クレジットカードのお得は還元率で判断すべき!?

人間関係

買物をするのに何かと便利なクレジットカード。

皆さんクレジットカードはなんとなく作った人が多いのではないでしょうか?

銀行でローンを組んだときなんとなく手続きしたカードを持っている人。

何かのサービスを使うのに、作ったカード。

クレジットカードにはそれぞれ、還元率や付帯サービスなど、カード会社によって

違いがあるんです。

なんとなくで持っているクレジットカード、実は損していることも。

しかし、難しいのは「どのクレジットカードを選べばいいか」ということですよね。

還元率の高さや年会費の有無、付帯サービスの充実度、電子マネーとの相性など、

クレジットカードを選ぶには比較する項目がとても多いです。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度と言われますが、その2~4倍もの

高還元クレジットカードも多数存在するんです。

そこで今回は、高還元のクレジットカードを徹底比較して、おすすめできる

クレジットカードを紹介したいと思います。

徹底調査!クレジットカード還元率ランキング

では、高還元率のクレジットカードをランキング形式で紹介したいと思います。

カードによっては、ポイントやギフトに還元できたり様々です。

自分の生活で使用頻度が高いものに当てはめてカードを選びましょう。

 

1位 楽天カード

還元率:1.0~3.0%

年会費:永年無料

【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、

楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」のクレジットカードです。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が

3.0%以上になります。

また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、

楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になるんです。

ただし、楽天市場で月9000円以上を使う人なら「楽天ゴールドカード」が

お得ですよ。

 

 2位OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

還元率:1.0~3.0%

年会費:永年無料

【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も

通常還元率が1.0%の高還元カードです。

「オリコモール」活用で「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで

貯まるポイントも含めれば「楽天市場」では還元率2.5%、「Yahoo!ショッピング」

では還元率3.0%。

サイトによっては還元率15%以上に達するなど、ネットショッピングを利用する方にはとてもおすすめのカードです。

また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利です。

貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができ、ポイントの使い勝手も良いカードです。

 3位dカード

還元率:1.0~3.0%

年会費:永年無料

【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードです。

、auやソフトバンク利用者でもお得に使えます。

通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が

永年無料になり、ますますお得なカードに進化しています。

さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と

合計すると常時5%の超高還元が実現するんです。

「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、

「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカード

です。


(なお、ETCカードの年会費は初年度無料、2年目以降500円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)

4位 JCB CARD W(ダブル)

還元率:1.0~3.0%

年会費:永年無料

【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】

「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは

還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカードです。

しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群

です。

 5位ビックカメラSuicaカード

還元率:1.0~1.5%

年会費:初年度無料(※)

【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」を利用している人が最も得するカードです。

初年度は年会費無料、2年目以降は年会費477円(税抜)ですが、年に1回でも

カード決済をすれば次年度無料になります。

さらにモバイルSuica」の年会費(1000円)も無料になるんです。

通常還元率1.0%で、「Suica」「モバイルSuica」チャージは還元率1.5%に。
(※ 2年目以降477円。ただし、年一回でも利用すれば次年度無料)

自分の生活で、ネットショッピングをたくさんする、コンビニを多く利用する、

スイカを使う等使用頻度が高いものとリンクしてカードを選んでみてくださいね。

クレジットカードを還元率で比較!おすすめカード教えます

クレジットカードで、高い還元率で人気の「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」。

どちらもおすすめのカードですが、「何が違うの?」と疑問を持つ方も多いかと

思います。

そこで、2つの楽天カードについて比較してみたいと思います。

≪楽天カード≫

年会費無料で通常還元率が1.0%と高還元なのに加えて、楽天市場や

楽天ブックスで「楽天カード」を使うと還元率が3.0~最大13%まで達します。

2018年からは「楽天スーパーポイント」をカード利用額に充当できる

「ポイントで支払いサービス」が始まり、“キャッシュバック型カード”としても

最強カードになりました。

さらに、従来の「楽天スーパーポイント」で投資信託の積み立て投資も可能な

サービスに加えて、2019年10月28日からは国内株の購入もできるようになるなど、進化が止まらないカードです。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%  
発行元 楽天カード  
国際ブランド VISA、Master、JCB、Amex  
年会費 永年無料  
家族カード あり(年会費無料)  


「楽天カード」は、クレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの

楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カードとして利便性が高い

カードです。

通常の還元率は1.0%ですが、楽天市場や楽天ポイント加盟店では

還元率が3.0%から最大13.0%にもなり、ポイントの2重取り、3重取りが

簡単にできるのも特徴です。


さらに、スマホ決済の「楽天ペイ(アプリ決済)」を使えば、ローソン、

ファミリーマートなどのコンビニをはじめ、ファミレス、居酒屋、カラオケ、

レンタカー、書店などで、200円につき1ポイントが貯まります。

登録するクレジットカードが「楽天カード」であれば、さらに100円につき

1ポイント貯まるので、還元率は合計1.5%となって、ますますお得になります。

「Apple Pay」や「Google Pay(楽天Edy、楽天ポイントカード)」にも対応しているのでネットでもリアルでもスマホでも存在感が大きく、「楽天スーパーポイント」

を支払額に充当できる「ポイントで支払サービス」、国内株の購入や投資信託の

積み立てに使える「ポイント投資」などがあります。

≪楽天ゴールドカード≫

楽天ゴールドカード」は、年会費無料の「楽天カード」、年会費1万円(税抜)の「楽天プレミアムカード」の中間に位置するカードで、年会費は2000円(税抜)です。

全国の主要28空港の「空港ラウンジ」が利用できるなどのゴールドカードとして

の付帯サービスと、楽天市場や楽天ブックスでは「楽天カード」よりも

還元率が高くなるというメリットがあります。

楽天市場や楽天ブックスで年11万円(月9000円)程度を使うなら、

楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」のほうがお得になりおすすめです。

楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年500円)

年会費2000円(税抜)にもかかわらず、楽天市場で利用すると、5.0%の

「楽天スーパーポイント」を獲得でき、0や5の付く日はさらに2.0%が

上乗せされて還元率が7.0%に達します。

そのため、年間11万円(月9000円程度)を楽天市場で利用するだけで、

年会費無料の「楽天カード」よりもお得となるので、現在「楽天カード」を

利用している人はアップグレードするのもおすすめです。


「楽天ゴールドカード」で貯まる「楽天スーパーポイント」の使い勝手も

向上しています。

「楽天モバイル」の通信料に充当できるだけでなく、ポイントで投資信託に

投資したり、「楽天カード」や「楽天銀行デビットカード」の支払額に充当したり、

「楽天ペイ」で利用したりと、「楽天スーパーポイント」はほぼ現金として

使えるようになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードをなんとなくで持っていた方は、この機会にぜひ見直して

みてください。

ネットショッピングが多い方、コンビニ利用が多い方、スイカを多く利用する方

など、それぞれによってお得に使えるクレジットカードは違います。

自分の生活スタイルを基にお得なカードを選びましょう。