産後の肌荒れどうしよう?かゆみがあるときのケア方法

子供

やっとの思いで出産を終えて、可愛い赤ちゃんに対面!

でも、慣れない赤ちゃんのお世話に手がいっぱいになり、

気がついたらお肌がボロボロ・・・。

しかも体質が変わったのか、乾燥やかゆみによる肌荒れがひどい。

そんな肌トラブルを抱えていても、ゆっくり自分のケアをする暇もないですよね。

肌荒れが起こる原因や、育児で忙しい中でもできるおすすめのケア方法などをお伝えします。

産後の肌荒れでどうしても肌がかゆい!

産後に今までと同じスキンケアをしているのに肌がかゆくて仕方ない、

いつもの化粧水が合わなくなった、などの経験をした人もいると思います。

わたしも妊娠中と産後は、いつもの化粧水がピリピリする感じで、

肌に優しいものに替えた経験があります。

なぜ産後は肌荒れを起こしやすいのでしょうか?

①ホルモンバランスの変化

妊娠中から産後まで、女性の体は様々な変化が起こります。

産後は、妊娠中に分泌されていた女性ホルモンの、

エストロゲンやプロゲステロンが減ってしまいます。

妊娠中は普段の10倍~100倍にまで増え、

出産後はほぼ0になる状態にまで急激に減るのです。

その減少により、お肌の乾燥やシミ・黒ずみなどの変化が起こります。

②疲労、ストレス

そして昼夜問わない授乳のために、常に睡眠不足。

体の水分は母乳に回されるので、お母さんの体は水分不足で栄養不足。

慣れない育児にプラスして家事もしなければいけない状況だと、

ストレスも疲れも溜まってしまいますよね。

③便秘や肩こり

産後によく苦しめられるのが便秘や肩こり。

便秘の状態は、腸内に有害物質が溜まっているということなので、

それらがにきびや吹き出物などの肌荒れの原因になります。

そして長時間の抱っこなどで起きる肩こりは、

血行を悪くするので肌のくすみなどを引き起こします。

産後に起こりやすい肌荒れ

・乾燥によるかゆみ、ヒリヒリ

ホルモンバランスに加えて、授乳による体の水分不足や、

スキンケアをする時間がないなどの理由で起こります。

・シミ

妊娠中に増える、エストロゲンとプロデステロンのホルモンの影響で

シミが増えると考えられています。

出産後も、シミが増えたり悪化することもあります。

・にきび、吹き出物

プロゲステロンの影響で、皮脂の分泌が促進され、にきびができやすくなります。

肌荒れの原因は、主にホルモンバランスと生活習慣の変化によるストレスが原因なんですね。

産後のお肌の乾燥やトラブルは、1年ほどで良くなると言われています。

月経が再開すると卵巣から女性ホルモンが分泌されるようになり、

体が妊娠前の状態に戻ります。

肌荒れの症状も、少しずつ落ち着いてきます。

でも産後の肌荒れをそのままにしておくと、肌の老化を早めてしまうことにも繋がります。

では、どのような対策をすればいいのでしょうか?

産後の肌荒れのかゆみ対策!おすすめケア方法

ホルモンや、赤ちゃんのお世話の生活習慣を変えることは難しいですが、

お肌や体のためにできることはどんなことでしょうか?

保湿

産後のお肌はバリア機能が低下しており、水分と潤いを保つことが難しくなります。

赤ちゃんとのおふろのあとにスキンケアをすることは大変ですが、

そこは少し頑張ってできるだけ早めに保湿をしましょう。

でも、「赤ちゃんの体を拭いたり保湿したりしないといけないから・・・」

と思いますよね。

おすすめの方法は、化粧水をスプレーボトルに入れておいて、

おふろから出たらすぐにシュッシュッと顔と体にスプレーを浴びます。

赤ちゃんの体を拭いて保湿、着替えを急いで終わらせたら、

しっかり保湿をしましょう。

スプレーを顔と全身にするだけなので簡単ですよね。

あとは、オールインワンの化粧品も時短になります。

しっかり潤いを与えてくれる、保湿力の高いものがオススメです。

産前産後はお肌が敏感になっていますので、クレンジングやスキンケアは

摩擦によるダメージがないように優しくしましょう。

赤ちゃんが小さいときは室内にいることが多いですので、

加湿器を使って部屋の湿度を保っておくことも必要です。

水分

授乳によって失われた水分をしっかり取る必要があります。

水分が不足すると乾燥肌の原因になるだけでなく、便秘なども起こりやすくなります。

できれば冷たい飲み物ではなく、常温や温かい飲み物を取るようにしましょう。

授乳のたびにお水を飲む、などのルールを決めておけば忘れにくいですよ。

栄養

お母さんの取る栄養が不足すると、母体から母乳に栄養が送られます。

そうすると、お母さんの体は栄養不足になり、肌荒れの原因になります。

肌の再生のためにビタミン類を多く取ること、

また便秘を防ぐため食物繊維をしっかり取ってくださいね。

睡眠

睡眠中に分泌される成長ホルモンは皮膚の再生を促すので、

睡眠はお肌のためにとても大切です。

とは言っても、夜中の授乳もあるし、赤ちゃんの睡眠はこま切れだし・・・。

という気持ちや状況はとても分かります。

でも、自分の体を大切にすることは、お肌のためだけでなく、

産後の他の体調トラブルにも大事なことです。

自分だけで抱え込まずにお父さんに協力してもらう、

家事を最小限にして休む時間を優先する、

など、自分のケアもしっかりしてあげてくださいね。

まとめ

ホルモンバランスの関係で、どうしても産後は体調もお肌もいつもとは違ってきます。

本当なら、一番自分に優しくしてあげないといけない時期なんですよね。

でも産後はどうしても赤ちゃんが中心の生活で、自分のことは後回しになりがち。

だから、少しでいいので、自分のお肌や体を大切にする意識と時間を持ってみませんか?

お肌の調子がいいと、気持ちも元気になる気がします。

ちょっとした時間を見つけて、ぜひ自分をキレイに元気にしてあげてくださいね!