穀物酢と米酢とは何が違う?比べてみた

料理

穀物酢を使っているが米酢はどんな料理に使えるのか興味がありますよね!?

使ったことがなくてもどんな効果があるのか、どんな料理に使えるのか、酢の種類について紹介します。

米酢と穀物酢の栄養の比較

「米酢とは?」

米を使っている醸造酢で、米の甘みとうま味が生きたまろやかな味わいがあり、酢飯を作るときによく使われます。酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど火を通さない料理がおすすめです。

米酢がないときは穀物酢を使いましょう。米酢よりも穀物酢の方がさっぱりとした味わいで、コクはやや落ちますが同じように使うことができます。

りんご酢などのフルーツ酢は、風味が違うため米酢ならではの料理(すし飯)などには向きません。風味が違うことを前提として使うならドレッシング・酢の物などがおすすめです。

黒酢やバルサミコ酢は風味が違うため、酢の色が大きく出るため代わりのものは使えません。

「穀物酢とは?」

穀物酢は米・小麦・酒粕・コーンなどを材料として作られているお酢です。

酢の大手メーカーミツカンのお酢なども穀物酢で、価格は手頃でさっぱりとした酸味と少し酢のツンとした香りがよく穀物酢は和洋中と料理全般で使えるのはいいですね。

米酢と穀物酢はそれぞれ代用できるの?

米の甘味やまろやかな味わいが特徴でお寿司の酢飯には欠かせないです。

酢飯のお寿司の出来栄えに大きな差が出るため、米酢の種類から他の調味料との配合などで、他店と差を出している職人さんもいます。

米酢は旨味を足してくれるため、煮物に入れるとコクを出すだけでなく柔らかくする効果もあるが酢自体の香りは飛びます。

・普段使いがしやすく使う料理を選びません。揮発する酢の香りもはっきりしながらもキレが良いことから、特に大量使いがしやすく加熱調理にも使いやすい酢です。さらに穀物酢のメリットとして、素材の色を活かしやすいことがあげられます。穀物酢自体は色の薄い酢です。そのため酸性に反応して色変わりしてしまう素材を除けば、見た目にも邪魔をしない酢として使いやすいと言えます。

酢の効果は!?

  • ダイエット効果がある。

酢にはいいる酢酸、クエン酸、アミノ酸がダイエットに効果があり、 酢酸には脂肪の蓄積を抑える効果があります。

クエン酸で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費し、アミノ酸で脂肪の燃焼を促す効果が期待されています。

運動する30分~1時間前に酢を摂取して運動すると効率が良いです。

  • ダイエット効果がある。

お酢にはアミノ酸とクエン酸が疲労回復のスピードを速めてくれる効果があり、 運動の後や忙しい仕事の後に酢を摂り入れると効率よく疲れを回復させることができます。

  • 血糖値の上昇を抑える。

血糖値は食事をすることで高くなります。食事をとることで急激に上がると糖値を抑える効果が酢にはあります。

酢たまねぎを毎日とり続けることで糖尿病の薬を断薬できたという人もなかにはいるようです。血糖値に悩んでいる人におすすめの調味料です。

  • 抗菌作用がある。

昔から伝わる知恵で酢を使って食べ物を痛みにくくすると伝えられてきたようです。

この効果が実際に化学的面からも検証されて、細菌が増えるのを抑える効果がわかりました。大腸菌やサルモネラ菌などは人の体に害を及ぼす菌にも効果があるようです。

  • 腸内環境を整える。

酢には酢酸があり腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、腸内環境を整える効果があります。 薄めた酢もこの効果があるため便通も良くなるため、便秘対策に効果が期待されています。

見出し③  酢の種類は?

  • すし酢

酢飯を作る時に使う酢で酢と砂糖を2〜3:1の割合で混ぜたら、塩を少しいれるだけですればすし酢の完成です。昆布茶もいれると味に深みが出ます。

  • 米酢

米を原料としていてコクがあるためまろやかな風味で和食によく合う酢です。

  • 黒酢

米酢の一種でかめで自然発酵させたもので、糖とアミノ酸が反応してできた色素によって、黒っぽい色になります。

  • りんご酢

りんごの果汁をアルコール発酵させた後に、酢酸発酵させた酢でアップルビネガー、シダービネガーなどとよびます。

  • ワインビネガー

ぶどう果汁から造られる「食酢」のことで、ぶどう果汁をアルコール発酵させた後、酢酸菌で発酵させると酢に変わります。

白ワインから造られる白ワインビネガー、赤ワインから造られる赤ワインビネガーが一般的ですが、シャンパンから造られるシャンパンビネガーやシェリー酒から造られるシェリービネガーなどもあります。

白ワインビネガー

リンゴやレモンのようなフルーティな香りで味わいもさっぱりしています。

クセもないので生野菜のサラダやカルパッチョなどの魚料理にも使いやすい万能タイプです。使っている米酢などの代わりに食卓酢として使うこともできます。

赤ワインビネガーは、白ワインビネガーよりも果実感がありコクが増します。

肉料理に合わせやすく少量でも味わいに深みが出るため、野菜料理の隠し味に使えば、コクと深みが出るのでおすすめです。

  • バルサミコ酢

バルサミコ酢はぶどうを使っているため製造方法や熟成期間に違いがあります。

バルサミコ酢は、果汁を木樽で長い間熟成させる伝統的な製法で造られていますが、伝統製法で作られたバルサミ酢は貴重で高い商品です。スーパーで売られているものは、工場でたくさん造られています。

バルサミコ酢は熟成期間で3~5年熟成の短いものから、10~20年以上熟成されたものまでさまざまあり、熟成期間が長いほど味わいがまろやかになり、コクや甘みが加わります。

バルサミコ酢は色合いも濃く、濃厚な味わいで甘酸っぱさが特徴で、ドレッシングに使えるため煮詰めるとトロリとしたソースに仕上げることもできます。

まとめ

・酢には様々な種類があり料理に合った使い方があります。

・酢には体にいい効果があるため、健康に不安がある人は酢にたまねぎをつけこむと糖尿病を改善する効果があります。 酢を使って様々な料理を作り健康的な体を目指