【ドレスコード】これで安心!メンズの着こなし10パターン

マナー

パーティーの招待状に「ドレスコード」とかかれていた時。

「ドレスコードって何?」と不安になったことありませんか?

そもそも「ドレスコード」にはどんな意味をしっかり理解している人は

少ないのではないでしょうか。

ドレスコードのあるパーティーは、ドレスを着なれていない人にとって

どのような恰好をすればいいのか迷ってしまうシチュエーションですよね。


どのようなコーディネートがふさわしいのか、マナー違反に当たらないのかと

悩むところです。

この記事では、ドレスコードの種類や注意点、着こなし方についてまとめました。
ドレスコードの理解はファッションをさらに楽しむきっかけになります。

ぜひ参考にしてみて下さい。


ドレスコードにはどんな意味がある?抑えるべきポイントとは

ドレスコードとは、日本語では「服装規定」とも言われ、TPOに合わせた服装を

することで、周囲の状況や身だしなみに配慮することを指します。


状況に応じてその場にふさわしい身だしなみを行うことがドレスコードの

考えとなります。


では、ドレスコードの種類別に紹介していきたいと思います。

≪フォーマル≫
フォーマルは「正礼装」「正装」とも呼ばれ、最も格式が高いとされる

ドレスコードです。

フォーマルには「モーニングコート」「燕尾服」「タキシード」があります。

≪セミフォーマル≫
セミフォーマルとは、フォーマルの次に格式の高いドレスコードです。

日本でいうと「準礼装」のことで正礼装の次に格式の高い服装ということになります。

結婚式や披露宴、子どもの入学式や卒業式などに合わせたドレスコードです。

フォーマル同様、昼と夜のパターンがあるので注意しましょう。

昼はディレクターズスーツ、昼夜共通ではブラックスーツが主流ですが、

ジャケパンスタイルでネクタイを締めればセミフォーマルとして認められます。

催し物で「平服」という指定がなければ、セミフォーマルな服装をするのが

一般的です。

≪インフォーマル≫

インフォーマルには「略式の」という意味合いがあり、気軽なパーティーなどに

出席する際の服装をいいます。

正礼装とカジュアルの中間といったイメージで、日頃のスーツよりも少し

ドレッシーな服装が一般的です。

スリーピースは、この略礼装に含まれるスーツスタイルになります。

パーティーなどでは、格式張らずに普段よりダンディなオシャレを楽しめる

スタイルです。


インフォーマルには、ブラックスーツ、ダークスーツ、スマートエレガンス、

カジュアルエレガンスなどの種類があります。

ブラックスーツは、セミフォーマル、インフォーマル両方のシーンで

着用できるスーツです。


≪スマートエレガンス≫

スマートエレガンスは、高級レストランや高級ホテルなどでのドレスコードです。

スマートエレガンスでは、ダークスーツが主流になっています。

柄は、無地か光沢のあるシャドーストライプが一般的です。

≪スマートカジュアル≫


スマートカジュアルは、高級レストランや高級ホテル、結婚式の二次会などで

使われるドレスコードです。

 

スマートカジュアルの明確な定義はありませんが、ジャケパンスタイルが

基本で、フォーマルやセミフォーマルよりはカジュアルなものになります。

 スーツは着なくても問題ありませんがラフ過ぎる服装はマナー違反です。

≪ビジネスアタイア≫

これは「平服でお越しください」という意味です。

つまり、普通のビジネススーツで出席することができます。

ビジネスアタイアは、会社関連のパーティーやレセプションなどで指定される

ことが多いドレスコードです。

ビジネスアタイアと指定されていても、パーティーシーンであるため

小物などでランクアップするのもいいでしょう。

ドレスコードで注意しなければならないポイントがあります。

結婚式に招待された場合、白やピンクなどの明るい色のスーツやタキシードは

マナー違反です。

黒いシャツはカジュアルなイメージなので、結婚式にはふさわしくありません。

ドレスコードとして指定されたとき以外は、着用しないようにしましょう。

ブーツは、結婚式の服装に合わせてはいけません。

カジュアルな雰囲気の結婚式でも、ブーツは避けたほうが無難です。

白い靴下もダークスーツに合わせるのは、マナー違反になります。

ドレスコードを指定されるような席では、ミドル丈の黒い靴下を着用すれば

間違いがありません。

葬儀関連でない場合は、黒いネクタイを着用するドレスコードはないので

注意しましょう。

社会生活を送るうえで、さまざまなシーンに応じたドレスコードがあります。

それぞれのドレスコードのポイントを踏まえて、状況に応じた服装ができるように

なりましょう。

【ドレスコード10パターン】男性でスーツ以外の着こなし方

ドレスコードを着こなすポイントとして10パターン紹介し体と思います。

1.モーニングコートのスタイリング
モーニングコートのスタイリングは、一般的に黒のジャケットとベスト、縞の入ったスラックスです。ジャケットとベストは、同じ布地を使います。

