桜花見

桜花見

地元民が行った!弘前さくら祭り 穴場さくら花見スポット

桜前線の北上から4月の下旬から桜がチラホラと花咲く弘前城のさくらです。 幾重にも重なるように咲くさくらは、青森県を代表する果物「りんご」の剪定方法から生まれたと云われています。日本一といわれる弘前の桜は、ひとつの花芽からいくつもの花が咲き、迫力のある花付きが特徴です。 昨年2018年は100周年の節目を迎えたといわれています。 2019年も壮大な桜となりますので是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
桜花見

地元民が行った!日立さくらまつり穴場さくら花見スポット

日本のさくら名所100選に選ばれている茨城県日立市のさくらスポットです。 日立さくらまつりでは、駅前の平和通りのライトアップ照明と国の重要有形民俗文化財に指定された日立風流物が名物となっています。 日立さくらまつりアクセス 日立さ...
桜花見

地元民 高田城百万人観桜会の穴場スポットと見どころ

日本三大夜桜の一つである高田城百万人観桜会は、1614(慶長19)年に、徳川家康の六男・松平忠輝公が築城した高田城です。 築城とともに城下町が形成され、今も当時のまちの面影を見ることができます。 桜の名所となる高田公園は、高田城の城跡公園となっています。 明治42(1909)年、第13師団の入城を祝い、城跡に2,200本の桜を植樹したのが観桜会の前身といわれています。
桜花見

常陸 風土記の丘 地元民が紹介する穴場策花見スポット

常陸風土記の丘は、古くからある文化(古墳・城跡・遺跡など)を数多くの文化史跡や名所旧跡、民俗 芸能が伝承されてきた資料館として『歴史の里・石岡市』の歴史的財産活用して、歴史、伝承、体験学習、スポーツ、コミュニティーなど、広く活用できるようにとの目的から作られた施設です。
桜花見

千波湖の花見 地元民が教える穴場スポット

千波湖は、日本三名園の一つとされている偕楽園の下に広がる淡水湖です。 偕楽園の近くということもあり多くの観光客などが訪れる場所でもあります。 日本三名園とは金沢市にある兼六園。 岡山市にある後楽園。 そして、千波湖がある水戸の偕楽園です。
桜花見

舎人公園 地元民が紹介する穴場桜花見スポット

舎人公園は、東京とは思えないぐらいに広がる空と多様な自然が楽しめる憩いの場所です。みどりと水に恵まれた敷地は現在も造成が進み、ますます拡大しています。 最終的な計画では、69.5ヘクタールに及ぶ予定となっています。 現在はスポーツ施設、様々な広場、池などが整備された約61.2ヘクタールを開園しています。
桜花見

2019目黒川の地元民が紹介する桜スポット

目黒区内には桜を鑑賞できるスポットがたくさんあります。 今回は、地元の方が毎年行かれる目黒川界隈のお花見スポットっと地元ならではの穴場スポットのご紹介です。
桜花見

目黒川2019年花見情報

目黒川は、東京都目黒区、世田谷区、品川区を流れて東京湾に注ぐ川で、目黒川沿いの約800本のソメイヨシノによる桜並木は、東京の行ってみたいお花見ランキングでNo.1となっています。 目黒川の桜は、目黒川の水面に覆いかぶさるように咲き乱れる「桜トンネル」が名物で、毎年大勢の人が訪れる人気スポットです。
桜花見

柏原池公園の桜花見 地元民が教える穴場情報

茨城県石岡市にある柏原池公園は地元憩いの場として、山王川の上流にある公園です。 柏原池公園の近くにはサッカー,球技,野球などができる公園もあり、また、さまざまな野鳥の姿も見ることができる場所となっています。 春になると桜がとてもきれいで,花見などのスポットとしても茨城県の中でも有名な場所となっています。 普段は,芝生・池・散歩コースなどが整備されていて、ランニングをする人やお子様連れで楽しんでいる人など各自のスタイルで余暇を楽しめる公園です。