食物アレルギーによる子供の4つの症状~その種類と出るタイミング

子供

食べ物を食べたら、突然体に湿疹が出てきた。

もしかして、食物アレルギー?

食物アレルギーという言葉はよく耳にするけれど、実際、子どもが食物アレルギーに

なったらどうすればいいの?

何が原因?どんな症状?治る病気?

不安になることはたくさんありますよね。そこで、近年増加傾向にある

食物アレルギーについて、症状やアレルギーの出方について紹介します。

アレルギー治療に向けてやるべきこともまとめたので、必見ですよ。


近年増加傾向にあると言われる食物アレルギー~子供の割合は全体のどれ位なの?

近年増加傾向にあると言われている食物アレルギー。

食物アレルギー診療ガイドライン2016によると、日本の食物アレルギーの

有病率は乳児で約5~10%、幼児で5%、学童期以降が1.5~3%と報告

されています。

アレルギー増加の理由として、『環境の変化』があります。

中でも、「住宅環境」と「食環境」の変化が大きな影響を与えていると

言われているんです。

≪住宅環境の変化≫

住宅の西洋化で機密性の高い住宅に。夏冬は冷暖房がきいてとても快適な

生活になりました。

しかし快適なのは人だけではないんです。アレルギーを引き起こすと言われている

ダニにとっても快適な環境になってしまっているんです。

他にも、ペットの増加や受動喫煙、ストレスなども増加した原因と言われています。

≪食生活の変化≫

現代は、昔よりも経済が安定し、卵、牛乳、大豆を食べる機会が増えました。

昔は高級でなかなか食べることができなかったんですね。

現在は、特に妊娠中や授乳中に栄養をしっかり摂るため、卵 牛乳、大豆は

たくさん食べるようになりました。

また、赤ちゃんも離乳食で早い時期から食べ始めますよね。

早い時期から卵や牛乳などのアレルギーを引き起こしやすいタンパク質を

たくさん食べるようになったのも、アレルギーが増えてきた要因と言われています。

食物アレルギーの子供は治るの?いつ頃まで続くの?治療に向けてやっておくべきことや治るタイミングなど。

子どもが食物アレルギーになった時、『いつ頃まで続くの?』『治るの?』と

心配になりますよね。

食物アレルギーは、できるだけ早期に、かつ症状が軽いうちに治療を始める

ことが、治療する上で大切と言われているんです。

また、子どもの食物アレルギーの特色は、年齢が経つにつれて改善される

ケースが多いと言われています。

割合にすると、約7割ほど。

年齢を重ねるにつれてアレルゲンへの耐性ができて、食べられるようになる

ケースもあります。

卵、牛乳、小麦は耐性ができやすい食材とされています。

甲殻類、果物、ナッツ類は年齢を重ねても耐性を獲得しにくいといわれている

食材なんです。

次に食物アレルギーの症状について紹介します。

食物アレルギーには大きく分けて4つの症状があります。

≪4つの症状≫

・皮膚症状・・・・ じんましん、浮腫み、かゆみ、赤くなる

・粘膜症状・・・・ 目の充血、かゆみ、鼻水、口やのどの違和感、涙

・消化器症状・・・ 腹痛、下痢、嘔吐

・呼吸器症状・・・ 呼吸困難、くしゃみ、声がかすれる、せき込み、息苦しさ

その他、血圧が下がり、意識がもうろうとするなど生命を脅かす状態を

アナフィラキシーショックといいます。

また、食物アレルギーの症状で一番多い症状が、皮膚症状といわれているんです。

食物アレルギの症状の出方として一番多いのが、食べた後の発症です。

食べた直後から1時間後、遅くとも4時間以内に症状が見られことが

多いんです。

また、症状が出てから、翌日や2日後に湿疹などが悪化するというケース

もあります。

中には、運動誘発アナフィラキシーというものもあり、普通に食べるだけでは

アレルギー反応や症状は出ません。

しかし、食べた後に激しい運動をするとショックを起こしアナフィラキシー

状態になってしまうというケースもあります。

アレルギー症状は、食べた直後だけに起こることではないということも、

しっかり把握しておきたいですね。

食物アレルギーが出て、治療するにあたり、治療に向けてやっておいた方が

いいことがるんです。

それは、アレルギー症状について、しっかり把握し、症状をまとめておくことなんです。

≪治療にむけて≫

・症状が出る食べ物

・症状が出るまでの時間、消える時間 

・どんな症状か

色々な食材を食べた後に症状が出た場合は、食べた具材を細かくメモ

しておきましょう。

また、皮膚症状なのか、呼吸症状なのか等、症状の状態もまとめておくと

いいでしょう。

食物アレルギーの治療は、基本的には、

『食べて治す』

『少しずつ継続して食べていく』

という治療です。

病院でしっかりと検査負荷試験などを行ってから。医師の指示のもと行います。

その他、経口免疫療法なもあります。

どの治療法になるかは、個人個人の症状の状態によって変わります。

まずは、病院に受診し、検査をすることをおすすめします。

まとめ

子どもに増加傾向にある食物アレルギー。

できるだけ早期に、症状が軽いうちに治療を始めることがポイントです。

食物アレルギーについて、症状や治療に対する知識が増えると、病気への

不安も軽減されます。

今回まとめた内容も、ぜひ参考にしてみてくださいね。