太宰府天満宮

太宰府天満宮

ちょっと気になる飛梅伝説とは?由来や意味を調べてみたよ

飛梅伝説で有名なのは太宰府天満宮ですよね!飛梅伝説と聞いたことがある人もいると思いますがどのような伝説で、どのような意味があるのか知らない人も多いと思います。ここでは飛梅伝説について由来や意味を詳しく説明します! 由来や意味を知ることで次に太宰府天満宮へ行ったとき今までとは違う見方が出来ると思います!
太宰府天満宮

太宰府天満宮と言えばの梅ヶ枝餅人気のお店ランキング!

太宰府天満宮は福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号にあります。学問の神様がいることで有名ですよね。この太宰府天満宮の名物をいえば梅ヶ枝餅です。太宰府天満宮まで行く参道には梅ヶ枝餅を販売しているお店がたくさんあります! 本当にたくさんあるのでどこで食べようか迷ってしまうほどです。ここでは迷ってしまわないように美味しいお店を紹介します。お店によって梅ヶ枝餅を手で焼いているお店もあれば、機械で焼いているお店もあります。他にも梅ヶ枝餅の周りにみみが付いているものと、ついていないものとがあります。
太宰府天満宮

太宰府天満宮の飛梅伝説って何?どんな伝説なのか簡単に教えて!

太宰府天満宮は学問の神様として有名ですが‥それ以外にも飛梅伝説や飛松伝説もあったようです!みなさん知っていましたか!?そこで、飛梅伝説と飛松伝説だけではなく、道真公の歴史について紹介したいと思います。
太宰府天満宮

太宰府天満宮の梅ヶ枝餅ならココは外せない!人気のお店10選

太宰府天満宮といえば、菅原道真公をお祀りする「学問・至誠・厄除けの神様」として有名ですね。 というのも、道真は幼い頃から学問の才能に優れていて5歳で和歌を詠んでいたとも言われているんだって! そして、太宰府天満宮に参拝したあと名物としてはずせないのが「梅ヶ枝餅」