梅花見

太宰府天満宮

ちょっと気になる飛梅伝説とは?由来や意味を調べてみたよ

飛梅伝説で有名なのは太宰府天満宮ですよね!飛梅伝説と聞いたことがある人もいると思いますがどのような伝説で、どのような意味があるのか知らない人も多いと思います。ここでは飛梅伝説について由来や意味を詳しく説明します! 由来や意味を知ることで次に太宰府天満宮へ行ったとき今までとは違う見方が出来ると思います!
梅花見

水戸偕楽園梅まつりの見ごろはいつ?梅開花状況

暖かくなると水戸偕楽園梅まつりが気になりますよね!? まだ一度も観光に行ったことがない人におすすめの情報を紹介したいと思います。 水戸偕楽園の梅開花状況をチェック! 【偕楽園】約3,000本のうち712本が開花(開花率26.91%) ...
家族

【和歌山と言えばの】南部梅林で梅干し買うならココがおすすめ

梅干しで有名な場所は和歌山の南部梅林ですが、美味しい梅干しを購入したいなら直営店は色々な種類の商品があるのでおすすめです。 梅干しを購入できるお店や工場見学や梅まつりについて紹介したいと思います。
太宰府天満宮

太宰府天満宮と言えばの梅ヶ枝餅人気のお店ランキング!

太宰府天満宮は福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号にあります。学問の神様がいることで有名ですよね。この太宰府天満宮の名物をいえば梅ヶ枝餅です。太宰府天満宮まで行く参道には梅ヶ枝餅を販売しているお店がたくさんあります! 本当にたくさんあるのでどこで食べようか迷ってしまうほどです。ここでは迷ってしまわないように美味しいお店を紹介します。お店によって梅ヶ枝餅を手で焼いているお店もあれば、機械で焼いているお店もあります。他にも梅ヶ枝餅の周りにみみが付いているものと、ついていないものとがあります。
桜花見

箕郷梅林梅まつりは梅と河津桜の善地梅林広場へ!

箕郷梅林梅まつりは群馬県高崎市箕郷町善地・富岡で平成31年3月1日(金)~3月の下旬まで行われる祭りです。毎年たくさんの人が訪れる祭りになります。 関東平野を一望できる丘には約10万本の梅の木が植えられており、開花するとものすごく綺麗な景色を見ることが出来ます。また箕郷梅林は、みさと梅公園を中心とするカニ沢会場と善地梅林広場(善地会場)の2か所あり、善地梅林広場(善地会場)では約300本ある河津桜を一緒に楽しむことが出来ます!
梅花見

南部梅林梅まつりはココを見ろ!見どころ一挙紹介

毎年たくさんの人が訪れる南部梅林梅まつりは平成31年2月2日(土)~3月3日(日)まで開催されています。お祭りの期間は地元の農家のお店が出店されており、梅干しや漬物が発売されています!名物は「かたやまのいももち」と言ってさつまいもで作られたもので、あんこが入っているものと、入っていないものがあります。是非食べてみて下さい!
梅花見

待ちきれない!水戸偕楽園梅まつりの見ごろはいつ?

毎年たくさんの人が訪れる水戸偕楽園梅まつりは平成31年2月16日~3月31日に開催されています。120年以上の歴史がある祭りになります。梅の香りがとてもいい匂いですよ! 水戸偕楽園梅まつりは水戸市の偕楽園と弘道館で行われます。この2つは日本の文化・伝統を守る「日本遺産」に認定されています。この建物の周りに咲く梅の花と一緒に見る景色は素晴らしいです!