アトピーの原因は何?大人になって発症することも

人間関係

一般にアトピーは乳児や幼児に発症しやすいと認知されていますが、実は大人になってからアトピーを発症する場合があります。
大人のアトピー性皮膚炎には、様々なことが関係しています。
もともと皮膚が弱い体質だったり、遺伝だったり、食べ物や、ダニなどのアレルギー、喘息などがあるだけでも発症のリスクが高くなります。
でも、アトピーってどのような皮膚の状態でなりやすいのでしょうか?
それは、皮膚の角層といって、私たちが触れる皮膚の表面に異常があり、乾燥してバリア―機能が低下することで赤く炎症を起こします。
これは、さまざまな刺激やアレルギーが関与しているのです。
先に述べた、体質や遺伝に併せて、体調不良や大きなストレスを抱えていたり、不眠や食生活の乱れなどでも皮膚のバリア―機能が低下した途端にアトピーになってしまう場合があるのです。
そんな、大人のアトピーは治りにくく厄介な皮膚病なのです。
ここでは、大人のアトピーについてお話しします。

カサカサ、ザラザラして痒みがある場合はアトピーの可能性がある!?


アトピーの症状は、皮膚を触るとカサカサしてザラザラしています。
そしてアトピーが進行している状態だと赤くなってジクジクした状態になります。
そこからさらに進行すると、透明から黄色の液が出て、独特な悪臭が漂います。
筆者は大人アトピーの入院を必要とするほど悪化した状態を見たことがありますが、普段の生活を営むことは難しい状況になってしまいます。
見た目もかなり変わり果てた姿になってしまいます。
大人アトピーは放置することで悪化していきます。
そして治りにくい傾向にある為、早めに受診する事をお勧めします。
自己判断で様子を見てしまうと、もしかしたらアトピーではなく他の皮膚病かもしれない可能性があるため皮膚の専門医にしっかり相談をして下さいね。

アトピーの原因の一つは「内臓の冷え」


アトピーを患うと、ほとんどがステロイド剤の軟膏を使用しています。
ステロイドはアトピーの治療薬として重要な存在です。
炎症を起こしている部分を治してくれるお薬ですが、直りが早く急に塗り薬を使用しないとまた症状が現れたり、長期的に使用していると皮膚が薄くなったり、毛深くなるというような副作用が生じます。
ステロイドと聞くと、ちょっと抵抗がある人もいるかもしれませんね。
しかし、使用方法をしっかり守っていれば、怖い薬ではないのです。
少し話の内容が脱線してしまいましたが、アトピーと内臓の冷えに関してお話ししましょう。
東洋医学の考えで、内臓の冷えは皮膚に症状として現れやすいとされています。
内臓が冷えることで、体を循環している血液や水分もよどみ、不要な物質が排泄されず体を流れているという考えです。
また、ステロイドを使用することで元々の体の働きが阻害され、自然治癒力が低下するともいわれています。
ステロイドを使用しアトピー自体は治るかもしれませんが、内臓の冷えに対しては対応できないということです。
内臓の冷えが続いていると自分が元々持っている自然治癒力も低下して、皮膚へ刺激があるとすぐに湿疹になりやすい状態になることがアトピーという訳です。
また、さらに内臓の冷えは便秘や冷え性、免疫力の低下などの原因にもなる為、予防していきたいですね。
内臓の冷えを改善するためには体を温めるだけでは改善されません。
食事、運動、入浴、睡眠これらを見直して改善することが重要です。
まず、食事はバランスの取れた食事は基本です。
冷たい食べ物や飲み物は内臓を冷やしてしまう原因になるので、温かいものや常温のものを食べましょう。
また、腸を温めてくれる「シナモン」や「生姜」を食事に取り入れることも効果があります。
運動や入浴などで汗を流すことで新陳代謝が上昇して内臓の冷えを予防してくれます。
食生活の見直しと腸を温める工夫によって、アトピーが軽減する可能性もあります。
これらはアトピー以外にも、生活習慣病予防には重要な事なので、あなたの健康に関して重要なことだと言えます。なので、試してみる価値はあると思います!

アトピーの原因と考えられる食べ物


アトピーの発端は、免疫力のアンバランスから招かれたものです。
体を作るものは食べた物の栄養素が基本です。
細胞の生成を悪化させてしまう体の機能低下を招いてしまう食べ物を挙げてみました。

食品添加物(保存食、着色、香料を含むもの)

保存がきくように、見た目や、香りなどを付けて時間がたっても美味しそうに着色した食事になります。
例えば、コンビニの弁当やお惣菜、レトルト食品、冷凍食品、お菓子、カップラーメンなどです。

人工甘味料

炭酸のジュース、お菓子(チューイングキャンディやあめ、ガムなど)

遺伝子組み換え食品

豆腐やみそ、きな粉などに「遺伝子組み換え食品」の記載がある場合は気を付けましょう。

お酒やタバコ

お酒はアルコール全般、タバコは有害物質の物がほとんどなので避けましょう。

他にも、乳製品や小麦粉、マーガリンなどの食品も避けた方がよいとされています。
これらの食品には、体の炎症を招きやすかったり、摂取過多により栄養の偏りが考えられたりします。
アトピー以外にも、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病に結びつきやすい食品です。
大人の場合、そのような病気の危険性もあるため控えることが重要です。

まとめ

いかがでしたか?
大人になってからのアトピーは治りにくく、また顔に出やすい傾向があります。
様子を見ずに、皮膚科の受診をおススメします。
また、日々仕事に追われて食生活が乱れていると感じている人は、食生活を見直すことでアトピーが改善するかもしれませんね。