オムツかぶれ?蒸れてカサカサ?赤ちゃんの肌荒れの原因と対処法

人間関係

赤ちゃんは大人が思うより敏感な肌で、ちょっとした事で荒れてしまいます。

上の子が居てすでに経験済であれば難なく対処出来ると思いますが、

それが初めての赤ちゃんとなれば夫婦二人して右往左往してしまうかも?


アドバイスを受けるにも、両親が遠方だったり周辺に知り合いは居ない…

となると夫婦だけで解決しなければならず、悩めるところだと思います。

ですので今回、赤ちゃんの肌荒れの原因、対処法について解説しますので

早めの解決への一手として、また予防にも役立てていただけると幸いです。


どうして肌荒れが起こるの?その原因について

赤ちゃんの肌荒れと言えば、赤いつぶつぶのようなものやカサカサしている赤み、

またただれのようなものがある場合など様々です。

それらは全て乳児湿疹と呼ばれるもので、発生機序はいくつかあるようです。


ひとつめは、「刺激に対する肌の影響が大きい」です。

これはまず、赤ちゃんの皮膚が大人のそれよりも薄いのは明白です。

皮膚が薄いことで、紫外線や寒暖の刺激などがどうしても受けやすくなり、

それに伴い皮膚が炎症…つまり肌荒れを起こしてしまうのです。

もちろんオムツと肌が触れる部分や、オムツ内の便やおしっこなども

刺激となりますので、同じく肌荒れの原因となります。

ふたつめは、「皮脂が減ることによる乾燥」です。

赤ちゃんというのは、生後三ヵ月程度までは皮脂が多く分泌されます。

皮脂は肌を守る役割を持っているので、その間はトラブルが少ないでしょう。

ですが、三ヵ月を過ぎる頃から少しずつその分泌が減ってしまいます。

それに伴い肌が乾燥しやすくなり、カサつきから肌荒れへと移行するのです。

なお、オムツが触れる部分は皮脂が奪われやすく、乾燥しやすくなります。

みっつめは、「皮脂が多すぎることによる皮脂腺のつまり」です。

皮脂が多ければ肌を守ると上記にありましたが、多すぎるのも問題です。

皮脂が多量に分泌されることで乾燥や排せつなどが間に合わなくなり

それでも分泌される皮脂が、皮脂腺を詰まらせてしまうのです。

このように、赤ちゃんというのはとても肌がデリケートですので

大人の感覚で考えてしまうと、赤ちゃんは容易に肌荒れを起こします。


刺激に負けない強い肌作りを…赤ちゃんの肌荒れ対策ほっぺ編

柔らかで可愛らしいぷにぷにのほっぺ…赤ちゃんを天使としている要素です。

そんなほっぺが、肌荒れで見るも無残だなんて一大事ですよね。

しかもほっぺと言うのは、他の身体の部位と違って常に外気に曝されていて

赤ちゃんの身体の中で最も荒れやすい部位と言っても過言ではありません。

ですのでここではその対策について記述させていただきますが、

まずほっぺが肌荒れするその原因とは、前項3点いずれも該当します。

だから3点それぞれの対策が必要になるのでは?と思われるでしょう。

ですが基本的には「清潔にして保湿」をするだけで、多くは対策になります。

保湿をすることで肌のバリアが強化され、刺激に対して強くなります。

保湿により皮質の減少がカバーされ、肌荒れとなる前の乾燥を防ぎます。

清潔にすることで、多く分泌される皮脂も一旦リセットされることにより

皮脂腺の詰まりを回避することが出来ます。

このように、清潔にして保湿をするという基本的な対策というのは

「基本」とされるそれなりの理由がある訳です。

グッズとして適切なのは、主立ったもので

・ローション

・オイル

・クリーム

・ワセリン

・馬油

になるかと思います。


「これがいい」とは、赤ちゃんの肌に合う合わないがあることから

ここで答えは出せませんので、実際に使って見て判断しましょう。

もっとも、赤ちゃんが居る時点でグッズはある程度所持されていますよね。

まずはそれを適切に使ってみて、様子を見てからとするのが現実的です。


なおほっぺの肌荒れを放置してしまうと、痛みやかゆみを伴ってしまい

赤ちゃんが強く引っ掻いたりして出血する恐れがあります。

身体の露出している部位であり、赤ちゃんとしても容易に触れられることから

実は最も自傷しやすいところとも言えるのです。

そうでなくても機嫌が悪くなる、かんしゃくを立てる、泣くなどもあり

出来るだけ早めの対処と予防をするようにして下さい。

清潔と保湿が健やか肌のカギ!赤ちゃんの肌荒れ対策体編

ほっぺは赤ちゃんの身体の中で、最も外気に曝される状況が多いことから

肌荒れを起こす可能性が高いのは先にあるとおりです。

ですが、先に記述した肌荒れの原因に当てはまればほっぺだけに限らず

身体の他の部位にも肌荒れは起こると考えるのが自然です。

ですのでその場合の対策になりますが、やはり「清潔にして保湿」が

基本的に対策であり予防でもあり、そこには変わりありません。

ですが、身体の中でも「おしり」はほっぺ並みかそれ以上に荒れやすく

細心の注意を払わなければならないのです。

なおおしりの肌荒れの原因は、先に記述した3つの原因の内

「刺激に対する肌の影響が大きい」と「皮脂が減ることによる乾燥」です。


便などの付着やおしり拭きの摩擦、オムツの素材がおしりに合っていない、

濡れたおしりにオムツを履かせた為に雑菌が繁殖してしまうなどにより、

刺激を与えてしまうことになります。

また、オムツが常時皮膚に密着していることにより皮脂が吸収され、

肌が乾燥傾向になることでカサつきから肌荒れとなってしまうでしょう。

これらについては、まず大前提としてはオムツを積極的に交換することです。

便などが刺激になるケースが多いので、まずはこれで多くは改善されます。

また、オムツの交換時はおしり拭きをされるのが普通と思いますが

これを「たまにはお湯で洗う」ようにしましょう。

それによりおしり拭きよりも徹底して綺麗になる…だけではなく

拭き過ぎによる刺激や乾燥も防ぐことが出来ますので肌にも優しいです。

さらに、お尻を拭くにしろ洗うにしろ洗浄をした場合はきちんと乾燥して

濡れたままでオムツを履かせることのないようにしましょう。

素材が合っていない、また適切なオムツ交換をしているのに荒れる場合は、

違うメーカーのオムツも試してみて、合うものを選んでみましょう。

もっとも、紙オムツ自体が合わないという可能性もありますので、

その際は少し面倒なのですが布オムツも視野に入れるべきです。

漏れの心配があるかもしれませんが、近頃の布オムツは優秀なことが多く

専用のオムツカバーなども販売しており、紙オムツに負けない性能です。


【まとめ】

どうして赤ちゃんが肌荒れを起こしやすいのか、その原因は今回のとおりです。

もっとも、肌荒れを起こすこと自体は状況的に仕方がないところがありますし

全てを予防するのはほぼ不可能と言えるのではないでしょうか?

肝心なのは肌荒れの予防もそうなのですが、実際肌荒れを起こした際に

如何に迅速に治してあげられるかという部分です。

少しでも早く赤ちゃんの苦痛を和らげてあげて、また普段のぷにぷにの肌

ぴかぴかの身体にしてあげられるように配慮してあげましょう。