赤ちゃんの肌荒れと上手に付き合うためのワセリンの使い方

子供

赤ちゃんの肌は、すべすべ、もちもちですが、ちょっとの刺激や乾燥ですぐに

カサカサしたり、赤くなりますよね。

赤ちゃんが肌荒れでほっぺがカサカサなときの対処法ってなに?

赤ちゃんにはワセリンがいいって聞くけど、正しい塗り方ってあるの?

敏感な赤ちゃんの肌に塗る物だから色々気を使いますよね。

そこで、赤ちゃんのほっぺの肌荒れ対策やワセリンの正しい使い方について

ご紹介します。

赤ちゃんの肌荒れには「保湿」が大切なんです。ワセリンを使って赤ちゃんの

肌荒れと上手に付き合いましょう。


赤ちゃんの肌荒れでほっぺが赤い・カサカサのときはどうする?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、ちょっとしたことで肌荒れを起こして

しまいますよね。

特にほっぺは衣類に守られず常に外部からの刺激が直接くるため、

肌荒れを起こしやすい場所なんです。

まずはほっぺの肌荒れを引き起こす主な原因4つと対処方法について紹介します。

≪乾燥≫

乾燥による肌荒れは生後2~3ヶ月以降によく見られます。

この頃から赤ちゃんの肌は皮脂の分泌量が減って水分を保ちにくくなって

しまうんです。

・乾燥肌の対処法

基本はしっかりと赤ちゃんの肌を保湿をすることです。

お風呂上がりや乾燥が気になるときにはこまめに保湿してあげましょう。

また、片方のほっぺだけ赤くなっているときは、赤ちゃんがいつも同じ向きで

寝ていたり、パパやママがいつも同じ向きで抱っこしていることが原因に

なることもあるので気をつけましょう。

布団やパパやママの衣類に当たっているほっぺは、生地にこすれてカサカサに

なったり、よだれやミルクの吐き戻しが刺激となって乾燥しやすい部分なんです。

赤ちゃんに向きグセがある場合はベッドメリーやおもちゃを置く位置をで、

いつもとは逆向きになるように赤ちゃんの気を引いてあげましょう。

≪乳児湿疹≫

生後6ヶ月頃までにできる湿疹のことを「乳児湿疹」といいます。

汗やよだれなど、さまざまなものが原因となって引き起こされる症状です。

・乳児湿疹の対処法

乾燥肌のケアと同様に、肌を清潔にして保湿をすることが大切です。

乳児湿疹を予防するためには、授乳後や離乳食後は口周りやほっぺの汚れを

拭いて清潔に保つようにしましょう。

≪アトピー性皮膚炎≫

アトピー性皮膚炎の症状が見られるのは生後2~3ヶ月を過ぎた頃からです。

見た目だけでは乳児湿疹と区別が付きにくいので注意が必要です。

・アトピー性皮膚炎の対処法

アトピー性皮膚炎は医療機関で適切な治療を受けることが大切です。

自宅でケアするときは肌を清潔に保って保湿することを心がけましょう。

患部は濡れタオルなどで冷やしてあげると、かゆみをやわらげることができますよ。

≪日焼け≫

赤いほっぺの原因には日焼けも考えられます。

赤ちゃんの肌は大人よりも薄いため紫外線の影響を受けやすく、すぐに日焼けを

してしまうんです。

・日焼けの対処法

日焼けした部分は乾燥してダメージを受けやすい状態になっています。

濡れタオルで冷やして皮膚のほてりを取り除いたあとで、しっかり保湿して

あげましょう。

外出するときには帽子や薄手の長袖の服を着用したり、日焼け止めクリームを

塗るなどして紫外線対策にも気を付けましょう。

基本は「保湿」です。

赤ちゃんのほっぺは、清潔に保って保湿をすることが大切です。

洗うときは優しく洗いましょう。洗ったり拭いたりするときにゴシゴシと強く

こするのは厳禁です。

赤ちゃんの肌の皮脂を落としすぎたり、肌を傷つけて、よけい乾燥したり肌荒れを

悪化させてしまいます。

また、授乳後や離乳食の後なども忘れずにほっぺや口周りを拭いて保湿して

あげてくださいね。

毎日丁寧にケアしてあげることで、ほっぺに起こるトラブルの多くは予防・改善することができますよ。


赤ちゃんの肌荒れといえばコレ!ワセリンの正しい使い方

赤ちゃんの肌荒れには「ワセリン」がおすすめです。

ワセリンは、角質層を壊さず、皮膚が自然治癒力を回復するのをサポートして

くれるんです。

ワセリンの成分は、不純物が少ないので、使用してもアレルギーや炎症を起こすことがほとんどありません。

また、ワセリンは、皮膚の表面に「保護膜」を作る役割はありますが、皮膚や粘膜に浸透・蓄積することはありません。

誤ってなめてしまっても、ほとんどの場合は自然に体外に出されるので、赤ちゃん

にも安心なんです。

では、ワセリンの正しい使い方について紹介します。

乳児湿疹のケアや赤ちゃんの保湿のためにワセリンを使うのであれば、

肌が清潔で潤っているお風呂あがりに優しく塗ってあげましょう。

ワセリンの塗り方は、ママやパパがワセリンを自分の手のひらに広げ、軽く

なじませてから、赤ちゃんの肌をなでるようにして優しく塗ってあげましょう。

ゴシゴシと擦り込むと刺激になることがあるため、肌に擦り込むような塗り方は

避けましょう。

優しく広げるような意識をしてください。

一度に塗る量の目安は、ママ・パパの人差し指の第1関節から指先までくらいか、

1円玉くらいで、それをママ・パパの手のひら2枚分くらいに広げるといいとされて

いますよ。

ワセリンを塗った後の肌にティッシュがくっついたり、テカっていたりしたら、

ワセリンが十分に足りている証拠です。たっぷりと塗ってあげましょう。

乾燥以外にもオムツかぶれやよだれかぶれにもワセリンは効果的ですよ。

オムツ交換をして、お尻の皮膚をきれいにした後にワセリンを塗ってあげましょう。おむつや便、尿からの刺激から肌を保護する効果も期待できますよ。

よだれかぶれに対しては、食事の前に口のまわりにワセリンを塗ってあげましょう。

ワセリンが保護膜を作ってくれます。

食後は皮膚をやさしく拭き取りし、再度ワセリンなどで保湿・保護してあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの肌は敏感です。

こまめに保湿をしてあげることで肌荒れ予防をしてあげましょう。

また、敏感肌の赤ちゃんには低刺激のワセリンがおすすめです。

肌荒れを起こす前からワセリンを塗って、肌荒れ予防をしてあげて

くださいね。

ワセリンを使って赤ちゃんの肌荒れと上手に付き合いましょう。