンクには、塩分が含まれ体への吸収も速やかに行われます。
また、糖分の力でボーとした状態をクリアにしてくれる効果もあります。
しかし、糖分が沢山含まれているため、飲みすぎは糖尿病の原因となり注意が必要です。
しじみの味噌汁も効果がありますが、二日酔いの体で作るのは困難です。
そこで、コンビニに売っているレトルトのしじみ味噌汁が手っ取り早く食べることができます。
お家に数個ストックがあるといいですね。
筆者もそうですが、手軽に二日酔いを抑える方法の一つに、市販薬の力を借りることです。液状タイプや粒タイプ、顆粒タイプと様々ですが、一番飲みやすいのが液状タイプです。
筆者オススメは、大将漢方胃腸薬です。漢方が主成分で、味も苦みがなく飲みやすいです。
同じ液状タイプのソルマックがありますが、あちらはウコンの成分が入っているもので苦みを伴います。
これらはコンビニでも購入できるため、手軽に手に入ります。
筆者はコスト的に考えると、薬局で購入して自宅の冷蔵庫にストックしてあります。

まとめ

歓迎会シーズン、二日酔いに悩まされる自信がある方は是非、二日酔い対策をして飲み会に挑みましょう。
次の日の仕事にも必ず影響が出てしまうので、特に新入社員の方は万全の体制で、お酒を楽しく飲めるといいですね。