育休を取ると周りの負担はやっぱり増える?みんなの考えは?

仕事

育休をとるために会社を休むとまだ結婚はしていない同僚や結婚はしていてもまだ子供がいない人にしわ寄せがきて毎日の仕事が大変になります。

育休をとることは迷惑なのか、不妊治療している人も悩んでいる、独身者にばかりしわ寄せがいくなどについて紹介します。

育休は同僚に迷惑?仕事のしわ寄せ問題

育休とは?

育児・介護休業法で決まっている育児休業制度のことで、女性や男性も取得できます。

子どもが1歳になる前日までの期間に好きな期間取得ができます。

女性は産後休んだあとに男性は子どもがうまれた日から取得できますが、条件を満たせば、最大で2歳まで休むことができます。

育休の取得を決めたら育児休業を取得する1ヶ月前までに、会社に申請する必要があります。会社が用意している育児休業の届け出をしましょう。

「育休をとるのは迷惑なのか!?」

迷惑で仕事を一生懸命頑張っても査定に影響しないため、復帰してきても短い勤務で働いているため、いない時間は私がヘルプしているようです。

 同じように独身や子どものいない女性からの共感の声がたくさん届いたようです。

まだ若い年齢で独身か子供のいない既婚者にしかわからないです。

男にもわからない既婚子持ちはお互い様と言いますが、やってらんないっていうのが本音です。なんであいつらの私生活充実のためにこっちが犠牲になる必要があるのかと腹立たしく思うのは当然なことだと思います。

 そんなに嫌なら転職したら!?そうできないのであればそれは産休さんのせいじゃなく、あなた自身の実力のせい、迷惑だろうと思いますが、会社にいる人に仕事が回ってくるのは当然。面倒な結婚も大変な育児もしたくない、仕事も自分の分だけにしたい、今の日本じゃとおらないよ。

産休育休は「仕事を継続するためのサポート制度」なので、権利という言葉をあえて使うのであれば働き続けるために必要なことなので、今まで働いたから得られる権利ではないようですが、育休制度を使って辞める、フォローする周りへの気遣いをしない人は、マナー違反だと思います。

育休制度を利用した人は、会社への恩返しの気持ち、フォローしてくれた社員への感謝の気持ちを忘れずに仕事に復帰してほしいですね。

仕事のしわ寄せは独身者の負担になりやすい

2014年度に「マタハラ」という言葉がトップ10に入りましたが、ネット上では「逆マタハラ」という言葉が広まりました。

「逆マタハラ」は、妊娠や出産・育児休業で休んだ社員の業務のしわ寄せで、長い間働かなくてはいけなくて働きすぎで過労死することを訴えた言葉です。 

マタハラ問題解決のためにマタハラ、制度の利用をフォローする社員たちに目を向けることが大切です。

逆マタハラを解決しなければ仕事のしわ寄せにより、婚活する暇がない、もう一人、子どもを持つ余裕がないなどがあると、少子化問題になります。

不妊治療している人も育休に悩んでいる!?

不妊治療をしていたが職場の同僚が次々に妊娠していくと、仕事は全部自分に回ってくる。ため、胚移植した直後したあとや採卵した直後で具合が悪くても、不妊治療をしていることを誰にも言えずに仕事をしている人もいます。

忙しい職場であるほどしわ寄せは全部自分が受けるため、自分だって治療したいのに治療できないため治療期間が長くなりお金もかかってしまいます。

産んだ人はサポートがいっぱいあるが、赤ちゃんを授かるまでは色々お金がかかるため支援をもっとしてほしい、子どもがいる人には時短や夜勤免除など様々な優遇された働き方があるが、子どもが欲しくても出来ない人は損をしているように感じますね。

同僚が妊婦したときに子どもの理由で仕事を休み欠員が出た場合は、子どものいない自分がフォローして頑張ってきたつもりだったが、自分が協力を得るために不妊治療をすることを会社に伝えると給料が減ったので悔しかった。

今まで責任をもって真面目に働いてきた。子どもが出来ないというだけでこんなに辛い思いをするなんて思わなかった。

結婚して、自然に子どもが出来た女性はどんどん産休に入っていく。そのたびに自分に仕事の負担が増えた。産後復帰した女性はお子さんがいるため、業務負担が軽減されると負担が大きい。

子どもを抱えながら頑張って仕事をしている女性は多く、社会から注目されているが、子どもが欲しくて、悩みを抱えながらも頑張って仕事をしている女性が数多くいる事を社会が知るべきだと思います。

まとめ

・育休をとるのは迷惑と思っている人が多いが、とくに独身者、結婚しているけど子供がいない人などは、自分以外の仕事もしなくてはいけないため大変。

・育休をとるのは周りの人たちに感謝しなくてはいけない。

・周りがどんどん子供を授かっていくと、不妊治療をしていても誰にも相談できない。

育休をとって休んでいる間は同僚や会社で働いている人たちに、感謝の気持ちを忘れずに社会復帰するのが大切なことだと思います。

私も独身のときに介護の仕事をしていましたが、土日やお正月などは休みがなく結婚していて子供がいる人は土日休みがあり優遇されていました。

今は私もこどもが二人いるため、少しは気持ちはわかりますが若い人ばかりに仕事を負担させるのはかわいそうだと思います。