家族

子供

突然の嘔吐!子供に熱ありのときはどう対処したらいいの?

子供の突然の嘔吐、熱あり…となると、不安を隠し切れません。 さて、この場合親はどのような行動を取るべきなのでしょうか? 今回は子供の嘔吐や熱への対処法をご紹介すると同時に それらをもたらす疾病をいくつかご紹介させていただきます。
勉強

夏休みの工作!小学校低学年におすすめなのは?

夏休みの宿題の一つに『工作』がありますが、小学校低学年の子どもだと 一人で作るのって難しいですよね。 はさみを使ったり、一人では危ない作業もあるので、大人と一緒に 工作に取り組んであげましょう。 でも、夏休みの工作って何を作ればいいの? 小学校低学年でも簡単に作れる作品ってどんなの?
子供

離乳食は段階的に増やす!?初期量の増やし方を調べてみよう!

今までミルクや母乳だけだった赤ちゃんがいよいよ離乳食。 ママたちは、赤ちゃんの成長が嬉しいけれど、初めての離乳食に 不安もありますよね。 いつごろから始めればいいの? 量はどのくらいあげればいいの? 最初の離乳食は『ひとさじ」からと言うけど、ひとさじってどのくらい? そんなママたちの不安や疑問にお答えして、離乳食の始め方から、 初期量の目安、離乳食の増やし方についてご紹介します。
子供

お子様の乾燥肌にはこの方法!子供にオススメのクリームベスト10!

冬になると空気が乾燥してきて、大人も肌の乾燥を感じますよね。子どもの場合、乾燥肌がひどくなると痒みで掻きむしってしまい、傷になってしまうことも。乾燥には保湿が大切なのはわかっているけど・・・たくさんある保湿剤、何を使ったらいいか分らない。
人間関係

オムツかぶれ?蒸れてカサカサ?赤ちゃんの肌荒れの原因と対処法

赤ちゃんは大人が思うより敏感な肌で、ちょっとした事で荒れてしまいます。 上の子が居てすでに経験済であれば難なく対処出来ると思いますが、 それが初めての赤ちゃんとなれば夫婦二人して右往左往してしまうかも? アドバイスを受けるにも、両親が遠方だったり周辺に知り合いは居ない… となると夫婦だけで解決しなければならず、悩めるところだと思います。 ですので今回、赤ちゃんの肌荒れの原因、対処法について解説しますので 早めの解決への一手として、また予防にも役立てていただけると幸いです。
人間関係

定年後も働く人が多いのはなぜ?そこには3つの理由があった

私からしたら、後5年すれば定年退職出来る!定年後はゆっくりのびのびと第二の人生を生きたいから、そのために、後5年頑張ろう!という感じなのですが・・・。 私のように、これまで仕事を頑張ってきたのだから、定年後ぐらい自分の時間に使いたい、遊びたいという方はいなくなってしまったのでしょうか・・・? そこで私は、なぜ定年後も働いている方が多いのか?また、定年後も働いている人たちはどのような思いで働いているのか気になったので、調べてみました。 定年後も働く人が多い理由を調べていると、大きく訳分けて3つの理由が分かりました。
人間関係

定年後の過ごし方考えてる?女性が楽しく生きるために大切なこと

今勤めている会社を定年したあとは、どんなふうに生活したいと思っていますか? 定年後は夫婦の会話が増える、お互いに好きな趣味などがあると一緒にいる時間が増えますよね!? 定年後暮らしにどんな変化があるのか?定年後の過ごし方について紹介します。
人間関係

病み上がりに持ってこい!簡単にできる消化の良い料理5選

胃腸が弱っているときはあまりご飯を食べたいとは思いませんよね!? そんなときはゼリーやお粥を少し口のなかにいれて、よくかんで食べてみてください。 消化のいいご飯やゼリーを食べて、薬を飲んだら横になって休みましょう。 すぐ元気にならなくても、栄養がある食べ物を食べて体を休ませたら元気になりますよ。 体の調子が悪いときは無理をしないで休むことが大切です。
人間関係

要注意!夫婦二人暮らしでも生活費は平均〇万円もかかるという事実

生活費の平均額や支出割合がわかると、ご自分の家庭の支出を見直しやすいですよね? 生活費の節約のポイントは、固定費です。 特に、住宅費は生活費の支出を占める割合が大きいので、お部屋決めるとき住宅ローンを組むときはよく考えてから決めてください。 住宅費は収入の3分の1の支出を目安にするのがよいでしょう。 また、通信費となる携帯電話も料金プランの見直しや格安スマホへの乗り換えを検討してみてください。 格安スマホへの乗り換えで支出が抑えられるのはもちろんのこと、料金を見直すだけでも意外と支出を抑えられたりするものです。
人間関係

子育て費用っていくら必要なの?知っておきたいその平均値とは

子供がうまれたらオムツやおしりふき、ミルクなどの出費がありますが、子供が少しずつ成長していくと幼稚園や小学校に通うようになります。 子供が成人するまでにたくさんお金がかかってしまうため、小さい時期から少しずつ貯金をすることが大切です。 私はまだ働いていませんが上の子が幼稚園で、下の子が1歳なのでもう少ししたらパートで4時間くらい働きに出ようと考えています。 今は10月から3歳以上であれば幼稚園は無料なので助かってはいます。