胃痛の原因は様々!それぞれに正しく対処する方法

病気

胃痛の原因は色々ありますが胃痛に長年悩まされていると、痛みが再発された原因は何か調べているが、何が原因なのかをセルフチェック方法や胃痛の原因や胃痛の時に牛乳わや飲むと逆効果、胃痛を改善する方法について紹介します。

胃痛の原因のセルフチェック方法

・対人関係で悩んでいる。

 ・生活環境が変わった。

 ・ため息をつくようになった、

 ・通勤・通学途中におなかが痛くなる。

などの症状が1つでもあるときはストレス解消しましょう。

胃痛の原因は?

・刺激の強い食べ物。

精神的なストレス、刺激の強い食べ物や飲み物のとりすぎは、胃痛が起きる可能性があります。胃の中を検査すると胃炎や胃潰瘍など痛みの原因になる、病気がみつかるときがありますが、原因がなくても痛みが起きるときもあります。

・ストレスがある。

ストレスは胃痛を引き起こす可能性があるため、精神的なストレスがあると、胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが崩るだけではなく、胃粘膜防御機能が低下し、胃酸が胃粘膜を刺激することで痛みがでます。

胃の状態は胃粘膜が傷つき、炎症や潰瘍ができやすくなるので注意。

・辛いものを食べ過ぎている。

辛い料理などを食べ過ぎるとアルコールやコーヒーを飲み過ぎると、胃粘膜が直接刺激されて傷つきやすくなるため、喫煙や胃粘膜への血流を低下させて胃粘膜防御機能を弱めます。

胃の中を検査すると胃炎や胃潰瘍などの病気の痛みが起きる可能性があります。

さまざまな事が絡み合って起こるようです。

・ピロリ菌

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌(正式名称:ヘリコバクター・ピロリ)が確認されています。

ピロリ菌は、毒素やアンモニアがでて胃粘膜を傷つけます。潰瘍の再発や胃がんとの因果関係が指摘されているため、検査で感染が確認された人は除菌治療がおすすめです。

胃痛は攻撃、守りのバランスが崩れると起きます。

胃液は99%が水分ですが、「胃酸、ペプシン、胃粘液」という3種類の成分が入っているため胃の働きに大きく関わりがあります。

胃酸は、金属も溶かすほどの強力な酸で、食べ物を消化すると同時に、食べ物と一緒に侵入した細菌のほとんどを殺菌します。ペプシンはタンパク質を分解する消化酵素です。

胃粘液は胃の粘膜を覆って胃酸やペプシンからの刺激を防ぎ、胃自体が消化されてしまわないように守っています。

正常時、胃酸と胃粘液の分泌量は自律神経の働きでバランスが保たれています。

ストレスや食事などの要因により胃酸分泌が促進されたり、胃粘液の分泌が減ったりするとバランスが崩れると胃粘膜が胃酸の刺激を受けることになります。

アルコール、タバコ、かぜ薬などもバランスを崩します。

胃痛の時に牛乳を飲むと逆効果になる場合も

胃酸の働きを弱めるオススメの飲み物はきな粉ホットミルクをのむときは、牛乳はアルカリ性食品で胃酸の酸を弱めます。牛乳のたんぱく質ときな粉のたんぱく質は胃壁を保護し、ホットミルクで胃を温めることで胃の負担を改善してくれますが、冷やし過ぎた牛乳は、胃に刺激を与えるので注意が必要です。

見出し③  胃痛を改善する方法は?

  • ストレスで胃の痛みがあるなら牛乳をのむ。

ストレスによる胃の痛みは胃の粘膜が荒れています。

牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあるため、胃酸がですぎるなどで胃壁が傷ついたときは牛乳を飲むことで痛みが緩和します。

仕事中に胃が痛むときは牛乳を飲んでみてください。

常温の牛乳かホットミルクやミルクティーやカフェラテでもいいですよ。

アロエも胃もたれや胃潰瘍を軽減する働きがあるため、アロエ入りのヨーグルトなどを食べましょう。

  • 腹式呼吸はストレス性の胃痛を軽くする。

腹式呼吸をすることで副交感神経を優位にすることができます。

ストレスが溜まっているときは攻撃的な交感神経が優位になり、胃痛の原因となっていることもあります。

息を吸う時はゆっくり鼻から吸って、吐く時はその倍以上の時間をかけてゆっくり吐き出すと胃痛がすっきりします。

  • 体を横にして休ませる。

体を楽にしてゆっくり横になると胃痛に効果があります。

会社で胃が痛い時に横になるのは難しいが、自宅で胃が痛むという時は試してみると楽になります。

体の右側を下にすることで胃の中のものがスムーズに、腸の方へ流れるようになり、胃の負担を和らげることができます。

胃の痛みはストレスによるものだけではなく、胃潰瘍、胃ポリープ、胃ガンなどの病気が原因の場合もありますが痛み続く時は早めに病院に行きましょう。

まとめ

・胃痛の原因はストレスや刺激がある食べ物など様々なことが原因になっている。

・胃痛の痛みを少しでも改善掏るために温めた牛乳を飲むと痛みを和らげることができます。

・胃痛の痛みはストレスだけではなく病気の可能性もあるため病院に行く。

胃痛の原因は精神的なストレスや暴飲暴食、刺激がある食事など様々なことが原因で出ることがあるため、胃痛の症状が出ないためにも普段の生活でストレスをためない生活を心がける必要があります。