バレンタインデーの由来と男性が喜ぶ贈り物

バレンタインデー

バレンタインデーは、毎年2月14日に行われている恒例行事です。
私達の多くは、物心付いた時からバレンタインデーという風習に慣れ親しんできていますが、そもそも、バレンタインデーというのはどのような日なのか気になります。

そこで今回は、バレンタインデーの由来や日本でのバレンタインデーの習慣。さらに、世界のバレンタインデーの習慣や男性が喜びそうなバレンタインデーの贈り物などを紹介していきたいと思います。

 バレンタインデーの由来

バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。
元々、269年にローマ皇帝の迫害化で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日で、主に西方教会の広い地域において伝えられていました。
これがバレンタインデーの由来です。ではなぜ、バレンタインデーはカップルの愛の誓いの日とされているのでしょうか。
その起源の諸説として、バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にまで遡るとされています。
当時のローマは、2月14日は「女神・ユノ」の祝日であり、ユノは「神の女王、家庭と結婚の神」とされており、翌2月15日は、豊年を祈願する「ルペルガリア祭り」の始まる日でした。
当時、若い男女は生活が別だったため、前日の2月14日、娘たちは名前を書いた札を桶の中に入れ、翌日男たちは桶から札を1枚引き、引いた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていました。
そして、多くのパートナーがそのまま恋に落ち結婚しました。
このことが、バレンタインデーは愛の誓いの日と定着する起源となった理由です。
しかし、この起源について近年反論する声が多く聞かれることもあり、実際のところ、どのようにして現在まで続くバレンタインデーの原型になったのかは確信されておりません。
でもハッキリしていることは、「バレンタインデーは太古か伝わる万国共通の記念日」ということです。まあ記念日といっても、特別祝日というわけではありませんけどね。

 日本のバレンタインデー

日本でのバレンタインデーといえば、「女性が男性に愛情の告白として本命チョコを贈る」という風習でお馴染みですね。女性が男性に送るチョコには様々な種類があり、デパートなどで販売している少し値段が高いチョコレートや、手作りのチョコレートなどがありますね。
日本でのバレンタインは、1958年頃から始まっており、チョコを贈るという風習は、実は日本独自の風習だそうです。
バレンタインデーのチョコは、本命の他に、恋人ではないけど、友達としてという意味で贈る「義理チョコ」があり、長らくこの2種類だけでした。
しかし、2000年代に入ると、女性が女友達に贈る「友チョコ」、男性が女性に贈る「逆チョコ」、男性が男友達に贈る「強敵(とも)チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」など、バレンタインデーに贈るチョコの種類が増加しています。
友(強敵)チョコは、女子校や男子校などで流行っていると思います。そうとしか考えられないです。
また、バレンタインデーの名物といえば、男性芸能人に全国から大量にチョコが送られてくることですね。
特に、ジャニーズ事務所に所属しているタレントさんはその話題の主役となり、その数は、トラック1、2台分と言われています。
また、野球選手やサッカー選手などにも全国各地のファンからチョコが送られてくるのも話題になりますね。段ボールにチョコが入っている映像が流れているのは毎年恒例ですね。

 世界のバレンタインデー

日本では、チョコを贈る風習がありますが、世界各国ではどのようなバレンタインデーとなっているのでしょうか。目を向けてみたいと思います。
まずは、バレンタインデー発祥の地とされている西欧とアメリカです。
西欧やアメリカでは、バレンタインデー当日に、男女共に、花やケーキ、カードなどを恋人や親しい人に贈っています。
特にイギリスでは、贈るカードに「From Your Valentine」や「Be My Valentine」などと書いていることが多いようです。
次に、ベトナムや中国などのアジア圏ですが、どちらも西欧・アメリカ流の風習で、男性が女性に尽くす日となっています。
中国では、バレンタインデーは「情人節」と呼ばれ、恋人の為の日という意味であり、彼氏が彼女に奉仕する日となっており、男性が女性へ花を贈るのが一般的となっているそうです。
このように、日本では「女性が男性へ贈り物をする」ことが、世界では「男性が女性へ贈り物をする」ということになっています。
しかし、近年日本でもチョコ以外にクッキーやケーキなどを贈る事例もあるそうです。

 男性が喜ぶバレンタインデーの贈り物

日本では、チョコを意中の男性に贈っていますが、果たして世の男性は女性からチョコを貰って喜んでいるのでしょうか。そして、何を貰ったら喜ばれるのでしょうか。
恋愛経験がほとんど無い私ですが、バレンタインデーに貰う立場として言わせていただきます。
男性が喜ぶ最高の贈り物はチョコなどの「物」ではありません。物を贈る女性の「想い」です。
私は学生時代、バレンタインデーに女子からチョコを貰ったことがあり、それが義理チョコだと一目で分かりました。しかし、例え義理チョコでも、女子からチョコを貰うのは男子にとっては嬉しいことなのです。それが自分が気になっている女子だったら尚更です。
ですが想いと言っても様々あるので、それを形にするのであれば、「チョコと一緒に手紙を渡す」というのがベストだと思います。
そしてその手紙の内容ですが、自分の携帯のメールアドレスや、LINEの番号などを書くことをオススメします。
返信が来れば、贈った相手に想いが伝わったということになります。
すごくベタなことですが、最も喜びそうな贈り物だと思います。

さいごに

私は、今年もバレンタインデーは無縁確定ですね。笑
バレンタインデーは、学生にとって大きなイベントの1つになっていると思います。
素敵なバレンタインデーを過ごしてください。