抱っこ紐はいつからいつまで必要?縦抱きと横抱きは時期によるの?

子供

荷物が増える買物やベビーカーが使えない場所で活躍するのが、

『抱っこ紐』ですよね。

でも抱っこ紐って、いつから使えるの?

新生児でも使える?

抱っこ紐の種類によって、使用できる月齢は違うんです。

間違って購入してしまうと、体の発達に問題が出てきたり、転落ということも

起きてしまうんです。

そこで、抱っこ紐を購入する際に確認するポイントを紹介します。

抱っこの仕方も、横抱きや縦抱きそれぞれ特徴があり、タイプによって

向いている月齢も異なるので、必見です。


抱っこ紐は新生児は横抱きがいい

抱っこ紐を使う時期は、各家庭によって異なりますが、

赤ちゃんを連れての買物や上の子がいたりすると抱っこ紐は

便利ですよね。

赤ちゃんはまだ歩くことができない、お店のカートに座ることもできない

時期の赤ちゃんを連れての買物には欠かせないアイテムなんです。

抱っこ紐があれば、両手が自由になるので、袋詰めや荷物の

持ち運びも楽になります。

また、ベビーカーが使えない場所や寝かしつけにも役立ちますよ。

抱っこ紐は、種類によって使える時期が異なります。

首がすわってない赤ちゃんにはしっかりと支えが必要です。

体に合わない抱っこ紐は、まだ骨が柔らかい赤ちゃんの発達には

悪い影響になってしまうので、購入する際には、注意しましょう。

≪抱っこ紐を購入する際の5つのポイント≫

ポイント1:抱っこ紐の対象月齢

抱っこ紐の種類によっては、新生児から使える物や首がすわって

からしか使えないものもあります。

対象月齢に合わない抱っこ紐を使うと、赤ちゃんの身体の発達の

妨げや、事故の危険もあるので、必ず確認しましょう。

ポイント2:抱っこ紐のサイズと対象体重

対象月齢以外にも、赤ちゃんの大きさやママの体にあった

抱っこ紐を選びましょう。

パパも一緒に使う場合は、夫婦で使いやすいサイズを選ぶのがおすすめです。

ポイント3:抱っこ紐の機能性

赤ちゃんの落下や成長の妨げにならないか、そのための機能は

付いているか確認しましょう。

シートやストラップの長さを調整できるか、腰ベルトや落下防止ベルトは

付いているかなどチェックしましょうね。

ポイント4:素材

抱っこ紐は赤ちゃんに直接触れるものです。

赤ちゃんの肌に刺激を与えない素材や通気性の良いものを選びましょう。

ポイント5:可能な抱き方

抱っこ紐には、以下の種類があります。

・横抱き

・縦抱き(対面抱き・前向き抱き・腰抱き・おんぶ)

≪横抱きタイプの特徴≫

横抱きタイプは『新生児』におすすめ。

新生児の場合、首がすわっていない状態なので、『横抱きタイプ』が

最も適しているんです。

赤ちゃんの首を横に寝かせた状態で抱っこするので、赤ちゃんの負担を

軽減させることができます。

≪縦抱きタイプの特徴≫

縦抱きタイプは首がすわってきた頃の3、4ヶ月頃からが適しています。

横抱きよりもコンパクトに抱っこできるので、ママにかかる負担も

少ないですよ。

(対面抱き)

ママと赤ちゃんが正面で向かい合う抱っこです。

赤ちゃんからママの顔が見えるので、安心できる抱っこですよ。

(前向き抱き)

ママが向いている方向と同じ方向を赤ちゃんが向くような態勢の抱き方です。

赤ちゃんが色々な景色を見ることができるので、お散歩におすすめです。

(腰抱き)

赤ちゃんが、ママのお腹を横から両手足で挟むような態勢の抱き方です。

腰がすわるころの赤ちゃん(7ヶ月頃)に向いていますよ。

(おんぶ)

赤ちゃんを背中に背負う抱き方です。

家事をする時に便利ですが、赤ちゃんの様子を見ることができないので、

抱くときは中が必要です。

抱っこ紐は新生児でもインサートを使えば縦抱きできる



縦抱きタイプは首がすわってきた頃の3、4ヶ月頃からが適していま

すが、『インサート』を使えば、新生児でも縦抱きがでるんです。

インサートは、新生児の赤ちゃんの自然な姿勢と言われる

『Cカーブ・M字開脚』の姿勢を作れるアイテムなんです。

まだ据わっていない首も、頭からしっかり支えてくれて、

お尻のパッドが赤ちゃんの子関節を適度に開き、M字開脚の姿勢を

作ってくれます。

インサートにもいくつか種類がありますが、通気性がよいものを

選びましょう。

また、サポートしてくれる機能を実際に触って確認することで

硬さや柔らかさなども分るので、大切ですよ。

抱っこ紐を着用した時の姿勢として、理想的なのは、

『素手で抱っこした時と同じ姿勢』です。

正しい姿勢ができていないと、怪我や事故だけでなく、ママの肩や腰

への負担も増えてしまうんです。

正しい抱っこのポイントは、

・赤ちゃんの足はM字開脚

・赤ちゃんのおしりは、ママのおへそより上

正しい姿勢で、赤ちゃんもママも快適に抱っこができるといいですね。

まとめ

抱っこ紐は色々な種類がたくさんありますが、使える月齢や体重、

ママやパパの体型にあった抱っこ紐を選ぶことが大切です。

合わない抱っこ紐は、赤ちゃんの成長の妨げや事故にもつながります。

赤ちゃんもママにもピッタリな抱っこ紐を選ぶことで、育児をもっと楽に

することができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。