クリスマスイルミネーションの経済効果は〇億円もある!

クリスマス

冬の寒さもロマンチックに変えてくれるクリスマスイルミネーション。
クリスマスイルミネーションは、毎年ハロウィンのイベントが終わった11月上旬ごろから点灯され始めます。
商業施設、テーマパーク、自宅の庭やベランダなど、日本中の至るところで飾り付けされ、各々で楽しんでいるのではないでしょうか。
日本では、クリスマスイベントとして、イルミネーション以外にも豪華な食事をとったり、大切な人へプレゼントを贈ったりと、特別なことを行う人が多いため様々な消費活動が行われます。
その経済効果は、2017年においては約7,000億円に達したと、一般社団法人日本記念日協会は発表しました。
この効果は、誕生日やお正月に並ぶほどの勢いであると言われています。
さらに近年、LED電球が普及されたことによって、イルミネーションの飾り付けは、年々華やかさを増しています。
ちなみに、LED電球の単価は、白熱灯と比べると約5倍高くなります。
単価だけ聞くと高価に感じるかもしれません。
しかし、LED電球の寿命は長く、さらにメンテナンスが楽になるというメリットがあります。
そのため、数年は同じ電球が使えるので、
ランニングコストで言えば、安く抑えられています。
結果、イルミネーションイベントの人気が出てしまえば、収益は年々右肩上がりになると言うことです。
さらに、LED電球は、熱を発しないため周辺環境にも優しく、雨風に対する耐久性も高い性質があるので、長く使えば使うほど、その費用対効果も高くなります。
今や、クリスマスイルミネーションがもたらす経済効果は、日本の経済にとって大きな影響を与えていることは間違いありません。

クリスマスイルミネーションは通販でかなり売れている

 

最近では、自宅の庭やベランダにクリスマスイルミネーションを飾りつけする家庭が増えつつあります。
家庭で行う人が増加している要因としては、LED電球の装飾品やソーラパネル付きのエコ発電の装飾品などによって、ランニングコストが抑えられるようになったからと考えられます。
自宅で行うと、はじめのうちは予算が少ないため、飾り付けが淋しいかもしれません。
しかし、自宅で行うイルミネーションは数年の時間をかけて、装飾品を揃えていくことになります。
毎年どんな装飾品を増やすのか考えると、より楽しくなりますね。
では、自宅でイルミネーションを行っている人はどこで装飾品を揃えているのでしょうか。
それは、店頭や通販サイトです。
また、最近では「イルミネーション専門」の通販サイトが存在するほど、クリスマスイルミネーションは注目を集めています。
店頭で購入すると、すぐに商品が手に入りますが、商品の種類か極端に少ないことは否めません。
無難でスタンダードな装飾品しかないので、自分の思い描くイルミネーションを作り上げたいならば、やはり通販サイトで探すのが一番でしょう。
店頭や総合通販サイトより、専門の通販サイトの方が品揃え豊富で、価格もそれほど高くあえりません。
オーナメントやモチーフライトなどを探したときは、高い確率で「自分の欲しい」が見つけられるはずです。
周りとは違うクリスマスイルミネーションを楽しみたい方は、こうした専門の通販サイトを利用してみてください。
また、クリスマスイルミネーションの準備は電飾だけではありません。
点灯するには、防水延長コードも必要になります。
それだって、店頭購入して持ち帰るとなれば、それなりの重さになります。
しかし、通販での購入ならば、自宅まで配送されるので一つ手間が省けます。
クリスマスイルミネーションの装飾品は、形も色も数えきれないほどあります。
その家の人のセンスが現れるので、たくさんの商品から選んで、自分らしいものを作り上げてください。
自宅で行うクリスマスイルミネーションは、完成するまでに数年の時間が必要と考えて、焦らず揃えていきましょう。

クリスマスイルミネーションの日本と世界での人気に差はある?

日本のクリスマスイルミネーションは、海外でも取り上げられるほど、高い人気を誇っています。
日本人からすると、「海外のイルミネーションの方が本場だから、豪華できらびやかなのではないか」と思いませんか。
外国人からすると、光を駆使して繊細に装飾するその光景が日本ならではの芸術のように感じるようです。
しかし、日本のクリスマスイルミネーションは、残念ながら高い評価だけを得ている訳ではありません。
「日本は、キリスト教徒じゃないのに何故クリスマスに力を入れるの?」という意見を持つ方もいらっしゃいます。
日本人の宗教に関係なく、自由に祝うところは外国人からみたら理解し難い部分なのかもしれませんね。
海外のクリスマスは家族と過ごす時間となり、宗教的意味合いを強く持つので、そう言った意見があるのも頷けます。
外国人の方から見ると、日本のクリスマスは、商業的意味合いの方が強いため不思議に感じるところがあるのでしょう。

さいごに

話題になるクリスマスイルミネーションスポットは、増えつつあります。
さらに、自宅でイルミネーションを行う家庭も増え、クリスマスイルミネーションの市場は年々拡大しています。
クリスマスイルミネーションがもたらす効果は、今後の日本経済にとって必要不可欠と言ってもいいのではないでしょうか。