ブロッコリーを100%味わうための切り方から保存方法まで

家事

後1品欲しいときには茹でるだけで食べることが出来るのでとても便利ですよね。
他にもお弁当を毎日作っている人にとってはちょっとした隙間にブロッコリーを入れることで色どりもよくなりますよね!
このようにとても便利なブロッコリーは切り方、茹で方で美味しさが変わるので知っておくと役立つと思います。

また正しい保存方法で保存することで長期保存後も美味しく食べることが出来ます。
長期保存できればお弁当に少しずつ入れることが出来るのでとても助かります!

ブロッコリーの茎をそのまま捨ててしまう人もいるかもしれませんが、茎も食べることが出来ます。
歯越えてがありとても美味しいですよ。ここではそのブロッコリーの茎を使ったサラダの作り方を紹介します。
捨ててしまっていてはもったいないので是非紹介する作り方でサラダを作ってみて下さい!
ブロッコリーの茎が残っていればもう1品作ることが出来るのも嬉しいですよね!

ブロッコリーの切り方・ゆで方・保存方法のポイント

まずブロッコリーは細かいつぼみの部分に虫やゴミがとても入りやすい野菜になるのでしっかり洗う必要があります。
ボールに水を入れてそこにブロッコリーをしばらくつけておきます。
そのあとブロッコリーを水の中でふってきれいにしましょう!

①ブロッコリーの切り方

まずはつぼみがついているところと、太い茎の境目を切り落とします。
つぼみを包丁で切ってしまわないように注意しながら、つぼみの付いた枝分かれの部分を切って小さくしていきましょう。

②ブロッコリーの茹で方

たっぷりのお湯で茹でましょう。お湯の中にはお湯の量に対して1~2%の塩をいれます。
茹で時間は2~3分くらいで大丈夫です。ちょっと硬いかな?と思うかもしれませんが、お湯からあげて冷ましている間の余熱で火が入るので食べる時にはちょうどいいかたさになっています!
茹で上がったブロッコリーは自然に冷ますようにしましょう。
水をかけてさましてしまうと、ブロッコリーのつぼみの部分が水をすってしまいべちゃべちゃになります。
急いでいてすぐ食べたい場合は仕方ないので水で冷やしてもいいですが、その後はキッチンペーパーでつぼみの水分をすぐに拭き取りましょう!

ブロッコリーは電子レンジでも加熱することが出来ます。
鍋を使う必要がないので急いでいる時にはとても便利な方法だと思います。
茹でるときと同じようにブロッコリーを切って水で洗いその水分が残ったまま耐熱容器にいれて塩をふり、ラップをふんわりとかけます。600Wで2~3分加熱すれば出来上がりです!

③ブロッコリーの保存方法

正しい保存方法を知っていることで保存出来る期間は全然違ってきます。
生のままブロッコリーを保存する場合は軽く濡らした新聞紙に包みそれをビニール袋に入れて野菜室で保存します。
ブロッコリーを置くときにつぼみを上に向けてしまいましょう!
このままの状態で2~3日は保存することが出来ます。

茹でてから保存する場合はブロッコリーの水分をしっかり拭き取ることが大切です。
それを密封できる容器に入れて保存しましょう!1~3日ほど保存することが出来ます。

ブロッコリーは冷凍保存もすることが出来ます。
冷凍保存するブロッコリーは茹で時間を短くし硬めに茹でるのがポイントです。
水分をよく拭き取って重ならないように密封出来る入れ物に並べて冷凍しましょう。
冷凍であれば1カ月ほど保存することが出来ます。
この冷凍したブロッコリーは自然解凍後そのまま食べることが出来ます。
保存期間が長く解凍方法も簡単なのでお弁当にはとても便利ですね!

ブロッコリーの茎はサラダにも使える

ブロッコリーの茎は食べることが出来るので捨てないで下さい!

まずはブロッコリーの茎の皮をむきます。そして食べやすい大きさに切りかるく茹でます。
今回はサラダに使うので歯ごたえが少し残るくらいが美味しいのでおすすめです。

そのままキャベツやきゅうりなどと一緒にドレッシングをかけて食べたり、ポテトサラダの中にまぜたり、マリネを作ることも出来ます。
とても栄養が豊富なので是非簡単に作ることが出来るサラダにして食べてみましょう!

まとめ

ブロッコリーの切り方は以下の通りです。
①つぼみがついているところと、太い茎の境目を切り落とす
②つぼみの付いた枝分かれの部分を切って小さくしていく
つぼみを切らないように注意しましょう!

ブロッコリーの茹で方は以下の通りです。
①たっぷりのお湯を沸かす
②お湯に対して1~2%の塩を入れる
③2~3分茹でる
④自然に冷ます

ブロッコリーを電子レンジで加熱する方法は以下の通りです。
①ブロッコリーを切って洗う
②水分のついたブロッコリーを耐熱容器にいれてふんわりとラップをする
③600Wで2~3分加熱する

ブロッコリーの保存方法は以下の通りです。
生のまま保存する場合
①濡れて新聞紙で包む
②さらにそれをビニール袋に入れる
③野菜室につぼみを上にしていれる

茹でてから保存する場合
①ブロッコリーの水分を拭く
②密封出来る容器に入れる

冷凍保存する場合
①茹でたブロッコリーの水分を拭く
②密封出来る容器に入れる
③解凍するときは自然解凍する

ブロッコリーの茎は皮をむき食べやすい大きさに切ってかるく茹でることでサラダで食べることが出来ます。とても栄養があるので是非作ってみて下さい!