七五三のお祝い金額の相場っていくら?

七五三

お子さんの健やかな成長を願って7歳・5歳・3歳の節目の年を祝う七五三は
ご両親のみならずそのご家族や親戚までもその成長を感じる行事ではないでしょうか。

可愛くおめかしをして神社などでお参りを済ませた後は親戚なども招いて会食を行うといったご家族も多いことかと思います。

その中で会食に招かれた親戚の立場などの場合はお祝い金をいくら贈ればよいのかわからないということもあるかもしれませんので、今回はお祝い金の相場を渡す方の目線に立ってご紹介したいと思います。

七五三のお祝い金の相場

まず相場の金額についてですが、お祝い金を贈る子供が自分にとって孫であるか、または甥や姪などの親戚か、ご近所の子なのかなどによっても金額が変わってきます。

なので関係性別に金額の相場を分けてみたので、以下を参考にしてみて下さい。

祖父母の場合

まずはあなたの立場がそのお子さんから見て祖父母の場合は、1万円~数万円が相場となります。

叔父叔母の場合

次にあなたの立場が叔父や叔母であり、そのお子さんが自分から見て甥や姪にあたる場合は、5,000円~1万円が相場となります。

また、あなたの立場がそのお子さんの親御さんの知人やご近所の方の場合は3,000円~5,000円が相場となります。

七五三は着付けや着物のレンタル料金、さらに写真の撮影料金や神社へのお参りの初穂料、会食を行う場合の費用など、意外にもお金のかかる行事です。

そういったことも考慮しながら、お祝い金についてもご家族内で相談するなどして金額を決めてみて下さい。

お祝い返しは?

お祝い金を頂いた立場の親御さんは、お返しをしたいという方もいらっしゃることでしょう。

七五三のお祝いに関しては、基本的にお返しは不要です。それでも気持ちだけでも・・・
という場合もあることでしょう。そういった時に贈るものは何がいいか迷ってしまうかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、ちとせ飴やお赤飯、菓子折りです。
頂いた金額の3分の1~半額程度で菓子折りを贈るなど、気軽なお返しをすると良いでしょう。

ここで注意したいのが贈った相手が負担を感じないほどの贈り物にとどめておくということです。
七五三のお祝いに限らず、お祝いに頂いた金額以上のものを贈ると「お祝いを頂いたのは迷惑」といった意味合いになってしまうため気を付けるべきです。

さいごに

お祝い金の相場とそのお返しについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ぜひ参考にして、お子さんの成長をみんなで見守ってあげて下さいね。