40代で必要な貯蓄額とは?無理せず準備する老後資金

人間関係

40代になると、あと20年ほどで定年が近づいてきますよね。

公的年金だけでは老後資金を賄えないといった不安や、定年後の2000万円

必要など、老後資金への関心が高まっています。

特に40代にもなると本格的に老後のことを考え始める人も多いのでしょうか。

そこで今回は40代が知っておきたい貯金額と老後にかかる生活費と貯金額に

ついて紹介したいと思います。

40代持ち家ありのケースで必要な貯蓄額とは?

40代の平均的な貯金額がどのくらいか、あまりイメージが沸きませんよね。

2018年の金融広報中央委員会の調査によれば、40代の平均預貯金額は、『511万円』でした。(「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]より)

保険や株式なども含めた金融資産全体で見ると942万円が平均となっています。

一方で同年代の中央値は550万円。

平均値は金融資産が多い人が引き上げているため、中央値のほうが世の中の

実態に近いといえます。


中央値は統計をとった人数をベースに「みんなの真ん中」あたりの数値を意味します。

また、40歳代の平均的な年収として、約70%が該当する年収は、年収300万円~750万円とされています。


いかがでしょうか。「えっ、みんなそんなに貯金してるの?」「それくらいか」と

色々な反応がるのではないでしょうか。


注意してほしいのは、平均値に合わせれば「大丈夫」な生活ができるとは

限らないということです。


平均と比べて上か下か、中央値以上かどうかが問題なのではありません。

生活費など自分たちの必要額に比べて、働き方や働ける期間、貯蓄が見合って

いるかどうかがポイントなんです。

では、年間どのくらい貯金しているのかです。

50歳代の平均貯金額は1,481万円、中央値は900万円となっています。

10年でおよそ350万円~500万円増ですから、年間35万円~50万円は貯蓄を

増やしていることになります。


これが一概に正解とは言えませんが、年間貯蓄額の一つの目安にはなると思います。
しかし、先ほども書きましたが、大切なのは、自分の家の家計や学費などの

支出予定に合った貯蓄目標です。

地域によって、給料や家賃、土地の価格、物価は違います。また、学費も通う学校

によって異なるので、それぞれの家庭で、貯蓄額は変わってきます。

40代では必要となる貯金額の5分の3を目標にするとよいという意見もあります。

老後の必要資金が1,500万円なら900万円、2,000万円なら1,200万円の貯金が

ひとまずの目安になります。

しかし老後に必要になる資金は当然ながら生活費だけではないことを注意して

おきましょう。


その理由として、教育資金があります。

貯蓄を増やすには、適切な時期や順序、段階があります。まずは、直近で必要な

資金準備が大切です。
 

教育資金準備がまだの場合は、老後資金以前に、教育資金を貯めるのが先です。
中学校までは、家計費の中でなんとかまかない、貯蓄は高校・大学の費用のために

行うイメージで、貯蓄目標額を設定してみましょう。

すでに行きたい学校が決まっている場合は、その学校のサイトなどを参考に、

必要額を目標にしてください。

また、病気やけが、災害に備えて資金を確保することも忘れないようにしましょう。

病気やけがには保険がありますが、それでは賄いきれなかったり、他にも費用が

かかることがたくさんあります。

そして、持ち家がある場合はリフォーム費用を確保しておくことが大切です。

持ち家にも定期的なメンテナンスは必要です。どれくらいの金額がどれくらいの

頻度で必要になりそうなのか、40代のうちからいろいろと調べておきましょう。

2019年2月に一般社団法人住宅リフォーム推進協議会が公表した「住宅リフォーム

潜在需要者の意識と行動に関する調査第11回報告書」によるとリフォームの

平均予算は戸建てで269万3,000円、マンションは261万6,000円でした。

これらの項目を考えた上で、自分の家の家計や支出予定に合った貯蓄目標を

たてましょう。

60代の貯蓄額の平均と老後にかかる生活費の比較

定年後の生活に不安を感じる人は多いですよね。

60代ではどのくらい貯蓄があるのか、また老後にかかる生活費がどれくらいか

について紹介したいと思います。

60代の1世帯あたりの平均貯蓄額は1337.6万円と言われています。

定年を迎えて退職金を受け取ると、一時的に貯蓄額が大きく増えるかもしれません。

しかし、収入源が年金だけになるなど、収入が大きく減少する場合は、貯蓄を

計画的に取り崩していく必要があります。

次に、老後にはどのくらいの生活費がかかるのかを見ていきましょう。

現在65歳以上の夫婦の生活費は月26.4万円と言われています。

(「家計調査年報 2017年」総務省)。


メイン収入は公的年金で、月額22万円となっています。

(厚生労働省による2019年度の年金額。夫40年間会社員、妻専業主婦の例)。


収入と支出の差額、約5万円は貯蓄を取り崩すわけで、65歳から90歳までの

25年分で1,500万円必要になる計算です。


この他、自動車の買い替え、住まいのリフォーム、病気や介護への備えも

考える必要があるでしょう。

仮にこれらに1,500万円の予算を想定するなら、両方合わせて3,000万円を目標に貯蓄することになります。


この額が絶対ではありません。あくまでも平均です。

必要な貯蓄額は、家族の人数や退職金、企業年金の有無、病気や住宅のリフォーム

など、それぞれの家庭で必要額は異なります。

平均額に足りないと生活できないわけではありませんし、上回っていれば

必ず安心できるわけでもありません。

ただ、少なくともかなり長期にわたる計画的な貯蓄が必要なことは想像できたの

ではないでしょうか。

まとめ

平均貯蓄額や老後にかかる費用を見て焦りや不安を感じている方は多いですよね。

しかし、金額だけを見るのではなく、平均貯蓄額を知ることが大切なんです。

平均貯蓄額は、自分に必要な貯蓄額を考える際の目安にはなります。

いくら貯蓄すればよいかわからない場合は、まずは各年代の平均貯蓄額を参考に、

貯金や資産運用に取り組んでみてはいかがでしょうか。