ベストのデザインは、シングルでもダブルでも可能です。慶事では共布のベストに決まっており、取り外しができる白衿をつけます。

モーニングコートと組み合わせるシャツは、白無地のレギュラーカラーかウイングカラーで、シングルかダブルカフスです。

ダブルカフスにしたほうが、よりフォーマルな雰囲気になります。

タイは、シルバーグレーや白黒の結び下げ、アスコットタイが一般的です。

チーフは、白で麻素材のものをスリーピークスにして胸ポケットに差します。

2.燕尾服
燕尾服は、夜の最も高級な正礼装です。上着の背丈が短く、背の裾が長く2つに割れて、ツバメの尾のような形をしています。「テールコート」とも呼ばれ、前ボタンはかけずに着用するのが基本です。

ベストと蝶ネクタイは、白の共布地のものを着用します。

  • タキシード

ジャケットの襟(ラペル)は、朱子織の光沢のある布地を張った

拝絹(はいけん)になっています。シングルで、蝶ネクタイとお腹に

巻くカマーバンドを合わせて着用します。

ベストと合わせる場合は、カマーバンドはしません。

カマーバンドの色は黒が基本ですが、紺などのカマーバンドもあります。

衿とカマーバンドの色は、合わせるようにしましょう。

タキシードのスラックスにはルールがあります。

タキシードのスラックスは、側面に1本のシルクのラインが入っているのが

正式のものです。

タキシードのスラックスには、一般的なスラックスにあるような帯がなく、

ベルトを通すベルトループもありません。

ベルトは使わず、サスペンダー(ブレイシ-ズ)でウエストの位置を安定させます。

4.スマートカジュアルのジャケット
スマートカジュアルでも、場に合わせた雰囲気のコーディネートが大切です。

ジャケットは、パンツと別売りになっているものを選ぶようにしましょう。

ひとつのジャケットを幅広いシーンで着用するなら、色はブラックやネイビー、

ミディアムグレーなど、柄はスタンダードな無地がいいでしょう。

5.スマートカジュアルのシャツ
スマートカジュアルでは、カジュアルシャツやビジネス用のシャツではなく

ドレスシャツを選ぶことが大切です。

ドレスシャツなら、上品で華やかな雰囲気になります。

ノーネクタイでもナチュラルな雰囲気の出る、きれいな襟ラインのシャツを

選びましょう。

シャツの色はホワイトやサックスなど、柄は無地が無難です。

控えめなチェックなどはスマートカジュアルとして問題ありませんが、

選ぶのを間違うと場にそぐわない印象を与えてしまうので注意しましょう。

6.スマートカジュアルのパンツ
スマートカジュアルでは、ウールパンツが定番です。

そのほかにも、チノパンやカラーパンツ、ボトムスなどジャケットとの

相性で選ぶとよいでしょう。

カラーは、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラックなどがおすすめです。

7.スマートカジュアルのシューズ
シューズは、ストレートチップやプレーントゥ、モンクストラップ、

ウイングチップなどがよいでしょう。

スニーカーを合わせるスマートカジュアルもありますが、革靴を選ぶのが一般的です。シューズのカラーは、ブラックやネイビー、ブラウンなどから選択することが

できます。

8.スマートカジュアルのネクタイとポケットチーフ
ネクタイやポケットチーフは、スマートカジュアルでは必須のものではありません。しかし、使いこなしたほうが幅広い着こなしを楽しめるでしょう。

ビジネス用のネクタイも使えますが、オシャレ感をだすならニット素材の

ネクタイやデザインの入ったネクタイを選びましょう。

9.インナーにニット類を取り入れて上品さをアピール

インナーにセーターやカーディガンなどのニット類を取り入れた着こなしも

セミフォーマルではOKです。

大人っぽさを意識するならハイゲージで光沢感のあるアイテムを取り入れるのも

いいでしょう。

着こなしの自由がきくスタイルなので、ニットで遊びつつ上品さもアピール

できますよ。

10.柄物ジャケットでカジュアルに

 柄物ジャケットは存在感が強く、派手なデザインだとジャケットだけが悪目立ちしてしまうこともある。そうならないためにも柄入りジャケットなら落ち着いた色みのアイテムを選ぶのが無難です。

まとめ

ドレスコードを理解すると、おしゃれの幅が広がります。

基本スタイルをおさえたら、少しずつ自分らしさを取り入れてみるのも

いいでしょう。

ただし、ドレスコードのマナー違反にならないように注意して下さいね。